FC2ブログ

ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

09月« 2018年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月

今年の作曲は秋になっちゃいました


10月も半ばで流石に半そででは無理無理になりましたね

ユニドは順調に曲目を増やしています
春までには3メン・ステージぐらいの時間を演れる数になる予定
ようやくチラシ系の出番のお誘いに対応できそうです
歌唱力、、なんとかしなくちゃ、、💦

オリジナルの評価も上々で頂いてはいるのですが
ギターを除くプレイヤーの評価は高く💦
個々にお客より声をかけてもらう姿を見ながら
とりあえず歌えるのは私だけと細々と存在の意味を定義しながら
二人とも楽しく演っているようなので嬉しいところです

181014-fc21.jpg
<180915 Western オープンマイク>

 181014-fc22.jpg  
<180929 古処 オープンマイク>

今まではなかなかギター・ストロークでの作曲はしなかったのですが
今年の秋は昨年の歌詞だけにメロをのせていて
「ワンルーム・ワンハート」
「インディゴブルー」
「幸せの一番星」
ユニドでのカバー曲バッキングの効果がオリジナルにという感じ
曲想もすっきりとポップな感じになりつつある

こうなるとジャズギターではどこか違和感があり
アコギはピックアップが無いのでマイクで拾うも
お店にセッティングの手間をかけさせているのも申し訳なく
かといって今のギターぐらいに穴を開ける気にもならず
実用的で扱いやすいギターが欲しいと考えている


そういえば・・・
ユニドの二人にいつ見放されるかという危機感もあり((笑))
ソロ活動は並行して行っている
活動履歴はホムペに譲る
北九州市やら、宗像市やら、、来月は大木町もある
あ、とうとうドラムのライブ・デビューもありまし💦


もひとつ、そういえば・・・
通いのウエスタンにクラシックギターの達人級が出入りしてて
コーヒーを飲みながら目前で聴かせて頂いている
そのために私の和音構成にも影響が出つつあると思う
もちろんあのような弾ける技はなし
あくまでも響きだけの世界の話、、
形になって皆さんにお届けできればいいなぁ~
素人は勘違いの世界でも遊べれるのです
(笑)


では、おあとがよろしいようで、、







『最後のレース』ソロピアノとメロのインストYouTube登録


ユニドへの新譜提出曲は2曲で
もうひとつは「最後のレース」
こちらも YouTube 登録しました

曲のコメントにたらたらと説明書きしたので
こちらでは楽譜目的の音源作成について少し

リアルタイムMIDI入力は
押してから離すまでの時間が音符の長さになる
ダンパーを踏むと指を離しても音は減衰するまで鳴り続ける
それはリアル過ぎて楽譜にしたらとんでも難しいものになる

「MuseScore2」のMIDI検知に関して
「指定音符でのクオンタイズ」「音価の簡素化」「スタッカートの表示」など
見やすい楽譜表記のための準備はされている

が、やっぱり難しい

で、Cubase処理でクオンタイズを行い
音符の長さは楽譜にしたいイメージで揃えてゆく
けして次の音符に重ねないことが面倒にならない良策で
そのために聴いてみると音符貼り付けみたいに機械的にはなる

今回の処理でのピアノ演奏は申し訳ないがそんな感じになる
メロの部分も同様の処理だが音源で粒を揃えた影響をある程度隠している

曲の雰囲気をしっかり表せていないが
ユニドの楽譜提出と併せて、音活報告になるかと公開に踏み切った
フルオケで音源があげられるか分からないが
以前のように、怒涛の勢いで仕上げるかもしれない
待ってないよ!の方もお待ちください(笑)

では、、よしなに、、



『最後のレース』
作詞作曲:Rossy
超初心者級ピアノアレンジ(笑):Rossy

最後のレースは 激しい雨
 声援をかき消すほど
 あなたの名前を 呼んだ仲間
きっと届いているよね

on your mark
静かなスタートの瞬間
 息をのみ 時が止まる
 その姿に こぶしを握る
傘は 震えてる

おにぎりだけでも 十分だと
 バッグを背負って笑う
送り出す時の 声と顔を
 こんな時に思い出す

On Your Mark
静かに姿勢を整えた
目を見張り 時が止まる
 その姿に 込み上げてくる
涙  抑えて

見届けたくて でも滲んでゆく
傘があっても 役に立ちはしない
Get Set ! Go !
最後のレース



『晴れる夜』ソロピアノとメロのインストYouTube登録


UNIT door の演奏曲として準備するものといえば
それは 楽譜 です
ユニドの二人もちゃんと楽譜をよめる族で
ギターを弾いていいよって声かけてくれた方も
「楽譜があればね!」って具合なのです

今までの3曲はYouTube登録曲であったため
よくこんなので分かるなぁ~と思うような
リアル過ぎるデータをまんま印刷して渡してたけど
今回からは無いのです!

