ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

『 Rainy day 』という歌あり歌詞


Silly は土曜午後専でなかなか難しい話だが
May は夏冬の繁忙期でなければなんとか可能
この Rossy も繁忙期を年明けから春先に抱えている
で、
UNIT Anchor の確かな稼働期は 9-10 月ってところ
例年この時期に May 用の音源がインドアで出来上るため
Rossy のソロ活動は今時期から夏の終わりにかけてになる
時間、、本当に欲しい、、
オリジナル曲の製作は本当に時間がかかる
時々だが自分の才能や技量に泣きたくなる


さて、その May が可能な話とは、、
 実はアウトドア活動の了解を May から得て動き始めたんですよ
Rossy & May (G&V)のデュオ もしかして +Silly(BorP)
内気な Rossy もここ数年で随分と変わったものです


変わったと云えば、カバー曲に手を出したこと
May の希望から
松田聖子「瑠璃色の地球」ほか5曲が選択される

私としては夜よりも昼のライブが好き
まだまだ仕事や家事の事もあるのでと事情も May と合致
最初は「青空フリーマイク」なものに出る予定
もちろん、オリジナル曲も入れます



梅雨に入りました
雨の歌は割と多い Rossy なんですよね
今年も以下の作品をギター弾き語り用に用意しました


『Rainy day』
作詞作曲唄:Rossy

雨に降られて 僕らは行く先を 失くした
風に吹かれて 青く広がる海 無くした

こんなはずじゃなかったのにと ぼやいてると
私だけじゃ 足りないのかな?とキミ

Rainy day Rainy day
僕らの Holiday は Rainy day

窓ににじんで 水平線さえも 分からない
何処を見てるの 何を感じてるの 分からない

いつも時間に追われながら 生きてるから
こんな一日を 過ごすのもいいとキミ

Rainy day Rainy day
僕らの Holiday は Rainy day

Rainy day Rainy day
僕らの Holiday は Rainy day


では、、良き雨の日の過ごし方を、、


関連記事

*** COMMENT ***

レイニーデイ

日本に梅雨の時期があるせいか、雨に関する歌は昔から多いし、
レイニーデイのタイトルも、山下達郎、チャーが自分には親しく、
徳永英明のレイニーブルー始め、レイニーのタイトルも多いです。

「雨に降られて僕らは行き先を失くした」という件はハッとして、
続く「風に吹かれて」との対比も素晴らしく、「水平線」になると、
そこまでいくのかと、ロッシーさんの詩の世界に感動してます。

さらに、「キミ」が出てくるのは、本当、ロッシーさんらしいですね。

ギターマジシャンさんへ

いつもコメント、ありがとうございます。

そうですね。確かに梅雨という確かな時期があるせいもあり、
四季豊かなドラマチック・レイン、、ありますよね。

「詩は言葉あそび」と某作詩家の言葉があり、図らずもこの詞には
おなじオンで調子を整えることが出来ました。
雨の海岸線で休日を過ごす彼と彼女の温度差が微妙に交差する
感触を得て頂ければ幸いです。

嬉しいなぁ~。この「キミ」の存在はとても重要で、彼に「そんなこと
ないよ。とても素敵な時間を過ごしてるんだよ!」と伝えたさを描い
て頂けているようですね。本望です。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう