ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

今年のバレンタイン



我が家は一足早くバレンタイン

GODIVA ラッチングチョコレート、ハート缶10粒入
CAFFAREL アンティーク缶

あげる側もお返し側も私が決めた
もちろん、オチがある


170202a.jpg


缶好きな私なので今年も缶モノを要求

有効期限間近のTポイントがそこそこあって
LOHACO を眺めるもなかなかこれといったものがない
時期はバレンタイン
・・・ということで「バレンタイン特集」へ、検索を「缶」でかける

この類は一旦は品切れをおこすのでタイミングはギリギリ良し
1つじゃ送料がかかるので2つにする

妻には悪いが選ぶ楽しみを奪った感じで
毎年デパートの高級な新参者からチョイスする傾向があり
あげたチョコの半分は自分の舌にのる算段は
自分が味見したいものが選定される

LOHACO は要するに ASKUL なのですぐに到着
ラッピングは有料だが贈答用の紙袋は付けてくれる



「あのさぁ~、今年のバレンタイン、お返しも含めて用意したけどぉ!」
「で、来ちゃってるけど日にちまで待つ?」
「なにそれ?ま、別にそれでもいいけどぉ~、見ちゃろーたい」
ということで早々と店開き



CAFFAREL は可愛いテントウムシなどの定番があり
缶の大きさが後で使いやすいものを選んでお返し分とした
案の定
妻も当然知ってる内容でやっぱり可愛いと云う
缶は裁縫箱にしようかなぁ~ということ


GODIVA はもっと別のは無かったのかと云う
今じゃどこでも手に入るぐらいポピュラーなこともあってだろうが
私事情として
開いたおつまみのナッツ類を入れておくのにもちょうどよく
それともピックなどのギター小物を入れておくか
新色のピンクに「2017」というのもいいでしょう?


缶は後で交換しようと持ち掛けるのもありか


ふと気づく
・・・で、支払はみんなオレ?
「しまった!」感ありありでオチとしよう


では、、



あけましておめでとうございます


あけましておめでとうございます

ここに年賀状を貼ればい~やなんて思っていたら
ネットから拾った加工物ゆえ表舞台には立てない
残念ながら我が家の正月飾りでご挨拶

私は生け花も布飾りも作りません
玄関に大掃除をほぼ私に丸投げして飾りを配する妻
なかなかの出来なので物申す真似はしない

子供達を怒鳴り散らかしながらギリで掃除は間に合わせる
私の子どもの頃は、、母の仕込みを思い出す


干支を中央に鎮座させる万年飾り
庭の剪定枝も使っての妻の生け花
布飾りはステイで義母が作った鏡餅

何故、角松のビニールを取らないの?と聞くと
明日がここの新年会だからその時ね!と云う

170101a.jpg
 

170101d.jpg


大晦日から元旦は私の実家
今年の三社参りにはひとつ寺が入った
「雷山千如寺」一般的には「雷山観音」と呼ばれる
我が子の七五三はみなここで行った

人気を払って奥の参道は穏やかな日差しに包まれる
山間のためにそんな時間は多く与えられていない
私はこの場所がなぜか好き

170101c.jpg 


2日は某新年会へ行く予定だった

実は妻がまだ年賀状を1枚も出せていなく
100枚を超える年賀の丸投げが例年繰り返される

私の嫌味に「来年はやり方を教えてくれれば必ず自分でする!」と逆ギレ
年末に絵柄も準備していたし、チェック用名簿も出力していたのに、、
教えてくれればじゃなく、自分で覚えなさい、、ボソッ
ボヤいても仕方がなく
来年は正月飾りの前に協力はするから終わらせなさい


他の用事もあってようやくで時間を見れば17時過ぎ、、
折れて今年も行けず




音活の抱負話は機会を改めて
大好きなバンドの急な活動停止の知らせに今はまだショック中・・・
今夜はこれにて


万歳ジャック



ソファーでうたた寝をしていたらいつの間にか足の谷間にジャックがいた
万歳をしているような恰好でおかしくて写真を撮ってもらった

160303a.jpg

のらであった頃が嘘の様な毎日だろう?
茶トラなジャックはオス猫

朝飯を終えたら散歩
散歩から帰って飯食べたら昼寝
昼寝から目覚めたらまた散歩
夕方暗くなったらネコ缶が待っている
そいつを平らげたらまた散歩
まあ、、規則正しい生活をしている

返事と外出を希望するとき以外は滅多に鳴かない
家族が気まぐれで抱き上げても嫌がらない

お風呂が好きで毎日でも多分OKだろうが
拭きあげる手間を考えると多くて週一
自分で舐めて綺麗にするのがネコだが
浴室の前に座って待つので仕方がない

寝る者でジャックの寝る場所が変わる
妻の場合は布団の中
次男の場合は顔の横
三男の場合は足元
私の場合は両足の谷間
・・・・

ぼんやりとして考えると徒然になる


今年の冬はインフルエンザで5日間倒れた
予防していたので熱が上がらずに倦怠感が続いた
そのおかげでスケは大幅に狂う

後2週間を切っていて今夜も事務所泊で頑張る
新しい春を迎えるために

頑張れ!オレ!