Cubaseを立ち上げてリアルタイムMIDI入力
入力後のピアノ伴奏は楽譜にしやすいように2つに分割
私の腕では左がベースで右がコードって簡単なもの
ピアノ担当の菖月さんがこれを基本に高度なものにする
ありがたやぁ~

もちろん伴奏だけでなくメロディー譜付きでの要求
こちらもリアルタイムMIDI入力なのであります

演奏で入れたリアルすぎるデータは複雑な楽譜になる
この後のデータ処理が実のところ大変なのではあります

整ったデータをフリーソフトの「MuseScore2」に読み込みます
それがこれ!、、綺麗なものです
手書きなんか恐ろしくて出来ません

180917a.jpg 


ということで出来上がったものを久しぶりにYouTube登録
メロディーだけは2音構成にしております



『晴れる夜(ハレルヤ)』  
作詞作曲:Rossy
超初心者用のピアノ伴奏(笑):Rossy 
 
雨が降り続いた 心に晴れる夜
 月の光がさす  ベランダにボクと出てみないか
 
悩み抱え込んだ 心に晴れる夜
 星を見上げている あなたへと話しかけてくるかも
 
屋根の上にも 庭先にも
静かに光っている 希望を探そう
 
つまらない事でも 心に晴れる夜
 雲が漂うのは  あなたへと風が吹いてくるから
 
(間奏)
木々の上にも 道端にも
静かに光っている 明日を探そう
 
雨が降り続いた 心に晴れる夜
 月の光がさす  ベランダにボクと出てみないか




どうぞ、お聴きください


9月になったので「夏の終わりに」聴いちゃいます!


9月になりましたね

UNIT door はなんとかドライブモードに入った感じで
ユニット活動を順調にすすめる基盤を得た感じです

槇原敬之に限定したカバーと私のオリジナルを半々での中
この若い二人に後にやって良かったと思って欲しい
私が思い描くものをミックスさせながら常に考えている

幸運にも二人はそれぞれのイメージを持ってくれて
調和を考えながら自分のパートの編曲を積極的に出してくれる
その「考える」が後の大きな力にはなるだろう
いや、既に持ち合わせたスキルに寄り掛かった感じなら
私の天邪鬼な注文に応えることで新たに何かをつかんで欲しい
そして私に感じさせ教えても欲しい

180903-blog1.jpg

外活動のきっかけを得に初めて行ったライブハウス
May と一緒に出掛けた2013/8/23「Soul Weaving」
今年の8月にラストライブとなった
 あれから既に5年が経過するのかぁ~💦

バンマスのせいぼうさんの影響もあり私はドラムを叩いている
4Pの演奏に4Pのヴォーカルは未だにバンド最高位のまま
惜しんでも仕方がないがやはり残念でならない

4Pのヴォーカルそれぞれに別活動も持っていたので
合同企画時にサプライズなアカペラ歌い合わせもあるだろう
4Pの演奏は再結成しかないのだが
せいぼうさんのドラムは Duck Soup になるか、、

180903-blog2.jpg 

オリジナルをそこそこの数持っていて披露もするのだが
CDを出していないかの次に多いコメントはコンテストへの挑戦💦

近郊の久留米市には「くるおん」がライブチェレンジを行っていて
最初はここかと見学にも行くのだが
出演者VS自分の歌唱力と演奏力を考えるとヒッキーになる(笑)

妻への約束をオープンマイクでとは考えていないし
妻もそういうので音活条件の外活動とは認めないだろう
溜息を洩らし冷や汗をかきながら5年が経った

ここ1年のウエスタン通いのおかげで生音に相当触れ
プロの現場で活躍されたおじさま方のレクチャーも受け
精進しているギターも苦手だったフォーク弦にも慣れてきて
技術的には亀足ながらそれなりの向上はしている

歌唱力はままならないが歌う感触は得ているし
一人ではなかなか様にならないところだがユニットを持てた
そのユニット活動のおかげで人前はソロでも平常心になれた

年内は無理としても来年にはチェレンジだけはしてみたい

180903-blog3.jpg 



お盆が終わってからの2週間で歌詞のままの作品に着手した
「最後のレース」「サイドシート」「動いた時間」「インディゴブルー」
今のところこの4つにメロがのった

「最後のレース」は女歌(母歌)なのだが May からの音沙汰はない
盆前にあんまりだと生存確認のメールをして返事だけは返ってきて安心はした
義母の初盆も終わり永さゆえの大きく変わった生活に慣れたか
心の変化もあるだろうと思いながら待ち続けるかどうか

2014年YouTube発表の「夏の終わりに」(16才の夏)



今週末は久しぶりに「音楽酒場ブギ」のオープンマイク
ソロでの出番で何をしようかと考える
数日前に右中指の爪を炊事中に引っかけて折ってしまった
フィンガーでは悲しい音なのでストローク系になるか💦

その次の日は「R'sCafe」の歌う会でユニド2P
「観覧車」のユニドVerは前後奏の編曲をピアノの菖月さんに委ねた
間に合えば現場打合せだけで披露になる
お互いの呼吸合わせもユニド経験値で乗り切れるか‼

日曜日はユニド3Pでの練習、頑張るぞぉ~!でゆこう!


でわぁでわぁ、、


駆け抜けるように7月は過ぎた


7月は駆け抜けました

2018/0718『てるプレゼンツライブ in Deja-vu』
パナマ帽を次男より取り上げて夏のステージ衣装にした(笑)
180708-Teru1.jpg


2018/07/10 『Eric』OM
いきなりピアノサポを頼まれてあたふたした💦
180711-Eric.jpg 

2018/07/15 『Miya-Jic』テントステージ
残念なことに2日連続は果たせなかった
180715-YouTube.jpg  

2018/07/28 『筥崎宮・夏越し祭り』 StreetStyleLive
人波の凄い時間帯でオケをバックに弾き語った
180728-Hako-Adu3s.jpg 

2018/08/04 『R'sCafe』OM
3人の中心地にあって色んな条件が揃っている店
この日はカフォンのサポートをつけて演った
180804-RsCafe.jpg 

毎週末ごとに出番を持った初夏
その準備などでなんとサンプル制作ゼロの月を始めて作った
繁忙期でも数個は録っていたので自分でも驚く

どれもスタイルが違っていて
筥崎宮でのオケで弾き語るために音源のREMIXをスマホに入れた
2度Westernでテスト録音をして音の出を確かめてバランスを図った
全体リバーブを消して大型スピーカーが得意な低音も落とした
定位を明確にするために似た者(周波数)同志を離した

UNIT はとりあえず4曲20分演奏まではいつでもになった
これからはカバー1オリジナル1の2曲セットで増やしてゆく予定
飽きないための面白味を持たせた程よい変化は必要だろう

スローな曲ほど呼吸を合わせるのに大変なのも分かった
伴奏楽器としてのギターとピアノの役割分担ってのもある

組み立ても歌いながら初心者級の腕前の私に出来ることは少ない
CCBじゃないけどドラムを叩きながら歌う手も考える



180805b.jpg

昨日は嘉麻織田廣喜美術館「嘉飯山の画家たち展 」を尋ねた
次の予定の場所は企画モノがあっていて寄れなかった

絵画観賞で別世界の気分になった風景を走りながら
思い出した峠の小屋でソフトクリームを食べた
妊婦を連れた若い夫婦が入ってきて
生まれた子を連れて遊べる場所の下見ドライブかと予測する
今が一番幸せが、これから何度も訪れて欲しいと願う

森林公園の入り口に設けられた駐車場
下界と6度近く気温が下がり、木々を抜ける風もある
遅い午後の日差しも柔らかくなっていて過ごしやすいと車を停めた

木漏れ日の中で苔むしたベンチでこれからを考え
気ままな創作者の気分を味わうべくギターを出す
録音機を傍らに置いてストローク曲のつかみを録る
アコギのシャンシャンとした音に交らせて
歌詞には辿り着かない言葉で歌ってみる

