ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オケ動画アップの勢い止まらず



オケ動画アップの勢い止まらず

夜間避行
素直に言うと
潮騒
電車が駅に停まるとき
夏服を着たら
街は陽気なカーニバル
ペイン
僕らの時間軸(真夏の章)
 
と WiX 上に8つの個別ページも作った
FC2有料ホムペのストレージに置いてリンクさせいた動画があり
それに加えて WiX の簡単編集もありそんな数に

なぜ今なのかの理由もある

オープンマイクに参加中の「御縁屋1階店」
進行役の城直樹さん、それに音響と映像の3人がかり
その映像役がプレイ中に後ろのモニターに適当な絵を置いてくれる

で、思った
「DVDオケを持ち込んでも大丈夫ですか?」
要するにオケ動画で歌うつもりで尋ねた
「それは配線も大変で今のところ無理です」

で、また思った
映像はリアルタイムにYouTubeに接続してもらい
音響はオケCDで流してもらう
よ~いドン!で始めればオケ動画で歌える

てな感じで準備だけはしました


そういえば WiX よりメールが来ていた

160117a.jpg 

音楽配信に関してのもので
自分の歌声ではとうてい考えられないものの
歌い手によっては考えも出来る
・・・という夢だけは持てる内容

WiX には ShoutOut ニュースレターも準備され
月3つまでなら無料の範囲で使える
[リンク]
ライブの告知、新曲のお知らせなど
登録者が一種のファンクラブがそこに形成される

まだ研究し始めたばかり
ぼちぼちといくつもりです






スポンサーサイト

「くるめ街かど音楽祭」原チャリライダー

 
いやぁ~週末の2日間は音楽三昧
「くるめ街かど音楽祭」
加えて2日目の夜は RiseUp のライブ
原チャリライダーは会場を飛び回りました

昨年と違いポップスとロックに絞ってまわった
1組30分の枠で組まれているプログラム
移動の時間があるために全部を聴けない方も
泣く泣く今回は見送ったFB友もいて


シーナ&ロケッツや手嶌葵といったビッグアーティスト
それに8月までのライブチャレンジの優秀者
それは両替町公園のメインステージで行い
他は総計11ケ所のステージで行われる

今年の私の場合
バンドステージの一番街商店街入口
ソロステージの青木繁旧居
ここを基本に組み立てた
実現できるかは分からないけど、自分に最も近いものを
そんな夢を抱えつつ過ごした2日間だった

<写真は伊藤祥平・真教寺、、超がつく満席>
151107itou.jpg

特に感動の域を超えたのが久留米出身の「伊藤祥平
私の範疇では「 Fried Pride 」の横田さんの演奏を思い浮かべる
デビュー当時の曲はなぜか知っていて
その頃と比べポップスからブラック系の香りが強くなって
ギターの腕もさることながら曲も非常に良かった
今月21日に RiseUp でワンマンライブとのこと
東京よりバックバンド有りのパワーステージ
もちろん予約しました。

一気に広範囲に聴きまくったために分かったこともあって
今からの自分の活動に良い勉強になりました
練習よりも研究だけは熱心な私です


2015/11/07(Sat)

01:flat(両替町公園)
02:村上公朗(青木繁旧居)
03:生存確認イキテル!(一番街商店街入口)
04:TeTe(千栄禅寺)
昼食
05:伊藤祥平(千栄禅寺)
06:モメムミマミー(一番街商店街入口)
07:中村仁美(千栄禅寺)
08:辻詩音(両替町公園)
09:伊藤祥平(真教寺)
10:balconny(一番街商店街入口)

2015/11/08(Sun)

01:Sphericat(一番街商店街入口)
02:XUXU(千栄禅寺)
03:皿
昼食
04:Inshert(一番街商店街入口)
05:鵜(青木繁旧居)
06:かえる王国(JR久留米駅ほとめき広場)
07:谷口崇(両替町公園)
08:松本友希バンド(一番街商店街入口)
09:手嶌葵(両替町公園)
※シーナ&ロケッツは残念観れず

その夜
リトルマミ&タービュランス、dWp(RiseUp)


1日目はずぶ濡れになって帰り
2日目はいったん自宅に用事戻りの2度出
もう、、くたびれました





ロッシー、ついにデビューを果たす



続けてのブログは久しぶりですね
先日云ってたろくでもないこと報告です


記念すべき 2015/10/22(木)
ロッシーは正式にステージ・デビューしました

福岡市中央区天神、親富孝通り「御縁屋1階店」


ソロギターリストの城直樹さんが企画されている
オープンマイク」に参加してきました


7月から久留米市の RiseUp の FreeStage にも数度参加しましたが
もちろん、これをデビューとしてもいいのですが
店長からお客までほぼ顔見知りの中でのこと

今回は店も客も縁もゆかりもないという
本当の飛び込みで弾き語りをしてきたというわけです
ですので正式にデビューとしました

妻曰く「へぇ~、度胸ついたんだぁ~」
天神と言えば福岡の中心地で久留米からの上京したという
そんな意味あいも含まれていると思う

あんたがけしかけたんだろう
私つぶやく


さて、この日の面子はバラエティーだったらしく

・ギター弾き語りの女性(アコギ系)
・アコーディオン弾き語りの女性(シャンソン系)
・ソロ・ベースのオケでめちゃチョッパーの男性(フュージョン系)
・ピアノ弾き語りの男性(私の事)
・クラシック・ギター演奏の男性

オープンマイク終了後は自然に生音でセッションに、合唱も
素敵な時間でした




セトリ
Set List の略 < ふっ、業界用語も覚えたぜ!

1:帰り道
2:明日を迎えるために
3:誕生日
4:泣きっ面のてるてる坊主


ステージに上がり
「「ひろし」という名前の「ひ」を取って「ロッシー」を通り名にしていまぁ~す!」
自己紹介直後から「ロッシー、頑張ってぇ~
お客様方のニューフェイスへの優しい気遣い

しかしながら
備え付けのカシオの電子ピアノの鍵盤の感触も初めて
スタンディング・プレイも初めて
不安もあり見事に1曲目のサビの入りで楽譜を見失いやり直し
お客様方の優しい声援に支えられ気持ちは安定
その後はいつの間にか汗だくでしたがやり終えました

席に戻ると、自分はプレイをしない方々から話しかけて頂きました
・この店の新風だよ!
・ロマンチスト、ロッシー
・ロッシー小田和正
・図体とのギャップがいい!
・歌詞の男心のナイーブな部分がくすぐられた
etc,,,
歌への感想も本当にちゃんと聴いててくれたがありありで
プレイヤーとしては本当にありがたき幸せでした

オープンマイクは月に2回開催されていて次回は11月13日(金)
ライブ活躍中のFB友もここで歌われた方が何人もいて
今度は自作曲「メリークリスマス」をセトリに入れて参加を予定
ミスが出ないように頑張るぞぉ~!!