最高のクリスマスプレゼントになったもの




実は、、

我妻ことドリーちゃん
会社の健康診断で要再検に引っかかってしまう
医大の検査でも更に引っかかった胆のう
川島なお美の訃報や年齢のこともあり
どうしても最悪のケースを口にしだす妻

妻に言い渡された音活の条件である「表舞台」
都合よく舞い込んだ商工会祭りのオファーで務めたOA
これでようやく約束は果たせたという安心
「なかなか、あなたらしくていいステージだったよ!」

当然ながらこれが最初で最後とも考えてしまった
ある日突然に迎えた友人の訃報の事もある
後に妻も「そう考えていただろう」と言う
私の必死さが伝わったのかもしれない

クリスマスの25日にあてられた5度目の再検
初めて私も同席しての所見が言い渡される
「壁は厚いもののガンなどの所見は見当たらない」
経過観察という事で3ケ月後の予約をとる

妻「何度も付き合わせて、何もなかったね」
私「馬鹿、それでいいんだよ!」

同じフロアーで近所の方を見かけて妻は声を掛けた
私なら予感もあり、けして声は掛けずにゆくところ
やはり、、で妻が末期の肺がん治療2ステージだという
老人になり健康診断を2年ほど受けていなかったという
「受けている間は何も出ないんだよね」
言葉が残る

帰り道の食堂で遅い昼食をとりながら
対面でいつもの様子で箸を運ぶ妻を見ながら
いつの間にかぼたぼた落ちる涙
「何もない」ということの安心さ
平凡な日常のありがたさ

今年のクリスマスの最高のプレゼント
妻の命、健康、、ありがたき毎日


家に帰りつくと時期は大掃除、年賀状、、
そして明日から30日まで6日間の塾の合宿に出る三男の準備


「もう病人じゃないんだから、気をつかわないぞぉぉぉ~」

「ちぇっ、ありがたく思うなら、もう少し労われぇぇぇ~」

笑える会話も気持ちよく成立


夫婦漫才なロッシー&ドリーのクリスマスでした
おあとがよろしいようで、、



151230a.jpg 

ドラムス・セットはアンプに繋がれ
次男は iPhone を MIX してドラムの練習

RiseUp の生ドラを参考に各パッド位置の調整
サンプル曲に合わせての練習を実曲の完コピーと考える
Blondie の Heart Of Glass
Diana Ross の Up Side Down
そんなところを考えている

激動の今年の総括を記す予定が、、ロッシー劇場に
それはまた明けて今年の抱負とともに話しましょう

それではみなさんよいお年を



また一人、友人が逝った



ちょうど1週間前に友人が逝った
DOS時代パソコン通信で知り合ってかれこれ30年間
同い年でやはり DTM をやっていた
急性心不全

サルサが好きで踊っていて、よく誘われた
「よか運動になるけん!健康維持のためにもね!」
まだつい最近も私に云っていた

FB の誰かの記事をみながら「こいつら何言ってるの?」
あいつはつい数日前もベリーダンスのパーティーに誘い・・・

祭壇に収まったあいつの遺影を眺めながら
現実がこんなにも遠くて別の世界にある感触だけが残った




ようやく現実感とは程遠いけど、受け入れることに努めた

葬儀の日に予定していた「ユトリロとヴァラドン展」にも行き
帰りの時雨れた空のように涙は流せても、まだ泣けていない自分に気付く
思いきり泣ける場所でちゃんと泣いておかないといけない
それが僕なりの儀式であることを経験で知っている

40過ぎに高校からの親友にガンで先立たれた時も
長男が東京に行ってしまった時も
堰が崩れるように、、
今では恥ずかしげもなく妻の胸を借りることにしている

11月に知った Chili の「東京タワー」
冷やかに優しくボクを包んでくれてはいた



しておこうと思った音活報告も、、

某商工会のお祭りへのオファーが入り、ステージに立つことになった
20日(SUN)に30分のステージはオリジナル2曲に
年齢層が高いのでチューリップ「青春の影」と
メドレーに五輪真弓「少女」や「あの素晴らしい愛をもう一度」etcも加え
最後にNatKingCole「The Christmas Song」ではどうだろう?
時間厳守でMCを考えて組立中…

某忘年会2つでもステージに立つ予定、こちらはエントリー
ひとつはアップライトピアノなので感触が分からないのが怖い
当然のぶっつけ本番になるので頑張ろぉ~!
ひとつはお通い中の「御縁屋」で、ギターもいいかなぁ~ってところ

デジドラは一応だけど概ね毎日、半時は叩いている
シンバルをひとつ加え、キックを本物に代えようか思案中・・・
生ドラを木曜フリステの RiseUp で叩かせてもらい
特にキックとハイハットの足部分の違いに戸惑った
ドラマーな、ここの店長から色々と教えて頂き
そのうちではあるがセッションで叩きたいと願う

ということで、ながさん、今年は成就できません
解放の来年の春からその分も頑張りたいと思います
~と思っていたら
シークレットなお国のお勤めが舞い込んできて
時間よりも精神が耐えられるかって不安
そうこうしているうちに
町内会のお役の話も舞い込みそう
でも
来年はやるだけのことはやってやる!
鼻息だけはあらいのです



では
友よ!いずれはその世で語り合おう!
おきざりにした悲しみは

※作詞は岡本おさみ

とりあえずの糸島巡り


五月の連休中に実家の母を弟から預かることになり
それならと家族で実家に泊りで看ようということになった

実家は九州大学移転で活気に拍車がかかった糸島半島の間口にあり
昔から陶芸やステンドグラスなどアートな人々が点在していたが
ここ数年でカフェや雑貨屋など本当に多くなってしまった

妻孝行などと言ってはいるが、その実は私も好きで
母を連れてお散歩気分、天気にも恵まれた2日間を過ごした


DOVER(ドーバー)
アートスペースと雑貨&オリジナル皮製品

価格もリーズナブルなものが多く、倉庫仕立ての店内には人が溢れ
妻は私にアンカー(錨)の真鍮壁掛けを父の日用に買ってくれた
もちろん今はまだ手にしていない

150511a.jpg


CACHETEE(カシェット)
メロンパン専門店

連休中にちゃんとしたランチをとろうとするとそれだけで時間を失う
そんな待ち時間に耐えれる子供はいない、我が子には無理
カフェ好きの妻を「下見だけしていつでも来れるから、、」と説き伏せる

糸島手作りハム」でサンドウイッチを仕入れ、ここでメロンパン
午後になる頃には海岸線に出る予定だから適当な場所でピクニック気分

150511c.jpg

海岸線に出たところで「なんだろう?」な小屋
無人野菜販売に使われていたものらしい
ミュージシャン写真家「仁礼博」の絵葉書が無人販売されている

150511b.jpg

次男は正統に私の血を継いでいて、少しの時間を見つけては必ず散策をする
面白そうなものを見つけてはスマホに納めている
バックアップをとってあげるからと云ってその写真を見てみたい

150511e.jpg

結構な数の雑貨屋を巡り、そこそこの戦利品も獲得
100円じゃない回転寿司に露天満足な温泉もつけた

長年連れ添いながら妻が壁掛け時計に執着する癖をはじめて知った

私「どうだった?糸島は、、」
妻「心残りはいっぱいある!」
私「だから、カフェは必ず連れてゆくからぁ~」
妻「いつ・・・???」

中体連が終われば試合の車出しも観戦も終わる
今年は結婚25周年だから海外に行きたいなどとも言った
最終学年な2人を抱えた今年は無理
だから、、だから、、身近に行きたい

分かってるさぁ~、少しだけ辛抱しなってばぁ~



とりあえずの糸島巡り、ディープな巡りは2人だけでしようね!
・・・他が着いてこれないからね

前回記事に絵を入れようみたいなぁ~


七転八倒な前回の話の挿絵?


 150509a.jpg 150509b.jpg

ミニトマ(赤、黄)、バジル、パセリ(イタリアン、パラマウント)
キュウリ(2種)、小玉スイカ、メロン、ささげ豆
インゲン豆(2種)、中ネギ、ディル、ローリエ、ローズマリー
青紫蘇、ニラ、ミックスレタス、、

・・・こうして並べると、猫の額みたいな庭に植えたなぁ~(笑)
どれも我が家で消化できる量にした

150509d.jpg 

我が家の家紋は「橘」
我が子ってどうやって家紋を継ぐのだろう?・・・

私でさえ、墓から溢れた亡き祖父の為に法名塔を建てた時に見知り
そして私の結婚式での何だったか?、、それにこの飾り、、
ステッカーでも作って車に貼るというのもなぁ~
我が一族は少なく遠いのでなかなか触れる機会がない

150509c.jpg

白と黒のメダカちゃん、萌えぇぇぇ、、
先のとがった竹串をそっと入れると興味を示して寄って来る
餌じゃないんだってばぁ~(笑)

敷いた石の間を時々するりとドジョウが、、
その姿を見れば幸運が訪れる
勝手なジンクスを設定するもいーじゃないかぁ~



今年は次男三男が最終学年3年生
進路について親としてのサポートもしなくちゃならない
またPTA役員会はおりたものの専門委員長で残ってしまった

子どもと関われる時間の残り少なさ
そうも思いながらすることだけはしなくちゃ

音活も、ムーブ、ムーブ、、
鼓笛隊、マーチングモードな気分で喝入れます!


ストレスの原因究明に七転八倒だった4月



150412a.jpg


今年の春は面倒で重たい仕事を抱えてしまい
ストレスがそれで溜まった感じで
どうにか解消するために七転八倒していた

妻の母は戻れなくなって既に1年が過ぎようとしている
それで放置された庭に家庭菜園を再開した
ついでと言いながら妻のガーデニングを加えてやり
花の苗を植えさせて玄関先に賑わいを得た
・・・自然と交わること、、、、解消にはほど遠く
毎朝の水やりの為に早起きになった

兼ねてから玄関先に水の風景が欲しかった
大きな花の器に水を張りメダカを入れた
河川敷で丸い石を拾ってきて敷いた
水の浄化のためにドジョウも放した
メダカの繁殖は考えていないがホテイアオイを浮かせた
日光避けに丸いざるも準備した
・・・泳ぐ姿に萌える、、、、解消に少し近くなる
覗きこんでいる間はイイ感じ

数時間の合間を見つけてはバイクを走らせる
東西南北、平野を山を川を林を森を、、
青い穂先や土をおこした畠の中を爽快感いっぱい
場所によっては少し危険な感じでスリリングがいい
香る花を見送りながら集落の垣根を過ぎる
湿った木々の深い味わいの空気を吸い込む
・・・ボクハ風ノヨウサ、、、、解消になっちゃうかも
でもなんだろう?遠出しないと効かない?