そういうこと、するのが好きな Rossy 世界で安心する

180805a.jpg 


ということで

暑さ寒さも彼岸まで、、お盆までにはしてくれないでしょうねぇ~
夏の子供レクを失くしてから急に暑さには弱くなった Rossy です
💦


UNIT door は始動しています


UNIT door は動き始めました

ピアノ菖月さんの強い推しで始めた初めてのカバー
1991年に世に名前が知れた槇原敬之の歌
「最初に歌声を聞いた時に、はっきりイメージできました」
疑い深いオジサンになりかけている私をよそに
あんまし真剣にいうのでその気になってしまった💦

槇原敬之は私が30歳の年のデビューになるわけだから
同世代から「若い人の歌」と言われるのも仕方がないかも、、

「Love Letter」「どんなときも」「君は僕の宝物」
マッキーの歌は1番を覚えれば2番以降も歌えるものではなく
字数や独特の節回しもみんな覚えなくちゃいけない💦

歌ってみると「声質にあってますね」とも、
今朝は「少年ぽくて可愛い感じの歌い方」とも言われ、
菖月さんが私のターニングポイントになる感触があります

もちろん同じ数のオリジナル作品も入れながら
その辺りはRossyワールド全開でゆきますし
どんなシーンにも演れるユニットにするつもりです

みな、捨てないでねぇ~(笑)

180714-Wes-door練習ss 

いよいよアラカンの感触が全身を襲う頃になり
突っかかったら踏みとどまれないよた足を感じます💦

ということで、オリジナル作品も出し惜しみしません
勝手にワンマンライブのようなフリーマイクになろうが遠慮はなく
悪評好評すべてを受け入れながら次の一手を考えます

進化は存続をかけたそれぞれの命の道

サソリモドキのように他の姿を借りるもよし
ダチョウのように翼をたたみ足を鍛えて走るもよし
オオサンショウウオのように不要な目を退化させる進化もあるさ

私はどのような進化が出来るか?
遺伝子組み換えのような恥知らずな進化は御免だぁ
神を冒涜はしない

悪評もそこに私がいるという存在を明示している
話にもならないとか、気を遣わせた好評よりもいいさ
「在る」このと大切さをもう一度胸に
いつかは尽きる命の周りに花束を添えてやりたい

180629-Kandore-Ira-ss.jpg


今年の「ミヤジック」も無事に一日だったがやり終えた
私の夏の始まりは、吹きだす汗が止まらない感じで
めいっぱいの水分を補給しながら駆け抜けるさ

「走りすぎてバテないよう、時に休憩しながら頑張ってください。 」
May からのメッセですね
よくご存じで、、

でわぁ



サポートにユニット活動な日々


先更新が4/3と随分のご無沙汰となりました
ということは2ケ月半もあけていたんですね

元気です

活動の記録はホムペにて確認いただけるとして
一番大きな出来事と言えば

買っちゃったんですジャズギター


E.Guitar.HollowBody : Ibaniz AFC125-BKF 

スチール弦はすぐに指が痛い痛いしちゃうと避けてきたのですが
 なんとか慣れるものですね。


活動ですが、最近はよく他の方と組んでいます
ギターサポートやユニットです

Luca with Rossy
180423-studio106-2.jpg 

さくらかずは with Rossy
180616-理恵3
 
UNIT door
菖月とのUNIT
180616-理恵2

UNIT Pisces Slang
山本サンタナとの 1 day UNIT
180618-PiscesSlang-森中 

フレディー隈本とハッピーカウボーイズ
180613-HCB.jpg

「小さな菜園」の500円コンサートでは毎度ジェンベを叩いていますし
「ウエスタン」の水曜日の夜は、まだクビにならずにドラムス叩いてます



自分のオリジナル曲を理解して一緒に演ろうなんていう方
そんなのいなぁ~い!などと思っていましたが現れるものです

これからはベースの方やドラムス&パーカスにギターという方
これから合流するのですがワクワクドキドキです


昨年からお会いする方に「CDは出していないのか?」
よく尋ねられるようになりました
悪夢のようなミクシングとマスタリング作業を思い出し
CDレベルの音源にすることの難しさを知っていると
なかなかすぐにどうのの話が出来ません