151023a.jpg


規模的にソロ活動にはちょうど良い広さで
背後のスクリーン画像を歌に合わせて投影してくれるし
この企画を好きで聴きに来られる常連さんもいて

いかがです?
福岡周辺の方々、暖かく迎えてくれるお店です




「The All Free」の3周年記念ライブ第1弾の帰り道


原チャリライダー北九州へ行く2日目

前の晩は打ち上げで帰り着いたのは2時半過ぎ
スマホのグーグルマップをナビにして帰り道を失わない

翌日も必要以上の好天気に恵まれて
朝風呂最高!朝食ガッカリ、、
妻から言うと「そんなもの」らしいが、朝食自慢の宿しか私は知らなくて
ホテルの氷サーバーでがっちり熱中症対策してホテルを後にする


小倉~松山観光フェリー

アンクルトリスで知られる柳原良平さん
私の船好きは佐世保市に住んでいた頃かな、、
いつかゆっくりと船のスケッチを描きたいんだよな~
赤い靴はいてた女の子も探したいし

150802a.jpg

高度成長期まっただ中に多感期を過ごした世代
名古屋市に住んでいた頃に「ぜんそく」にかかり
アルコールランプのミヤコ式吸入器で治療した
公害もこの身で学習した世代

ハイ皆さん、ご一緒にご昭和ください、サブッ

 150802b.jpg

門司赤煉瓦倶楽部周辺
(写真は旧サッポロビール酒造棟)
昨日オープンしたばかりの「ブラッスリー・マナ」

ボクの場合の赤煉瓦は金網フェンスの向こうの外国
米軍ハウス地区の白い板壁の平屋の方が親しみがあり
将校の娘は高台のプール付きの家に住み日本舞踊を習っていた
青い瞳のその娘とファーストキスをした小3の夏
やはり佐世保市に住んでいた頃のこと

150802c.jpg 

「ニッカウヰスキー工場」
建物を背景に季節に応じたガーデニングがされ
ぽつんとベンチまで用意されているのがいい

150802d.jpg 

綺麗に管理されて現役バリバリの「ミゼット」
ノーフォーク広場の前に停まっていた

150802e.jpg 

布刈公園より門司港レトロ地区から関門橋のパノラマ

150802f.jpg 

布刈公園から新門司港までの道のりはマニアックな写真ばかり
積みあがったコンテナを観てるだけでも好きなんです
このルーツは自分自身でもよく分かりません
何故なのかなぁ、、、

150802g.jpg 


新門司港からは久しぶりに平尾台を抜けて秋月コース
陽のある間に帰りつける確信を得て夕涼みをとる

厳しい暑さの中での原チャリライダーを穏やかに癒す時間
まりこうたさんの「ひととき」が聞こえた時間

150802h.jpg


いやぁ~帰ったらしっかりシーブリーズのお世話になりました




「The All Free」の3周年記念ライブ第1弾に行く


「The All Free」3周年記念ライブ
第一弾に行ってきました
北九州市小倉駅近く「オールディーズ」
店の前にギターを抱えるプレスリーの店

本当は車で行くつもりだったけど
妻が車がいると言い出し「宿泊代は家計費で良いよ!」と言う
既に西鉄イン小倉に大浴場に魅かれ予約済み
天気は必要以上に良い模様で美味しい話し付き
原チャリで少年化できる私は1/2仕方がなく了承
妻曰く「熱中症にはならないようにねぇ~
ありがたいお言葉
それで片道100kmの旅に出た


私が行きたかったライブはコレ
いまや Soul Weaving に並んで音活力アップな The All Free
禁断症状も出ていて、記念ライブ1弾ときたら行くしかない

150801f.jpg

原チャリライダーの旅行写真記と共にお伝えする

「日本セメント」と煙突には書かれているが実際は
「太平洋セメント㈱香春工場」
白い花、青い空、白い雲、そして赤錆びた工場に煙突
私にはたまらない光景です

 150801a.jpg
 
この日の小倉は「わっしょい百万夏まつり」の初日
ライブハウスがリバーウォークや小倉城に近く会場の間近

チェックイン15時には到着して大浴場に浸かり
身支度を整えてライブ開始時間まで会場を散策
実はこの祭り
オルフリの面子からの「交通規制のお知らせ」で知った

150801b.jpg 

浴衣を着た女の子たちはいつ見ても清々しくていい
オリジナル曲「港祭り」で私の好きようが分かると思う

150801c.jpg 

ライブの進行は初期の構成から面子が増えてゆく様子を
1曲ごとに追加してゆく趣向だった

リーダーのシンディは言う
「オールフリーはストレスフリー、来るもの拒まず、そして縛らない」
3年間に10人を超える大所帯化したオルフリ
仕事や事情で参加できずとも誰も問わない関係の気安さはなく
演奏者の腕も経歴も聞けば納得の面子が揃う

150801d.jpg 

この日の対バンは「The Cal Coke」カッコいいロックンロール
会場は終始ダンスホールと化し、これが北九州市のソウルかと驚く

150801e.jpg


ライブ終了後に心ばかりの品に、、これは云わないでおこう
記念ライブの2弾3弾の会場で、思わず笑えるソレを手にして欲しい

妻から「思いきり羽を伸ばしておいでねぇ~」と云われていたこともあり
ってか、「どーせホテルで寝るだけ、打ち上げまで参加するつもりだろうから」
という台詞が頭に乗った感じで、、(笑)

しっかり打ち上げまで参加してまいりました
シンディのここまでの生き方なんかを聞けたりして
想い溢れて言葉になんなくなる場面もあって
感情移入しやすいボクも少しうるっとなって

なんかなぁ~、い~じゃないか本当にいーじゃないかです

人生にも音活にも非常に得るものが多い夜だった
最高


クリスティーな週末だったのね


どこまでお話ししていたでしょうか

師走になり、大掃除の時期に入りましたね
今年は年末に色々とやりたいことがあって早めの仕掛り

ケルヒャーを使っての年2回の浴室の高圧洗浄
バイクのメットで天井からの水垂れを防ぎ
レインコートに肘まである防水手袋
とてもじゃないけど写真では紹介できないいでたち
総タイル張りを数枚単位で黒カビが消えてゆく
もちろん、それでも落ちない水垢
仕上げは入浴しながらメラミン・スポンジで落とす
その段では子ども達にも割り当てをする