ストレス解消への七転八倒
まだしたさぁ、、色々とさぁ、、

でもボクは自分の事には結構ニブイ種の人間のようだ

昨年とうとう出し損ねて落ち込んだ皐月人形
当家の旗をひるがえした武者人形
「出さなくちゃ、、」
そう思いながらの帰宅中の車の中
もうボロボロ涙が落ちて仕方がなかった
そうまるでウサギのフンみたいにさ
東京に行ってしまった長男
・・・自分のストレスは、実は寂しさだったようだ

帰宅後すぐに飾りを組み立てながら
それでまたボロボロと涙が落ちて来た

「あんたさぁ、息子の結婚式の時に挨拶できるの?」
笑いながら困った顔で妻が言う
・・・そう、実は全然自信が無い自分だ

でも、ようやくこのストレスの原因を掴み
何故かその後はスッキリした気分になった
この1ケ月強の間にためてしまっていたもの
ようやく解放された

やはり、情けないオヤジなのである

4月はほとんど楽器に触れなかった
音活にたどりつける状況ではなかった



写真はバイク散策で見かけた滅びたトラクター
「日の本号トラクター、MB1100型」
車には疎いのだが働く車は何故か好き
後輪がタイヤ計6本という凄い井出達


春休みの終わりに旅をしたんだ(写真編)


「春休みの終わりに旅をしたんだ」
写真編

広島市交通科学博物館

企画展で懐かしい新幹線の展示があっていた
そうそうこの紙コップ、トイレに行ったときに何枚も取って
記念に何枚かを家に持って帰ったんだよなぁ~
家の水道とはひどく違って硬い感じがしたのを思い出した

150404a.jpg

海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)

潜水艦「あきしお」の艦内
実際に潜望鏡2基の体験もさせてもらえる
やっぱこういった眺めは映画のワンシーンと併せて見ちゃうよね!

  150404b.jpg

広島風お好み焼き れんが亭 三丁目店(夕食)

ソースは堂々と「おたふく」です
焦がし麺の種類が選べ、3人それぞれ別のもので注文

150404c.jpg

萬翠荘(国重要文化財)

この日は1階の晩餐の間で午後からコンサート
雨宿りに素敵な洋館の静かなひと時を過ごし
その後、機材の搬入で騒々しくなって引き上げ

全国的に大荒れの天気は、松山市も雷が轟く嵐のような午後でしたよ!

150404d.jpg 

道後温泉本館

夕刻に普通の雨になってホッとしながら道後温泉界隈を散策
「坊ちゃん列車」や「からくり時計」のストラップを自分の土産に
伊予柑のチューハイやらタルトを妻の土産に

150404e.jpg 

おおず赤煉瓦館

別館の「赤毛のアン」を中心としたカントリー・アンティーク展に寄る
撮った時には自然に見えたけど、考えたら赤毛の三つ編みはエクステだったの?(笑)
ミーガン・フォローズ主演の映画、アン・シリーズは私のお宝モノなんですよね!

150404f.jpg 

ポコペン横丁「思ひ出倉庫」

とにかく「コカ・コーラ」と「VAN」は気合いの入った揃えようで
持ってた!揃えた!欲しかった!の連発技で結構居ちゃいました

150404g.jpg 

これは「大学目薬」ですが商標のめがねと髭を蓄えた博士の顔じゃない
こんなのもあったんだぁ~で、あまりにも直接的で少しきもい

ナショナル坊やもいて、今60歳~70歳辺りが青年だった頃の品が多いよう

150404h.jpg 

三和食堂(八幡浜チャンポン)

チャンポン好きな私は外せないご当地チャンポン
和風チャンポン系で、じゃご天などがまたいい味を出している
麺は若干細めで少し固ゆでした触感が抜群でした

150404i.jpg 

戦利品を家で広げてみる
実は広げ忘れた品がもうレジ袋2つ分がある

地元のスーパーを9ケ所立ち寄って食材を買い込む
チェーン系は全国モノばかりで「地産地消の精神が無いのか!」と捨て台詞
私の当地食材チェックは「地元製麺所の乾麺」「味噌醤油」

今回の大ヒットは「和風万能だし・やすまる」天然だし
かつお・さば・いわし(煮干し)・こんぶ・しいたけの5種類のブレンド
帰って今春初の筍の土佐煮を作ってみた、、「美味しい!」

我が家は焼きあご入の「茅乃舎(かやのや)だし」が中心なのだが
他に「味の兵四郎」など、お気軽なティーバック天然だしは使い分けている
和食はやはり香りや味、だしが決め手になるものです

あ、少し甘めの味噌も味噌汁にしましたが美味しかったです

150404j.jpg


以上よん!(笑)


春休みの終わりに旅をしたんだ


春休みが終わった
ようやく子どもが学校に通い始める
二男、三男、共に3年生・・・頑張れ!


今年の春は「高菜チャーハン」が昼めしの主力メニュー
釜に残ったご飯に高菜、ごま油、和風だし、塩コショウを入れてかき混ぜ
後はフライパンで炒めるだけの簡単調理だが大好評

月末締切の仕事を終え、母の手術入退院の世話も終え
さぁ~、宿題が終わっていたら春レクだい

・・・ということで、広島&呉と松山・道後温泉の旅に出た
妻抜きの3人での旅行、総予算10万円で頑張った

私は必ず計画書を作成する、今どきの計画書は便利
Excel で作成して訪問先のサイトのハイパーリンクを貼る
それを DropBox に入れておけば旅先でスマホより詳細を閲覧できる
特にナビ設定の為の住所や電話番号などを別にメモしておく必要が無い

予算書も簡単で、高速料金は日時指定でETCや深夜、休日割も考慮される
駐車場もタイムズやiPosNetのリンクを確保すれば
スマホでリアルタイム空き状況を教えてくれる
長時間駐車に最大料金設定は必ずのチェック項目になる