他にも面白くて魅力的なお話も頂いているのですが
それは実現した時にとっておきます


Rossy劇場の変貌、あなたは生き証人になれるか?
大袈裟な、、(爆)
獏、、漠、、


繁忙期明けは観るも演るも忙しい



繁忙期明けの「茶の子」を終え、また「ウエスタン」通いが始まった
家事から解放された21時から閉店の23時まで
レコーダーとサンプル記録帳を持ち込んでの2時間
いつもお一人様とはゆかないが誰が居ても構わずポロリポロリ
今年はフォークかエレキも導入する予定
表現したいものに近いものが選ばれるのだろうが
諸先輩達の知恵を拝借しながら成長したい

先日、ライブ観戦旅行に出た
好きなアーティストが上手に並んで経路が決まった

3/24(土)

『嘉麻の春フェス2018』

ウクレレ弾きのイラストレイター「まるやまももこ」
「まるいこ」と名前を変えているが元のままがいいなぁ~
ウクレレの牧歌的な音色と彼女のきちんとした節回し
自分のスタイルに取り込みたいところです
180324-kama-momoko.jpg

『音楽小屋Reboot2周年記念Live』

Louさんがいる「長浜Bayfish」、「ことりえ」さんにも会えた
この福岡2組終了後は爆音系で久しぶりに音圧に巻き込まれた
約5時間の刺激的な時間だったが、PAの腕か心地よい疲れになった
180327-Nagahama.jpg 

3/25(日)

『くらしと音楽「桜」』
@ジェラテリアふくろう

私が木管楽器と評する歌声を持つ「古賀小由実」さん
今年音大卒のバイオリニスト「黒木真子」さんとの共演
いつものギター&カフォンとは違ってこれもいい!
180325-fukurou-fc2.jpg   

『f-studio』

覗いてお茶程度と思ったら日曜ライブがあっていた
大好きな「Chili」さんの大分ライブ会場はここ
携帯の電源不足でか撮ったはずの写真がない(汗)
打ち上げまでしっかり居座って色々な話が出来た
真面目でフランクな面子が集う良い店ってこんなんですね

26(月)は久住にドライブ
長者原でひとときギターを弾いてサンプルを録り
筋湯温泉のうたせ湯で骨の髄まで癒された

サブ目的の某中古屋チェーン店まわりで買ったCDは72枚
いやぁ~、5月の連休もギターを積んで放浪したい
昨年同様に良いサンプルが録れることを願う


自分の活動といえば
180328-SugarTime.jpg 
3/17(土)、茶の子、ライブ
3/18(日)、秋月ろまんの道、フリーライブ
3/21(水)、ウエスタン、ハッピーカウボーイズ演奏
3/28(水)、シュガータイム、オープンマイク会
3/30(金)、フォークビレッジ、オープンマイク

春の歌は4月まで、出来れば3月にということで動いた
出番語に必ず誰か声をかけてくれて良い評価も頂ける
ありがたく糧にしたいと思いモチベーションも上がる

4月も色々なところに顔を出す予定
朝倉群の「古処」「小さな菜園」福岡市東区の「Eric」
北九州市の「Studio106」「D-Studio」
例年通いの「ブギ」「御縁屋」「Enoton」も
4/21(土)は「ウエスタン」のオープンマイクvol.3
ホムグラでもちゃんと演ります


そんなとこ
んじゃ、またねぇ~


いきなりプロの演奏家を率いてのライブに始まる本年度(汗)


ご無沙汰していました Rossy です


繁忙期が明けて本年度の音活が始まるのですが
May も Silly も家庭の事情を抱えていて
残った母を弟にほぼ任せている自分の気楽さをどう言って良いのか

相変わらず妻から「部活」といわれる「ウエスタン」通い
家事解放の21時から閉店の23時まで、超お得意様・・・
既に店の理恵ちゃんの方が妻より会話が多いかも、、(汗)

例のスタンプノートとレコーダーを持ち込んで遠慮ない音出し
先輩のご指導も受けながらギターもドラムの腕もカタツムリ行進中
今年は最後の受験生抱えで夜の音出しはひかえている

3/17(土)
「浅き春の夜会 in 茶の子」

プロをサポートに歌うという今後あり得ないかもの経験
楽譜を渡しての1日のリハは1曲あたり3度程
そして本番前の通しのリハ
それでちゃんとしたライブ音になるから凄すぎ!