妻「最大の難所がもう終わったのねぇ~
私「ということは、この先の週末に私は、、、」
妻「逃げるのね、、



2014/12/12(Fri)
クリスティーのバースデー・パーティー
RiseUp


KIA」という娘が昨年に続いて来ていた
抜群に歌が上手く、踊りも要を得ている17歳
それもそのはず、小3よりミュージカルに所属する実力派
「Let It Go」をなんなく歌いこなして魅了する
佐賀の「えびすFM」のパーソナリティーも務める

141212a.jpg 

彼女のお母さんが作詞作曲を手掛けたオリジナルソング
マライアキャリー等のソウルシンガーかと思うほどです
「My 16th Christmas」
素晴らしい






2014/12/14(Sun)
広川町商工会「
ぐたぐたでごめんな祭
広川町産業展示会館


F-Cats
「ファンキー・キャッツ」

「F」を、ファニーとも、フレンドリーとも、ファジーとも、、
ふざけたとも、、、、(笑) などと聞いてはいたが
演奏は実力派揃いの素晴らしいもの
先のクリスティーがVoを務める

この日は「八女のプレスリー」の異名を持つダニー馬場さんも出演
千円飲み放題で抽選券付、妻と一緒に楽しい時間を過ごせました

141214a.jpg 

さて、年末に向けて年賀状の作成もあるし
年内に伺わなくちゃいけない顧客もいる

そういえば、、
大掃除がてらホムスタを大幅に改造したんだった!
それは次の機会に、、




続きを読む »

先週は2連チャンで RiseUp通いでした

2014 /11/15(sat)
「PERFORM LIVE IN KURUME」
RiseUp
 
ちょっと面白そうな企画モノで行ってきました
本当はその夜に予定があって行けないはずでしたが夕方にドタキャン

それならエントリーしてオケCDで歌うことも出来たのにぃ~

でも、もしや参加者数によっては当日でも入れるかもぉ~

とオケCDを探すが見つからないぃ~

仕方がないのでそのまま手ぶらで行きました

20141115f.jpg 

発表後に意見交換会があり、それぞれの熱い想いを聞けました
それぞれの音楽への取り組みも色々とあるものです

お名前などは分からないので、、

バンドの方はチューニングを耳に頼るのはタブーかなぁ~
山崎まさよしJr みたいな方もいましたよぉ
駅前のストリートで頑張っている方もいました
主催者自身もボサノバを披露してくれました

みんな、頑張れぇ~あ、私もですぅ

20141115e.jpg




2014/11/16(sun)
「J-CONNECTION Revival! 〜kurume disco night〜」
RiseUp

時間ぎりぎりで入ると既に満席状態
こんなオヤジ、普通の街中では見ないぞぉ~でいっぱい!
普段から着ているのか、それともタンスから引っ張り出したか、
革ジャンやスタジャン、、今どきは売っていないデザイン
年齢的には同世代以上で、なんか凄かった

20141116d.jpg

「IDOL WIDE SOUTH BAND」

ボズ・スキャッグスを演ってくれました

20141116b.jpg

「BLUE MOON BAND」

FB友のクリスティ-ナ率いるフィリピーナ3人娘のバンド
彼女はRIseUpの箱バンとして木曜日を受け持っている
初舞台ということで彼女以外はどこか緊張気味だった

「どうだった?」
「うぅ~ん、練習もだけど場数を踏んでゆかないとねぇ~」

20141116c.jpg

時間途中からアラサーぐらいの女性たちがどしどし入る
どうしたことかと思ったらBAND終了からのディスコ・タイムがお目当て
曲調は私世代後のユーロビート系になり激しく踊り始める
DJには懐かしくマリアクラブで聞いた声、SHIGEMATU氏
久留米のダンスホールかクラブかといったところでした

20141116a.jpg

その昔、踊ってた頃だけ思い出して早々に引き揚げました

です



ライブレポ「くるおん2014音楽祭」

2014/11/02(sun)
「くるめ2014街かど音楽祭」


祭りの初日の土曜はPTA活動で行けず
2日目は朝からズーマーちゃんを走らせて久留米市へ
10時開始のバンドに間に合い、17時の最終バンドまでを過ごし
12中、8ケ所の会場を原チャリで駆け抜けた

ついでにスタンプラリーにも参加
無欲の大当たりで地元、若竹酒造の日本酒「Debut」を抱えて帰れた

いやぁ~疲れた、疲れた、満足、でしたぁ

以下、素人ならではの素直な感想です。あしからず。

01:A.PLANET
ポップス
一番街入口

オリジナル曲はポップで、なかなかパンチのある歌声でグー!!
もう少しカフォンのバス音が効いてると
ギターのシャリ音と対比があっていいと思うんだけどなぁ~
20141102-01A-Planet.jpg


02:Fake of Color
アコースティック
西鉄久留米駅東口広場

2曲目でお巡りさんがやってきてしまい即バイクの移動
駐車場を案内されるも次のステージもあって遠すぎ
泣く泣くこの場を後にし、この日のこの会場はあきらめる
20141102-02FakeOfColor.jpg

03:TAKISUN
アンデス・ラテン音楽
両替町公園(メイン広場)

オケを使っての演奏で生っぽさは薄かった
午前中のせいか高齢者が多かったがアンコールも上手に要求
もち「コンドルは飛んでゆく」、もちろん良かったです。
20141102-04TAKISUN.jpg

上の写真の観客が絶対に持ち主と分かる自転車もパシャリ
20141102-03.jpg

04:Show one mon
ポップス
一番街入口

昭和30年代生まれの私と同世代のオヤジの集まり
各メンが交代で歌うスタイルのよう
世良公則の熱唱はパワフルで勇気を貰えた
20141102-05ShowOneMon.jpg

05:近藤史明
クラシックギター独奏
六ツ門商店街

美しく優しい音色のギターで
タレガの「アルハンブラ宮殿の思い出」が
アルベニスの「アストリアス」が
アーケードに染み渡ってしみじみでした
20141103-06Kondou.jpg

06:ゆり
アコースティック
青木繁旧居

SSW で全てオリジナル曲を披露
湯布院にある九州芸術の杜「杜の音楽隊」でも活動中
囁くような可愛らしい声で歌う、ちゃっかり FB友になった
20141103-07Yuri.jpg