準備は万全でも実行には問題はある
実はコチラの問題

その1:ナビはソフトを更新していないために正確ではない
延長されたバイパスや変更された主副道路が分からない
その為にとんでもない場所に案内されることもある

今回は、広島、仁保IC入り口でまさか墓場に案内された
オジサンが嬉しそうに駈け寄り「あんたもかねぇ~」と道案内

その2:スマホが使えなければ意味が無い
実は松山城下山時に濡れた石畳で転んでスマホを壊した
三男用に妻のお古を持ってきていたためにSIMを差し替えで対処
しかしながら DropBox が使えないはめに
やはり紙に出力しておいて良かったという結果になる

興味のある方は旅行行程を時系列に並べましたのでお楽しみあれ!
計画書の切り貼りなのでそれぞれリンクします

全行程走行距離(855.2km)

2日(木)

門司港レトロ地区(休憩と夜景)
ドライブインみちしお(貝汁)
広島市交通科学博物館
海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)
大和ミュージアム
広島風お好み焼き れんが亭 三丁目店(夕食)
天然温泉 桂浜温泉館(風呂)
道の駅たけはら・保存地区散策
瀬戸内しまなみ海道(向島IC~今治IC)
居酒屋 銀の鶏(夜食)

3日(金)

寿温泉
松山城
萬翠荘(国重要文化財)
坂の上ミュージアム
神とり 松山勝山通り店
坊ちゃん列車
道後温泉・神の湯 階下
おいでん家
フレッシュパーク「からり」

4日(土)

大洲城
おおず赤煉瓦館
ポコペン横丁「思ひ出倉庫」
三和食堂(八幡浜チャンポン)
海鮮料理「レストラン清海」(サザエ弁当)
国道九四フェリー(三崎港~佐賀関港)
宮河内IC~筑後小郡IC


長男の旅立ち



長男は美容師の道を選んだ

進学系高校の進学クラスにいたせいもあり有名私大の道かと思いきや
年明けに美容師になると云って驚いた2年前
自ら厳しいとの噂の専門学校も見つけてきていた
長男は本当に親の予想外の行動に出る

私が知っている頃の専門学校は行き場のない者が行く場所という見方もあり
大学も専門学校もゆるい時間を過ごして社会に出てゆく時代だった
現代は既に少子化のせいで学校は全入時代に入っていて
良い就職という結果を出せない専門学校に明日は無く
それを感じるほど慌ただしくも厳しい2年を彼は送った

アキバ系の息子は予想通りに東京に就職先を決めた
国家試験の結果が出ないままだが明日は入社式になっている

150318a.jpg


昨日、福岡から飛び立った長男
二男と妻と3人で見送った

残り少ない時間を無駄にはしたくない想いのある親と
明日の夢しか描いていない子どもとのギャップはある
 
あっさりとしていた長男だったが
空港ロビーで「頑張れよ!」「頑張るよ!」と抱き合った時
行く者と送る者の役目があることを感じた
・・・大丈夫さぁ、、オレは泣かないぞ!

情けないオヤジは早く独りになれる場所を探すものなのだ
ぱんぱんに膨れ上がっていて、心意気だけで手を振った

生まれた時からこんな場面ですらずっと初心者マークなんだ
私は自分の人生に親という道を持てて本当に良かったと思う

 150318c.jpg

今日は実家の母の手術だった
腹部大動脈瘤が5cmほどになり破裂すれば即死
今春に81歳になる母
開腹手術を避けてステントグラフトの手術を選んだ
手術は無事に終わった

このログを上げたら深夜の付き添いに向かう
今年の春は月末までの期限でもう一仕事を抱えていて
週末返上でなんとか目途を先ほどつけた
さぁ、弟との交代の時間だぁ~

150318d.jpg



「時はいつの日にも親切な友達、過ぎてゆく昨日を物語にかえる」



150318b.jpg


行きたい場所はないかい?
連れてゆきたい場所はあるよ!
独りでは出掛けたくない

家族が減るとね
段々とキミが近くになる気がする

そんな風に言うと怒るかい?

残念なことに
最後には新婚さんに戻っちゃうんだぜ
ボクが生きていればだけどね







バレンタインで筆箱交代劇を演じる?


嗚呼、、こわっCM 出す度の更新
てな感じで、、

缶好きな私の事は以前に話しましたが
今年のバレンタインで筆箱が2年ぶりに交代
これからの2年(??)はチェブラーシカ(下)になります

KinPro さん(上)ご苦労様、、携帯用絵筆入れになって!くださいね!

150216a.jpg

今年のバレンタインは、妻曰く「ステージ衣装」だって、、
段々と追い込まれてゆく怖さを抱えながら私は生きているわけで、、
妻はポロ・ラルフローレンを着させるのが好き
上品ではない私を「馬子にも衣裳」で爽やかにする作戦
・・・で、チョコはロシアを祖とするゴンチャロフのリーズナブルなものに
私の申し出で決めたってわけ

実はチョコにトラウマがあって滅多に私は口にしないのです

150216b.jpg

トイレのマット&カバーをそろそろ買い替えようという話になって
九州を拠点とする「サコダ」で Anchor マーク入りにした
勿論、これは2階の書斎横のトイレで私が管理する空間
「管理する」とはディスプレイや衛生管理を行うという意味
ネズミーランドで買ったトミカのバスなどを置いている

1階用は妻の好きな「ローラ・アシュレイ」のジョゼッテ/プラチナ
既に購入済みという品が同時に入れ替わった
エレガントで存在感有り過ぎて、、、
「私は2階に行くよ!、、」
です
汚した犯人は絶対に私ではないという為にも
安全第一

150216c.jpg


やっぱり音活な話も

2月はサンプル数56個にも及ぶ生産性
以前に作成した中途半端なサンプルを具体的に歌えるラインまでした感じ
いわゆるハナモゲラ語で最初のサンプルを作るのだが
このレベルまで来るとイメージした歌詞が多少はのる
これを基礎に季節労働が明けたら具体的な曲にしよう!