180323-fc2.jpg

セトリは「行く春に」「川辺の春」「春を迎えて」の時節もの
それに少しブルージーな「痛いキッス」の4曲

妻にライブを見せるのはこれが2度目
自覚できる緊張感はなくとも自分を失う場面あり
「もう少しリラックスしてやればいいのに」
~やっぱそういうことか(笑)
なかなか楽しめるクラスにはほど遠い


通いの「ウエスタン」が始めた「オープンマイク vol.2」
言い出しっぺの一人ということもあってライブ後に駆けつける
イベントは既に終了していて自由気ままなセッションタイムに入っている
頼まれもしないのにドラムスに入るが緊張感はゼロ
「Happy Cowboys」で慣れた席さ、あるはずがない
(笑)

180323-fc2-2.jpg 


翌日は翌日で
今年の秋月「ろまんの道」のフォークライブの始まりに参加
3月~11月の期間だけ行われる当日自由参加のステージ

私がジャンベを持つに至ったイベントであり
この日は自前のジャンベを持ち込んでしらぁ~と叩く
写真は久しぶりの「豆ぷっちゃん」の時のもので
「次はボクの時に叩いてよ!リズムが入ると違うね!」声がかかる
嬉しかったので、多分次もえっさと叩くと思う(笑)

180323-fc2-3.jpg



~な感じで本年度のはじまりはじまり、、なのですが
きちんとした方向性はまだ決めていない

中長期にビジョンを決めないと空中分解しそうだが
人との関わりも増えてそれを主流にする年があってもいいかも
そんなこと、ぼんやり考えながらです

でわぁ~



2017年の音活報告


今年を振り返る頃になりました
かかわって頂いた方みなに感謝します

1707ProPhoto.jpg  
遠近コンタクトでグラサンしている Rossy (Miya-Jick)

~昭和に拘った創作活動~

今年はギター弾き語りのどこか昭和や同世代感が香る曲と決め
ホムペでの紹介は歌詞だけも含めると27を数えて凄すぎ!
数年抱えのものもあるが余命宣告でもされたのではと疑う出し数
いえ、いたって本人は元気です(笑)

Rossyワールドは作詞作曲にオリジナリティを最優先
それゆえにポップさが欠けているのではと恐れも多い
実際にJ-Popは音階を綺麗に走る覚えの良いものが強いし
フォークに至っては安定した循環3音コードで安心さが強い
テンション系の響き好きで気分にヒットするまで探す性質
女歌担当の mayからも小難しいと言われることもある
今年は単純にと思いながら脳内解決できず出してしまった
ま、それが Rossyワールドさぁ~

昨年から自分で歌い聞かせて気付いた「歌心」ってやつ
それを感じて今年はメロの単純化修正も多かった
サンプル上がりの原曲はとても癖が強く日本語には厳しい
最小8分音符を小節頭出しでもってくるという方法をとる
それが正しいかは聞き手に委ねられるのが怖くて面白い
なんにしても多少はストレスがかかったほうが楽しめる

歌下手は直らないと諦めてインスト系に走るって方向性
よく勧められてはいるのだが当分は歌詞の縛りでゆきたい
歌詞に関しては mayの推敲を通さないと自信がなく
それで随分と mayに押し付け彼女も頑張って応えてくれた
この27という数の本当の立役者にしみじみ感謝する

171103-DVD3.jpg   
てるさんに紹介を受けるRossy (Deja-vu)

~出演者を果たした外部活動~

春からの創作でギター曲を10ほど揃えることができ
夏は昨年の流れで福岡の各オープンマイクに参加した
宮地岳神社「Miya-Jick」はワンコインながら今年も参加し
秋にはライブ形式としては初めての「てるプレゼンツ」にも参加
ようやく「出演者」としてデビューを果たせた(笑)