07:MIOSIC
ジャズ/ポップス
両替町広場(メイン会場)

まずは右手の男性(SIC)は絶対にイケメンです。
女性(MIO)もスタイル抜群で歌声も雰囲気もグー!
リンク先から入って YouTube 、観たら分かります
20141103-08MIOSIC.jpg

08:尾崎れんげ(ハープ)、吉本令子(ピアノ)
クラシック
篠山神社(有馬記念館)
 
ハープの演奏をこんなに近くで観るのは初めてで
優雅に指先がグリッサンドを奏でると簡単に惚れてしまいそう
ピアノの吉本さんは多恵子さんのサポートで知っている方
今日の写真を送るついでにFB友になれました
20141103-09OzakiYoshimoto.jpg

09:NAIVE 山ノ内貴一郎(マリンバ)
クラシック/ポップス/ジャズ
JR久留米駅ほとめき広場

新しい駅舎は初めてでステンドグラスのあるつくりはゴージャス
パンフのピアノ津田さんに代わって女性のピアノストが弾かれる
うぅ~ん、どこかで見かけたのですが思い出せなかった
反響音が大きくてマリンバの音が上手く届かなかったことが残念
少年と老人が食い入るように演奏を見ていたのが微笑ましかった
20141103-10NAIVE.jpg

10:夕暮算大BAND
歌謡ブルース
一番街入口

やっぱりいつ聴いても粋だなぁ~
やはり、こういうオヤジになれるのが理想です
カッコイイとは違うんです、粋なんです
20141103-11Santa.jpg

11:野田かつひこ
フォーク
日吉神社

福岡よしもと」に所属、唯一のSSW
地元曲として「カッパくん」の唱和もあった
地域交流の話など暖かい話もありほんわかと聴けた
20141103-12Noda.jpg

12:風味堂
ポップス
両替町メイン会場

妻に話すと彼らを知っていたようだが、私は曲を聴いても全く知らなかった
音楽祭のトリを務めた福岡・長崎・大牟田出身の彼ら
ドラムセットのあまりにの低さに驚いた
20141103-13Fumidou.jpg


です。

ライブレポ「One Beat Avenue Club」 First


2014/10/31(fri)
One Beat Avenue Club
at Funky Dog


Kyoko.(鮫肌狂子)さんの新しいカタチ
Voc 松 里奈 を迎えての初ライブ
SW のメンツを加えてスタートを切った

オリジナルのインストに始まった
[ The Edge of The World ]

YouTube では Kyoko本人が歌っているが
この日は、というか、これからは、、なのか
里奈さんがオリジナルの歌モノを披露
[ Summer of '89 ]

後半はアン・ルイスの曲を披露、里奈さんも歌い慣れているよう
せいぼうさんも自身の還暦ライブで「歌う事」に目覚めて1曲披露
曲が揃えばいずれはオリジナル曲だけのライブになるだろう

最後にオーナーが箱バンになるだろうと紹介するが
そうはなって欲しくないなぁ~と思う

20141031c.jpg

実はKyoukoさんも里奈さんと同じ髪飾りを付けていた
が、激しいギターのノリに耐えきれず落下

20141031a.jpg

20141031b.jpg

ワンマンライブだったので終わりも早く
それで日頃は挨拶だけの方々と会話も出来た

シンプルでポップなオリジナル
初見視唱できるほどの感触は武器だ
Kyouko.しゃん、頑張ってねぇ~


ライブレポ「J・F・K First Live」


2014/10/24(Fri)
J.F.K First Live
会場:S.O.Ra Fukuoka


仕事で行けるか危ぶまれたのですが、なんとか20時スタートに滑りこみ
さほど広くはない店内でありながら、50人を超える方が来られてすし詰め
私の席からはドラムスが完全にモニタの陰になっていた

「ジャパニーズ・フュージョン・クラブ」
それだと J.F.C だが、どうしても J.F.K にしたかったらしい
そこで、はまったこじつけでというのなら
私の A.K.B を アッカンベー というほうがマシかも~(爆)
笑いネタなのでマジな話にはしないこと

20141024a.jpg

ギターの久米博之さんとはSax奏者・深町宏さんの関係で知り合い
既にFB繋がりで案内をもらってワクワクで出掛けた

’70、'80 のフュージョンといえば、、の方々を次々と
もう嬉しくて嬉しくて最高にのれました!

確かにディスコには通っていた口なのですが
やはり単身ドライブはフュージョン系が多かったのを思い出した
ローンで載せたオーディオシステムのシャリ感
CDなんてものはなかったのでカセットテープ
けして思い出してはいけないシーンもモワ~ンとしながら
でもイケる!最高にイケました!

一本調子の今のシーンに比べ音が変化に富み
そのドラムスやベースのアッパーな部分も覚えていて
楽器同士の呼吸めいたもののカッコ良さを再認識
そう、私の世代はそういう時代だったのさぁ~

CASIOPEA 3rd Live YAMAHA」<こんな感じです

来年、ゲイツの営業初めの1月3日も3バンドでLIVE予定があるらしい
うぉぉぉ~、絶対に行くぞぉ~、てなところです

20141024b.jpg

事務所から直行で車なので飲めず
でも大丈夫!なければいけないわけでもない

オープンテラススタイルの店も気温が上がって盛況
中洲の川沿いをほんのり酔い心地で車に向かうのだった

イエイ



ライブレポ「マル・サンカク・シカク」佐賀市・雷神


ライブタイトルが記号なので勝手に「マル・サンカク・シカク」です
ヨミが入っちゃいけないのかも~


2014/10/11(sat)
「●▲■」
会場:佐賀市「雷神」


Mondy

事前の調べでは情報が無く新人さんかと思っていたが
ライブ終了後に知ったキーワードで検索したら見つかった
ほかおななこ」Mondy が別名か新名かは分からず

またベース&ヴォーカルユニット「*Heartland」としても活動
珍しいのでそのライブ様子をリンクしておく

沖縄三味線を抱えて朗々と沖縄民謡を歌う
即興ピアニスト重松壮一郎の「地球(ほし)のこもりうた」も披露
ほんの目前で歌われると、引き込まれてしまいます

今は父の里でもある佐世保市に在住、親近感も湧いて頑張って欲しい

20141011a.jpg

The606

「えりつぃん」(福岡市出身)は妻の従兄弟の子で東京で活動中
ヴォーカル&キーボーとドラムスの2人ユニット
ごめんなさぁ~い!
Dr「林じょー大介」さん(久留米市出身)の写真はうまく撮れなかった