そうそう、もしかしたら「弾き語り」なるもの
もしくは、そういうスタイルを基本としたものをアップするかも
です


では、仕事に戻ります、、




あけましておめでとうございます


あけましておめでとうございます

昨年の活動報告書のような年賀ですが紹介します
これ、実際に送ったものなんですよね


141231nenga.jpg


今年は外向きにどう動くのか?
イメージはあるものの、はたして達することが出来るのか?
何にも実体化はしていないのですが、取り組みこそ音活の生命線
泥遊びに夢中な子供のような気分でするさぁ~


そうそうバンドマン達の新年会に参加してきました
音楽で飯を喰ってきた方々の話はリアルですよね
自分の中にもやもやある問題や感触
それらを一掃するほど謎解きに満ちていました
素晴らしき講演を聞きに行った気色です

そうなんだぁ~
なるほどぉ~
えぇ~それでいいのぉ~



年末は大量に出た実家の剪定屑の始末
子供の友人達も連れての福岡イルミネーション・ツアー
そんなかんだで
・・・いつの間にか聞きそこなった 7th-lab's さんのネットラジオ
リストの「どうしたって・・・」
心残りになりました

さっちくりぃ~
今年も頑張るぞぉ~

何卒よろしく申し上げます



三男と実家の剪定に行ったんだ


我が家は年賀状に家族写真を使う
そのために全員を揃えて紅葉を観に行くことになる
子ども達も恒例のことで文句も出ない

今年は2人が期末考査前で遠出は無理
佐賀市基山にある大興禅寺に行く
今年は雑誌に紹介があったことで数キロの渋滞
こちらはジモティーなので村道を走って撮れた

141123a.jpg


ここんとこ週末ごとに我が家の庭の手入れをしている
既に8ケ月の入院生活に入っている同居の義母が残した庭の花木達
主を失って荒れた庭は大幅な縮小をしなくてはならない
毎日の面倒をみる者が現実問題でいないのだ


我が家を終えて、先週末は実家の剪定に出た
母の面倒を看させている弟に全てを負担させるわけにはゆかず
三男を補助に連れて、私の出来ることとして頑張る

実家に着く前に「水産センター祭」の案内板が見えた
その昔、次男がタッチングプールで子鮫を離さなかった
長男は自分の頭大のカブトガニを持ち上げた
そんな思い出の祭りに、偶然だが中学の三男と行けたわけである

141130c.jpg

小学生に混じりながら少し戸惑う三男であったが
カブトガニ、タコ、エイ、ウニ、ナマコ、、何か楽しそうに触っていた

 141130d.jpg

有明産の海苔は色が濃くて厚い一流のもの、体験で海苔すきをやってみた
サワラ飯、イカバター焼き、甘エビ、、地元産の美味しい思いも出来た

141130e.jpg 

2日間に及んだ剪定と整理作業
実家の母も庭木や畑の面倒をみれなくなっている
ここ数年、放置していたので大変な量の作業となった
大まかな作業終了を待って雨が降ってくれた
その後は叩くような強い雨を風呂場で聞いた

「帰り道は寄り道」
美味しいものでも食べて行こうの時間には余裕がある


福浜の市民プールの入り口に新しく出来たリサイクル店を発見
141130f.jpg 

mic-o-mic』ドイツの知育玩具が置いてあったので入手
置物としても楽しめてちょうどいい大きさが好き

141202a.jpg 

店を出たところで日が射してきたので海に出た
こういう幻想的なシルエットはオートでは撮れないし
広角でもないためにソフトで繋げるしかなかった
どこか違うんだけどと思いながら雰囲気だけ、、

141130b.jpg 

暮れかかるこの一帯を少しづつ車を進めながら眺める
虹と出逢え、落書きを訳し、釣り人を数える
中学生らしい質問に、港の機能やら、流通やら、昨今の経済やら
そんな話が出来る嬉しさがあった


今回の「帰り道は寄り道」はJR博多のイルミネーション
中学生くらいになると自然よりも街歩きの方を好む
そういう時期、いずれ時期が来ればまた海山川へと目を向けるだろう

光の街・博多

クリスマスマーケットを眺め、フランクフルトを2人で分け合い
特設ステージの演奏はなんと35日間も開催され続ける
この日のこの時間は「九州産業大学DUCKY JAZZ ORCHESTRA
FB友の「宿六兄弟」「GUN」といった方々もスケに入っている