晩秋に「秋月ろまん道」フリステで念願の昼出場も果たせ
「芸術の杜、杜の音楽隊」に登録するも年内解散の知らせ
あの屋外ステージにはいちど立ちたかった

度胸はついたものの相変わらずトチるのはどうしてか?
対策をしつつも課題は来年に持ち越し

171201-Wes2a.jpg   
左奥でドラムスを叩くRossy (Western)

~拠点としての「ウエスタン」~

活動期が春から晩秋の私、冬は繁忙期で音活どころではない
春からの作品作り、夏の外活動、秋のYouTube音源製作
そのルールを狂わせる事態が盆過ぎに起きた

自宅から片道10分程度で通えるライブ・カフェ「ウエスタン」
仕事に家事に音活にと三つ巴の私に与えられる時間は少なく
でもここなら一日の終わりの自由時間で十分に間に合う
それで客足も少ない21時から閉店時間の23時まで
それと昼間の仕事や用事を済ませた帰りに立ち寄る夕刻時
皆から皆勤賞って言われ、妻からは部活って笑われる

生ドラムが置いてあるためにデジドラでは味わえない気分
「下手ですけど入っていいですか?」と積極的に叩くようになり
「秋月ろまん道」でジェンベを叩いたのが運命の分かれ道
自宅のカフォンでは味わえない柔らかく太い鳴り音にゾッコン
すぐに購入すると出番の誘いも受けて毎晩ウエスタンに通う
ホムスタはパーカスの生音を許せるほどの防音はない

またここのハコソロであるFreddy隈本さんのドラムに入り
あれよという間にバンド化され面子に加えてくれるという
ベースの方がドラム出身で手取足取り教えてくれて嬉しい
来年の春までには平均的にリムショットを鳴らしたい

出入りされる方のほとんどが私より上でしかもほぼ自由人
お茶をしながら色々な経験や技なども教えて頂いている
耳に辛い話もあるが積まれた経験による話は宝石箱
本当に可愛がって頂けてる環境だと嬉し過ぎ

171224-Wes忘年会7a 
忘年音楽会で弾き語りのRossy (Western)

~アラカンは焦らず走れ!の来年は~

今年は作家的に歌詞の提供も行った
4つ依頼の2つは完成、残り2つも下地だけは済ませている
こうしたコラボ活動は来年も継続したい

季節感のある持ち歌が多く春先から夏にかけて数は揃えた
多分ですが弾き語りで披露できる曲は1時間超えになる
それで来期の活動は春から滞りなく披露できると思う
そこに加えてゆく感じで持ち歌を増やして秋冬ものも揃えたい
もちろんオールシーズンもなのですが、、

作品の中には自分ではとうてい歌えない男歌もあり
見染めていた方から快く引き受けても良いとの返事
嬉しくてすぐにでもオケに着手したいけど春まではお預け

来年は弾き語りの方のドラムサポートからフルアレンジへ
これもまた見染めた方がいるので声を掛けれるかから始まる
編曲の基本は頭に流れるものを正確に出せるかが決め手
弾き語りを聞きながら惜しくてたまらない楽曲があるんですよ

今年の mayとの歌合せはもっぱらカバーをやっていたので
来年はどこかのステージに立って頂こうかと思っている
創作パートナーとは何をしても最終的に創作の肥やしになる

171216-新井忘年会 
少し嫌がる妻とツーショット(Kurume)

~バランスをモットーに総括~

来年にはオープンマイクから表立ったステージへの挑戦
その下地の年と思いながら過ごした一年ではあったのですが
UNIT Anchor はどの港に寄港するのかよく分からない船
その舵を握るのが気の多い Rossy ですのでなおさら
したいことは沢山あるので落とし拾いの連続かも

今年は非常に多くの方と知り合いFB友繋がりも出来た
強者たちからの色々な刺激の中で学び体験も出来た
来年は末の子が最後の受験生で主夫な時間的制約も受けそう
そちらは後がないので取りこぼしなく全うしたい

「集中と選択」、そのようなことを口走るかも、、
仕事、家族、仲間、、バランスよく駆け抜けたいと思っている
より良き音活は他の精神的なストレスを抱えないこと
それぞれのコンセンサスがあってこそ成り立つ

・・・長文に付き合わせて申し訳ない

今宵は may とユニアンの忘年会
最終出番は金曜日のウエスタン、カントリーだぜっ!(笑)