KORG X50 を持ち込んでのライブ
1st「憧れる日々」をゲツト、ノスタルジックな作品が暖かい
私的にはCD音源は優しくまとまった感じが全面だが
ライブ音源の方がもっとソウルフルで私好みで生で聴きたい

一人ぼっち」「歌うんです

20141011b.jpg

古賀小由実

今回のライブを自己初企画とした平成元年生まれのSSW
ライブ前にYouTube事前学習していたので知った曲として聴く

今回はThe606同様スタイルで feat.Dr だが音は違う
クラシック・ピアノ色が色濃く出ていてユーミン・ファンな私は好き
もちろん声質も違っているし世界観も違う

冬の花火」「海が見たくて

20141011c.jpg

ライブ会場のセット写真

20141011d.jpg


ピアノ主体は Dr との組だけでも割と十分な音が確保できるもの
伴奏としてベース音があり、音色もエレピなら自在
スプリットやデュアル機能で更に幅が広がる

が、それは弾ける方であり私は論外
あんなに気持ちよく弾きながら歌えたらどんなにかいいのに
絶対に憧れの眼差しで見ていたこと間違いなし

今さらそれを云っても始まらない
自分は自分でしかできないものもあるさぁ~で頑張ろう!

大型台風が近づく中で佐賀市まで出張
でも、我が家から福岡市までと距離的には変らず走れば1時間圏内
ライブ前は佐嘉神社のお祭りを観て
ライブ後はほろ酔い気分で繁華街を俳諧
もちろんお酒が入りましたのでお泊りです

ですです
備忘録的とはいえ溜めるとしんどいレポートですなぁ~(自爆)
好きで言いたいことは多いけど、ここまで!


ライブレポ「オトダマ、ことだま」


2014/10/04(sat)
「オトダマ、ことだま」
会場:FuncyDog


宿六兄弟

CD「あそべ」をゲット、ライブで聴いたものと変わらない
それもそのはず、宿六一家の宿六屋ゆーすけさんのブログを読まれたし
その1」「その2
しみじみくる歌は、肌で触れていたいミュージシャンですね

 20141004b.jpg

レイぽん

邦楽のカバーを、多くはゆったりとしたギターで語る感じ
安心して聴けて、原曲とはまた別の感触で心地よく聴ける
微妙にずれた間合いの2人のトークもおかしくていいのですが
自分的にはファンであるレイさんの歌う姿で満足
考えたら may の歌い方ってある種似てるぅ~

 20141004a.jpg

GUN ∞ pepe伊藤

若い頃にアフリカやNYに渡った経験を持つGUNこと、がん近藤さん
はっきりとした顔立ちは、それだけでも言葉を発する感じですが
歌いだせばそのパワフルでソウルフルな歌声に圧倒

オリジナルの「Point To The Line」は説得力のある歌
点から線へという人の繋がりの素晴らしさを歌う

私もイイ歳なんだからそういう歌を持っても良いのだが
人に何かを云えるほどの立派な人生は送ってないので無理ぃ~

pepe伊藤さんを「風のギターリスト」と GUN さんが紹介
私の好きな Azymuth か Pat Metheny な透き通る曲を披露
ひと時、別の世界に引き込まれてしまう

20141004c.jpg


福岡市よりも久留米市の方がアクセスは良い
といっても終われば終電間近で、焦りながら挨拶をして駅へ
先週に続いて妻に迎えに来させる勇気はなぁ~い


ある友人から家庭的に大丈夫かという声掛け
大丈夫、子どもの部活応援も、PTAも、仕事も、家事も、町内行事も、、
と言いながら、今年の秋は妻とのお出掛けはしていない

大丈夫
ちゃんと先週末に誘い出して大満足させました



ライブレポ「OTONOHA in Kurume 2014」


ごめんなさい、ライブ報告は備忘録的ということで私物化します

2014/09/28(sun)
OTONOHA in Kurume @ Salt of the Earth
会場:「地の塩」


通常はレストラン「地の塩」でのライブ

山口光貴 feat.Hiroya.T
一番手はSSW 1stミニ「Life goes on」2013デビュー
ローカル番組ではあるがBS12TwellV「福田健次の花鳥風月」の主題歌担当

CDゲットで聴いてみると、やっぱりポップで心地が良い
覚えやすくて入りこみ易く、歌もCDとギャップを感じないうまさ

20140928a.jpg

雪丸美歩LovesFISHFIVE(Hiriya.T・奥田英理・坂本好美・KIHO・CATFISH)
メジャーデビュー後数年で活動を停止してNYへ、2012年再開されたようだ

通常はジーンズスタイルらしいがこの日はドレスアップされたらしい
不思議なオーラがあり、歌声は妖精的な魅力

20140928b.jpg

GUNpepe伊藤

この方たちを観に来るためにチケットをとった
次の週も聴きに行ったのでここは割愛

とても素敵な靴を履かれてました
GUN.jpg  

20140928c.jpg

中瀬亨Trio(中瀬亨・藤山英一朗・吉岡かつみ)WITH西田麻美
兼ねてから聴いてみたかった吉岡かつみさんのピアノ
実は当日現場でお顔を拝見してから気付く

それも私の目の前1mもない場所で鍵盤さばきが見れる、もう最高
モーションの激しい指揮者のようで、ブンと後ろに手が来る
覗きこもうとする私を振り払うかのように、、、

すっかり演奏に魅入っていた私は他を落としてしまう、ごめんなさい
どうも私はカッコ良いピアニストが好きでたまらないらしい

20140928d.jpg

トイレへの入り口に居た

20140928f.jpg

男女の区別は一見して分かる

20140928g.jpg


今夜は強者たちのライブであったに違いない音で
4組のバラエティな歌唱のレベルも高かった

開演ぎりぎりで入ったため理想的な音を把握できる場所では無かった
最終電車を逃し、妻に迎えを頼む


リンクはFaceBook外のもの、ブログやホムペにしています

でわ

オルフリ、博多ゲイツに進撃、ダンスホールと化す


2014/09/21(sat)
「Funcy Soul Night !」
会場:Gate's7

なんて、そう大袈裟でもないタイトルなんですよね!
アフロヘアの親衛隊も駆けつけ
「アフロになって踊ろう!」週間のように、ただいま増殖中・・
シンディがのっけから観客と歌おうというものだからだから
立ち上がる踊り手、その数は増えて、、という展開
考えたらメンバーも増えてるなぁ~