街の散策、なんと2時間も歩き回った

141130a.jpg 


帰りは食べ盛りのリクエストで「とんかつ きんのつる
たらふくでした




「ラピュタの道」に行ってきました


先週、札幌市在住の叔母が8年ぶりに九州に来た
二人の歳を考える旅行を楽しめる機会もそうはない
実際に先週から母の足腰の調子が思わしくないらしい

母の調子は心配だったが、妹が来れば気合いも変わるさ!
ということで事務所の慰安も兼ねて阿蘇への1泊旅行に出た

「見納め」とか「冥途の土産」という話も出てくる
九州のナイアガラと呼ばれる「原尻の滝」にも寄ったのだが
私でもキャンプ帰りに寄ったのが10年程前になる

登山とキャンプによく出掛けていた頃は子を持つ前
その頃の話を道すがら話すも20年前のこと
いつの間にかのことだと笑えない話になる
may との UNIT Anchor は足かけ5年
色んなこと本気で進めて行かないとなぁ~
今あるべきものと、今やっておきたいもの
そつなくこなすには気力体力も必要
ドライバーって割と頭は暇なので色んな事考える
ナビ様のおかげともいう(笑)


阿蘇を草千里方面より一枚
警戒レベルは2で火口への道は断たれていた
20141029c.jpg  

そして阿蘇らしい写真をもう一枚
20141029b.jpg 

ソフトバンクのCM「人生という旅」で登場の「ラピュタの道」にも寄った
雲海が広がる所以の景色はリンク先で見て欲しい
20141029a.jpg



南阿蘇温泉と阿蘇の赤牛のステーキ
クヌギの木をテラス中央に配したロッジに泊った

風に揺られて落ちたドングリが「カツン!」と落ちて
「コロコロ」と屋根板を軽く叩きながら転がってゆく音

晴天の夜空に宇宙の隣人を感じるほどの星の数と煌めき
森を渡る風が低い葉音を集めて滝の響きに聞こえていた


予想通りに妹を迎えた母は弱音を吐かずに歩いた
そういえば「老人力」の赤瀬川原平さん、先月末に亡くなられたなぁ~
頑張れ!母よ!
来年の夏にキャンピングカーでの北海道周遊を計画予定
それこそ母の冥途に土産にと尋ねたところの本人のリクエスト
さっそく積立にかかろう!

いやぁ~旅っていいもんす


ゆるキャラ気分なひととき


年の瀬に仕込んでおいたエンドウが収穫期を迎えたようだ
頂いた6本の苗、どれもそのまま成長させた
間引くこともなくってこと

粒が成熟してエンドウ豆とするか
未熟なままサヤエンドウとするか
中をとってスナップとするか
迷っているうちに粒はどんどん大きくなる
 
収穫は、子どもにさせたいんだよねぇ~
なんというか、それでも食育のつもりってやつ
イモヅルのような感動はないにしろ
経験だけさせとけばいつか何かに気付くだろう
そういうスタンス

IMG_0907.jpg 

豆は連作を嫌うと言われているけど
この後は夏にかけて大好物の「ささげ豆」を育てるつもり
なかなか近くのストアに流通しないので
失敗はしたくないんだよなぁ~
プランダー栽培だから土を入れ替えようかなぁ~

風が無く穏やかに晴れた午前
干した布団から既にお日様の香りがする
今ね
ゆるキャラな気分なんですよ



テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

妻が30数年の歳月をかけたもの


消費税増税前といっても買いだめはしない
が、
子どもらがトランポリンにしてしまい凹んでしまったソファー
凹んだ部分にクッションを埋めるようにあてている状態で
この機会に買い替えようと動いた

ソファーのような家具はネットでは買えない
座り心地、これは実際に座らないと分からない
一番大切な部分なので端折れないってわけ

連休初日に今どきの家族のように
イケヤとコストコをセットにしてまわった
・・・残念だが巡り会えず

それで連休終日にご当地の家具屋をまわった
その中に輸入&アンティーク家具屋があった
正直に言うと本当は寄りたくない
ソファークラスだと100万って値段も軽くだから、、
子ども達からその家具を守るために神経をすり減らす
そんなの <(_ _)> なのだ

140325a.jpg

先にタネ明かしのようにライティングビューローの写真
妻が30数年の歳月をかけてやっとようやく巡り会えたという
完全な殺し文句に何も言えなくなる私

イギリスのアンティークで綺麗にリペアもしてある
お値段は公開しない
買ったことも後悔しない
心だけ航海して彷徨える旅人って感じ

はいはぁ~い、オヤジギャグで申し訳ない


ということでソファーは増税後になりそう
「次は大川まで行くしかないかぁ~」

春の筑後川の土手を有明海に向かって下ってゆく
北原白秋で有名な柳川の手前
福岡県一の家具の生産拠点「大川」

既に頭の中は柳川名物の鰻の「せいろ蒸し」しかないのだが
久しぶりに行きたい店も決まっているのだが
ソファーのお値段によっては
そんなムードになれないかもしれない
そう思うのであります





テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

鼻息荒くROSSY遠吠えするなり


福岡は気温20度まで上がって
予報通りだとバイクで残る書類を提出に行った

140317a.jpg

原チャリの制限速度30km/hはうなづける
この速度だと景色を十分に楽しめながら走れる
そう、チャリ感覚で走行できるのだ

けして
G免許、3ケ月で点数が戻るからとかいう理由ではない
18千円は納期限ギリギリの今日支払った



ついでなのでコースに久留米市役所の20階展望台を入れた
眺めがよく南へと向かう新幹線が爽やかに感じた

140317f.jpg


2階にアートスペースがあるのを知って寄った
・・・驚いた 


彫刻家『船越桂』の彫像が2体も置かれていた
この作風を見れば、一度は書籍等で見たことがあるだろう
 
140317b.jpg 

『深い水の内側』1992年製作
寄贈者:株式会社筑邦銀行

140317c.jpg 

『午後の青』1992年製作
寄贈者:株式会社筑邦銀行

140317d.jpg 

本物は初めてでその存在感は他に類をみない
透き通る生命感にハイセンスな美しさを感じる

「作品は作家によって作られるが、芸術あるいは傑作は自分で生まれる。
芸術家は、芸術を目指すもので、作品がいつも芸術とは限らない。」

桂氏の散文詩のスタイルは私も好きで使っているのだが
内容の素晴らしさには及ばず、気分だけで「ありぃ?のまま、、」ってところ



その奥に、これまた存在感の強い作品があった

倉田雲平 胸像』1954年製作・未完
高村光太郎
寄託者:月星化成株式会社

た・たかむら・・こ・う・た・ろ・う

あの「道程」、あの「智恵子抄」、のである

窓からの光でシルエットだったその胸像は近づくと
粗削りなタッチのせいか、みなぎる力強さ
『未完』ということだが、これで作品だと言われても十分すぎる造形


どうして未完になってしまったのか、、
倉田雲平の素性を読みながら想像するか
光太郎71歳、肺結核で死去する2年前を想像するか

私の未完(sample)なら腐るほどある
・・・なぜにここで自分の事を登場させるのか?
ま、いいではないかぁ~

140317e.jpg

しかし
2階の奥、ひっそりとして見張るものも居ないこの場所
まるで空きテナントのようなスペース
ポール・パーテーションすら施されておらず
誰かのいたずらという災難も起きかねない
そんな場所に放っておくようにあるのは耐えがたい

この「寄託」=「預かりもの」がこのようでいいのか?
久留米には石橋美術館がある
しかるべき場所でしかるべき状態にあるべき品
そう思えて仕方がない


で、
期せずして素晴らしい彫像に出会えた
何事も動いてみなければ出会う事はない

帰り道に筑後川の川辺に下りて一服
「やるぞぉ~
鼻息荒くROSSY遠吠えするなり


テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

チェブラーシカに癒されたのよ



「ピカルの定理」の「テブラーシカ」で有名になった
「チェブラーシカ」


旅の土産は何がいいかと聞かれたら
必ず「旅するチェブラーシカ」のストラップを頼む
ご当地でしか売られていないもので
ネット販でも入手できるのだが、あえて、、

だが
先日、名古屋に行っていた長男が入手したのは
身長10cm程の金のシャチホコを抱えたぬいぐるみ

こんな大きなものを、例えば車のミラーに下げる趣味はなく
仕方がないので書斎のスタンドの柄にクリップで挟んで留めていた

140315a.jpg 

シャイでナイーブなチェブラーシカ
共感を覚えつつ仲間気分で話しかけても
よそ見をしてちゃ会話は成立しない

だが見て欲しい

私が帰り着いて部屋の扉を開けるとそこに
「お・か・え・り・・・」と
まるで話しかけているように視線が合う瞬間がある

・・・可愛い・・・可愛い奴なのだ

長男よ!私はこの子に癒されているよ!

140315b.jpg 


さて
私が「チェブラーシカ」が好きであるということを
妻が友人に話していたようで
その友人がわざわざ贈ってくれたもの

「マトリョーシカ」のウッド・クリップ



どちらが間違えたのかは問題にしない
「ベタに、らしい顔つきが気に入ったよ!そう伝えといてくれよ!」
嘘じゃなく、そぉ~いうのが好きさ

140315c.jpg 

よそ見のチェーブラーシカに、こちらはちょっと上目遣い
なんというか、、、萠え仕草というよりは、、、
「あたし、知ってるんだからぁ~」的に
なんだか落ち着かない気分になりそう
そう感じる自分自身に問題がある気がする



そういえばシンガポールに行った友人からの土産もあった
マーライオンの灰皿

子ども達はカッコイイと絶賛

壁に絵皿を飾っても、灰皿は飾らないだろう
部屋での煙草は止めてしまっていて
こいつをベランダに置くには勿体ない
ピック入れにでもしようかなぁ~

140315d.jpg 

あ、土産物話になってしまったが
要するに今年はチェブラーシカに癒された季節労働がようやく終わった
・・・それだけの話なのです




テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

次のステップはお笑いタレントとか、、


先週の事、抜けるような青空に風が強い日だった

明日は卒業式というママ友の御嬢さんの引っ越し
ソファーベッドと冷蔵庫は車に積めないということで出動
分解をしたので組立時にも出動命令が下る予定

こんなに眺めの良い場所を楽しむ時間があったのか
難関の国家試験を通過して次のステップにも見事に合格した
学費の期間が延びたとぼやきながら嬉しそうな母
小柄で可愛い顔立ちからは想像できない娘なのだが
相当な根性を持っているんだろう

私も何か、次のステップとやらを考えようか

140313a.jpg

さて、ようやく季節労働から解放されるのも間近になり
マジかよぉ~マジだよぉ~

私に吹く風は冷たすぎる


早咲きの桜があちらこちらで見頃を迎え
母の爪は土筆の袴取りのアクで真っ黒け

消費税が上がる前にソファーとデジカメを買い替えたい
つい数日前に十数年ぶりに切られた反則切符が18千円
納期限までに納めないといけない

でもその前に、まずはお家に帰るぞぉ~
親父ギャグでみんなを困った顔にさせるぞぉ~


テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記