オルフリこと「The All Free」
キーボのジェリーはペダルを使用しない
「だって、一緒に踊れないじゃん!」
なるほど納得、「踊るために弾いてるんだもん」とも言う
「北九州をダンスで元気にしたい!」
オルフリのスローガンを思い出して再度納得
私も踊らにゃ損、損、、

メンボのシンディはなかなかのエンタさま
常に観客を楽しませる仕掛けを考えてくる
ショー的な感触が嬉しくてたまらない

某大劇場を経営している友人との話ではあるが
立派な完全無欠な音なら CD を聴けば事足りる部分がある
ステージは生であり、今であり、みせるものである
「見せる」「魅せる」どちらでも OK!
観客を高揚させるものが必要なんだと思う
友人のアンケ回収から得た観客の本音は非常に面白いものだった  

前置きが長くなってしまった



20140921a.jpg 

20140921b.jpg 

「Blues & Soul Revue MAGIC TONES」

20140921c.jpg 

「d.W.p」
(dancing WahWah paradise)

20140921d.jpg 

「おまけ」
天神中央公園よりアクロス福岡を望む

20140921e.jpg 

実は時間ぎりぎりに入ったせいではぁはぁ状態
駆けつけの空腹2杯のビールでかなり良い酔い心地
オルフリの後も素晴らしい演奏と歌で更に良い心地
帰り道を見失わないようにきーつけました
 

そうそう、d.W.p のキーボードは「今給黎博美」です
やっぱカッコイイっす


とりあえずクローズなライブ報告2つ


9月は今年から大きな仕事を抱えるようになってですね、、
それに加えて体育祭が2つやPTAと学校行事も加わって
家事も含めてそこらに穴をあけるのは本意ではない

忙しくても音楽の趣味、、今はライブ通いは外せない、、
妻の了解がとれるギリ範囲での音活はメニュー多すぎ
見聞きするとオリジナルな私は試作を作りたくなるし
今年のながさんとのコラボ作品は放置のままだし
may の「夏の終わりに」のYouTubeもアップしてないし

ようやく仕事の目処がついてホッとしている今夜
とりあえずBlog 更新をしよぉ~ってところです
10月は、、少し外出を控えて作品に取り組もう!です

さぁ~て、ライブ報告、、といっても一般公開型ではなく
招待参加のクローズなライブを2つだけ報告

2014/09/13(sat)
「Tsugu's Session 2014」
会場:Reflex

演奏曲を募り、演奏者を割り当て、当日リハなしの演奏リレー
SWの元ベーシストのTsuguさんの声掛けで私も2曲演奏予約
「完コピが目的ではないので曲が止まらなければ問題ありません。」
このルールに思わず安心してエントリーしてしまったのよね(汗)

で、練習をしてみて気付いたこと、、「手癖」
オリジナルのみの、しかも自己流で覚えたキーボード
更に切り貼りやテンポ調整、打ち込みでしのいできたDTM
本番一発通し演奏なんてしたことない

歌詞やコード進行をネットで得て後は耳コピー
なんだ分かった!で練習してみるとなんか変!?
J-Pop は頭ノリが基本、それに私は裏ノリ演奏
このノリを変えるのは無理無理状態・・・
終日取り組んでも全然ノレずにあきらめを決める

残る1曲はピアノソロに始まり終わる「福耳・惑星タイマー」
これは難なく通しで弾けると当日を迎える

ライブ演奏は初めての恐怖感が行道で襲う
子どもとのピアノ発表会での連弾とは違いなんか異常に意識
リハなしでいきなり見知らぬ方との本番という設定
考えたらそんな強者たちの中に自分が居ていいの?

写真でも分かるように持ち込まれたキーボだけで5台はある
どんな機材で演奏かと思ったら KORG SV-1 の姿がある
持ち主に承諾を得て自宅と変わらない環境とひと安心
その持ち主は演奏前に楽譜をテープで貼ってくれて感謝
「演奏中に落ちちゃうからねぇ~」

さてドキドキの本番は、部分的な記憶しか残っていない
前奏ソロはいきなり手癖発動で弾き方が違った
踏みが強いせいか途中でペダルが奥にどんどん遠くに
間奏まではギリギリ頑張ってリフレインで足で挟んで戻す
エンディングのソロをサスティンなしで弾ける自信は無い
戻し気付くと居場所を一瞬見失って焦るがなんとか合流
ジャーンと最後のソロに入ったところで自分の音量の大きさに驚く
驚きはビビりであり、それで演奏をトチる

・・・本当に良い勉強が出来た、来年は頑張りたい

140923a.jpg


2014/09/14(sun)
「せいぼう還暦LIVE」
会場:RiseUp


SW のドラマーのせいぼうさんの還暦祝いのライブに参加

好きなジャンルはソウルだけど、退職後は地元のミュージシャンを支え育てたい
そんな抱負を以前からちょくちょく聞いていて
こんな私にも「いつかやりましょうよ!」と声を掛けてくれた
ホムスタを飛び出しライブ実現の夢を抱かせてくれた方


1番手は「宿六兄弟」アコギとカフォンの組み合わせ
途中でピアニカも入りテンポの良い小気味の良い進行と演奏

140923g.jpg 

続いてはお祝いにとベリーダンスが披露される
セクシーでパワフルな踊りに会場は沸く

140923e.jpg 

続いて近くせいぼうさんと組みのライブが予定されている鮫肌さん
SWメンをバックにつけてオリジナル2曲を披露
今後の活動を小耳に挟んだところでは、大きな成長が今後期待される

140923c.jpg 

続いてはSWの登場、リカは出産間近で代わりに d.W.p の Nancy が入る
タイミング良く3人娘の写真が撮れたのでそれを掲載

140923d.jpg

トリはせいぼうさんの先輩であり恩人の方々「 Duck Soup 」
Gr.Deme さんは長崎市「Deme's Duck Soup」より駆けつけられたと聞く

140923f.jpg

ライブ終了後、打ち上げまで鮫肌さんと共に参加
演奏に見惚れてしまっていた Duck Soup のキーボードさんの隣りに座れた
私は随分と上せてしまい、自分音活的コアな疑問の質問の嵐・・・申し訳ない
お名前を頂くと「今給黎 博美」、FB友達申請もOKを頂けた
・・・で、その後のこと
なんとこの方、かの「クリスタルキング」のメンバーであり作曲者
失礼がなかったかと恐縮してしまう
せいぼうさぁ~ん、現場で教えてよぉ~

他の方々も相当な経歴を持っておられるみたいなのですが
この日に私が拾った会話で仕入れれたものは当然ですが僅か
ただ言えるのは、演奏は上手いだけでは始まらない
音楽は心に響いてこそ命、それを学べた夜でした

AM2:30 迎えに来てくれた妻と長男に久留米・丸星ラーメンをおごらされ
興奮気味に酔っぱらいな私を大事に連れて帰ってくれました


 140923b.jpg

せいぼうさんの還暦祝いTシャツをゲット


なんと楽しき音活人生だとしみじみ思った私なんです



 

えっ!?本当に夏がこのまま終わっちゃうの?って感じ


今年の夏はいったいどうしたっていうのでしょうね

こう蒸し暑いと創作活動って方向にはならず
相変わらずのライブ通いだけが楽しみ


2014/08/16(Sat)
「 The HIT」
会場 : RiseUp

ビリー・ジョエルのトリビュート・バンド
ワンバンドのライブだったので何曲聴いたことか、、でも知らない曲が無い!
高校生の頃の「ストレンジャー」に始まったんだよなぁ~

140829g.jpg 

2014/08/22(Fri)
「ROBIN'S」
「Soul Weaving」
会場:新生 FuncyDog

初めてSWを観た店が[「FuncyDog」で、移転してビルの6階になっていた
その時の対バンだった「ROBIN'S」との共演

140829c.jpg  

お産間近のリカがサプライズで数曲入る
やっぱりこのポーズが決まるのは3人いてこそ
3人娘、それぞれ個性のある歌声を持っているので
これがハーモニーになると混線もなくすっきりと厚くなる

SWのステージ時間で残業を終えた妻も合流
久しぶりに電車で来たので二人でお酒を飲みながら楽しめました
また、改めてSWの演奏や音響バランス、ショーとしての組み立て
どれをとっても素晴らしいの一言です

140829a.jpg 

2014/08/23(Sat)
「多恵子」
会場:鳥栖市「和SABURO」(フレンチトーストの店)

隣り町で「多恵子」さんがお店の感謝祭に出演ということで妻と出掛ける
相変わらず歌が上手く、特に他人の曲を歌うとはっきりする
もちろん7月公開のオリジナル曲PV「心」もしっかり歌ってくれました

ギターは「夕暮算大バンド」の 「Stormy Masayuki」さん
十数年ぶりというオベーションは渋すぎる

話してみると Masayukiさん、実は超ご近所さんだった

140829b.jpg 

お店の前には出店用(??)の車両屋台
マンゴー・スムージー、美味しかった

140829e.jpg 


ざっくりとライブ報告、ざっくり過ぎる?


子ども達の夏休みが順次終わって平常スケに戻りつつある
今年の夏を振り返る

天候に恵まれずビーチホテルのプール無料券が使えなかった
恒例だった志賀島サンシャイン・プールも行けなかった
洗濯物のほとんどは乾燥機を使い、気まぐれな雨に布団を干す勇気はなかった
墓所と管理地の雑草処理が出来ずに秋の彼岸の仕事になった
夏風邪を患い長引いて苦しい思いをした
雨ニモマケズで、百道の浜で雨が降りしきる中で泳いだ
どしゃ降りの露天湯は貸し切り状態で子どもとふざけ遊んだ

may の退座でお盆明けの録音が出来ずに曲を抱えてしまった
Vocal Effector を揃えてそのデビューで5曲をステージで歌った
ライブ通いで色んなことを学んで境地が変った
来月の某セッション企画でキーボを弾くようになった
・・・部屋のエアコンが壊れて汗にまみれた

子ども達を通いの魚市場横の食堂に連れて行った
貝汁付海鮮丼900円、いいだろぉ~
子らの感想は「ズル過ぎる、、」そうくるかい!
天候のせいで喰う事しかレクが出来ない無念さ
31日(Sun)はやっぱ焼肉屋で家族打ち上げをしようかなぁ~

 140829h.jpg

天候が戻ったら9月は色々と忙しくなるだろうなぁ~
あれやこれや思いつくだけでひと抱えある

多分だが放浪癖もムズムズしていて
九州制覇で残ったバイクで行く離島の旅「五島列島編」
計画書だけが引出に3年眠っている
昨年は何度目かの沖縄を満喫できたけど、、ってところ
なんにせよ、天候がねぇ~

テルテル坊主、作ろうかなぁ~

ですね




本田しのぶさん、またね!です

 
本田しのぶさん、観てきました

やっぱり、イイ・・
歌う姿がハートフルで表情が豊かなんです
勿論、マーメイドボイスと称される歌声も素晴らしい
旦那さんのVanaの難しい音程の曲のスキャットもピタリ
目を閉じて聴くとその正確さも分かります

今回のお初はギターのpepe伊藤さんとボーカルのNastaさん

pepe伊藤さんのギターは歌っていました
ライブでは必要な抑揚感や速度感がセンスを伺わせ
多分ですがそれは技術に支えられている以上に
ボッサ等のジャンルのソウルに満ちているんだと感じました

この日は4人揃ってマイクが使われる場面があり
男性陣のスキャットに女性陣の歌が重なった時
なんか背筋がゾクゾク、ハートが熱くなりました

pepe伊藤さんは福岡で色々なシンガーと共演されるのですが
共演されるシンガー達が彼を選んでいると思う程です
とてもお洒落にソウルフルな演奏と歌声です

Nastaさんはまだ19歳の若くて可愛らしいシンガー
行く前にネットで調べたのですが情報がほとんどない
素直に上手く綺麗な歌声がとても印象的で清々しい
ボッサのシンガーとして今後の活動が期待しちゃいます

140812b.jpg 


これでにしのぶさんはNYに帰られてしまうのかと思い
忍ぶ恋心的な気分いましたら
(あ、ここはちょび笑ってもらいたいカキコです)
秋にはVanaと来日です
フライヤーを頂きました

140812c.jpg

もち、どちらかの日程で観に行きますよぉ


でわぁ~


蒸し暑さをぶっ飛ばせなライブじゃった


なんてこった
夏風邪をひき、こじらせて、身体は分解寸前
熱も出したし湿気の多い中で小刻みな悪寒の日々
鼻水はだらだらだし咳で背中は痛むし
もぉ~、最低


そんな中でもライブには行く



2014/08/03(Sun)

福岡市東区香椎 Live Cafe Eric

[ The All Free ]

やっぱ楽しい!MC 最高!パフォーマンス最高!

自分はフランス人だという Cyndi は少し天然っぽいキャラで好感度良し
特別なネタはなくとも観客をリラックスさせる笑いがあり
観客の出したネタを上手に受け取り発展させる機転も持ち合わせている
そのやりとりが一層の笑いと楽しさを引きだしてくれる
・・・素晴らしい

雨に覆われた蒸し暑い夜であったのにも関わらず
風邪具合を気にして椅子に座り続けていたのは自分くらいで
観客のほぼ全員が立ち上がり踊り続けた
Soul Train な時間

9月21日(Sun)のゲイツ7も絶対に行きますよぉ

140805a-s.jpg 

続いては「夕暮算大BAND
新CD4作目「こころの歌」のめでたいリリースの日となった

なまこちゃんが「多分ですが私たちの音楽には踊れるものはありません」
そんなMCで笑いをとって踊り熱狂した観客を鎮めるないなや
「踊ったせいで既に酔いがまわり、、」と一気に引きつける

いや、一気に引きつけたのはピシャッと始まった演奏で
ブルースハープのいきなりな鳴きで世界を一転させた

このバンドの素晴らしきことは
曲を中心にパートがこよなく自分の楽器を愛でている感じがあり
さぁ始めましょう終わりましょう的な演奏ではなく
MC に続く自然な会話のように進むところで
これはメンバーの家族的な阿吽の呼吸が感じられるところ

全てオリジナルで語られる歌謡ブルースは
「粋」なんですよね
可愛くも、野暮っぽくも、男らしくもある
そう、粋なんですよね

140805b-s.jpg 

酔いどれ(??)なまこちゃんのドラムスを叩く姿
多分ですが、ドラムスをやってる方が見入ってしまう演奏
一言でいうと「陶酔」私はそう思います
はっきり言って目つきが危ないです(笑)
今夜はスティックを飛ばしました(爆)
私が拾いに行きました

140805c.jpg 

初作から4枚全部をサイン入りでゲットです
「粋」をお勉強したいと思います


はぁ、、まずは風邪を完全に治しましょう
3度目の病院は情けないので、、




やっとまともな夏が来たって感じ


やっとカラッとした夏が来たようですね

蒸し暑いのはどうにもたまりません
庭の水やりでも解消できない貼りついたモワリ感
脳みそごと冷凍にでもしたくなる衝動
公私のスケが絡んでパニック気味
・・・今日は蝉の鳴き声も清々しくてイイです

もうひとつの季節労働期である7月の業務も無事終了
ライブ通いは続いていて
仕事から帰ると夕飯の支度、そしてお出掛け
夏休みに入った子ども達も日頃から仕込んでおいた甲斐あって
炊飯・風呂・洗濯物・雨戸、ヨロシク!が可能
遊び呆けるオヤジであれ、本気の遊びは押しが強く
公然とした権利のように周知徹底される
・・・勿論、妻の容認があるからこそではあるが、、


2014/07/20(Sun)
「アナザーサイドな夜」

140728b.jpg

ライブ通いも慣れてきたせいか色んな音を聞き分けながら楽しめる
バンド音のバランスや、楽器とボーカルとの音域衝突
勿論、ステージに上がらないとモニタ音との付き合いが分からないだろう
特にホールでの生音ドラムスの叩き方は全体を破壊することもある
歪みの入ったサイドGも過ぎると居るのが辛くなることも
なによりもボーカルの声が埋もれてしまったらアウト
アンプで上げ過ぎた音量はミキシング側ではお手上げで
マイク性能でハウリングとの戦いもあるようだ

やはり自分の最終的な興味はキーボードに注がれ
バンドでの役目は「彩」そんな気が今はしている

ライブ音は製作音とは明らかに違う種のものがあり
なんかこう掴みかけているものがあるのだが
これ以上は自分が実際にバンドをしないと分からないかなぁ~

このブログ繋がりで「自分のアレンジはバンドを想定して」
そんなコメントを思い出して、なるほどという部分を感じる

あ、この記事は上記のライブでの感想ではありません
御間違いなく

自分の曲をバンドでするとしたら、、今はそういう聴き方なんですよ!
そしてバンドで生きる曲作り(編曲?)も現在模索中・・です
ですが、やはり自分のようにボーカルが下手だと聴けない
ライブなら多少の誤魔化しが出来るものかと思っていたのですが
貧弱な声量に通らない歌声、ボーカルエフェクトを介しても
なんか怖い思いをするだけのような気もする

ま、色んなことを考えながら聴いているってことです


ここのリンクにも並び始めているFB繋がりのミュージシャン達
今回のライブにも出られた「P様」には強い衝撃を受ける
「東京事変」のコピバというのだが、ほとんどの曲を知らない
挑戦的な目つきと激しいモーションで観客に叩きつけるよう
歌声もパワフルで砲弾のような爆風を受ける感じ
パンクとはこういうものなのか

今は月末までの大阪遠征で「パンチラ先生」(バンド名は INN6 )で出演中
私の衝撃を体験したい方はココから携帯サイトにどうぞ!


 140728a.jpg 

皆さん、熱中症にご用心、水分補給は小まめに
・・・ということでウオーターサーバーの絵です

ではでは、、





「本田しのぶ」帰国前ラストライブ


大好きなシンガー「本田しのぶ」さん
もちろん結婚されて「 Shinobu Gierig 」になられていて
Vana Gierigさんとのニューヨーク帰国前のラストライブ

pepe伊藤さんのFBより情報と写真をお借りして記事にしました

本田しのぶ
140716a.jpg 

Nastaさんとpepe伊藤さん
140716b.jpg 

 『本田しのぶ&Vana Gierig&Nasta&pepe伊藤Live@春吉GEN×2 2DAYS!』
 
Shinobu honda (vo)
 Nasta (vo)
 Vana Gierig  (p)
 pepe伊藤 (gt)

8月10日(日)  1st、2nd入れ替え制
1st...open:16:30 start:17:00
2nd...open:20:00 start 20:30

8月11日(月) 1stage
open:19:30 start 20:00

 3000円  要1drink order

春吉GEN×2】(漢字では「源弦」)
福岡市中央区春吉3-25-1
TEL:092-762-8220



Nastaさんは15歳でデビュー、多分今年で20歳
シンガーの母を持ち、ピュアで無垢な歌声とある
こちらの歌声もまた楽しみですね

ブログ解析で「本田しのぶ」検索アクセスも多く記事載せたけど
店自体がさほど広くなく、どうも予約を入れてないと入れないかも
で、本音的には秘密にしておきたい気もするけど
早めに行く日を決めて「予約」入れます




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。