FC2ブログ

ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

07月« 2019年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

還暦前にやっておくことプロジェクトな気分


あれっ?一か月更新しなくてもCMが出てきませんね
あー、ケツを叩く奴が居ない寂しさか・・・


3月末、、
町役の宮総代は会計が痴呆がかかっているようだと投げ込まれ
前年度の証憑整理に帳簿から総会資料の作成までを引き受け
その流れで本年度の会計になり口座名義の書換等
4月はひどく忙しかった
 

今年の大型連休は9日間に渡り長崎県を車泊で放浪し
戦争や炭鉱遺構・カトリック教会巡り・亡き父の里である佐世保の用事
帰宅困難者になる恐れもあったが妻は無事に入れてくれました
いがった、、走行距離1100km


190506a.jpg
出発に作った寝床はずっとそのまま
天井のネットは便利で三菱Dionの時のオプションが復活
190506b.jpg
バタフライ・テーブルのクーラーが超便利
サンプル録りのギターはIbanezのガット

9日間、日の出とともに起きていると完全に生活時間が変わり
5月も半ば過ぎだというのに朝の早い毎日です
あ、旅行の写真は割愛します

さて、音活の話です


UNIT door は菖月さんの事情があって活動を休止中・・・

Silly池田 との新UNIT hiyori は無事に「春二番コンサート」を終え
190330-Hino5s.jpg
連休明けにユニドのベースでもあるBass中園が加わりました
私も通り名を「Rossy高田」にしました

5月に2本のライブ出演をしました
190512-BerryBar.jpg 
5/12,北九州市の黒崎の「Berry'sBar弾き語りライブ」solo

190519-RBMCafe-hiyoori1s.jpg
5/19,福岡の天神の「RBM Cafe Live」hiyori

hiyori もしかしたら名前を変えるかもですが
3Pでの初ライブ(30分6曲)を演って
これならライブやフェス等への参加もゆける感触を得て
出来ればキーボやドラムを入れたバンドにしたい

とりあえずGGBに次いでKGBをやるつもり
そう、幼稚ですが私、GuitarからKeyboardに代えての構成
私の腕前では歌いながらではテンポもそこそこまで
それでピックアップすると8曲はある
 
Silly池田、ギターテクはもち私より断然上手い
加えてコーラスを入れるのが上手く、声質も私と統合がとれる
Bass中園、ハードロックで若い頃は過ごすも
今はジャズやボッサなどでウッドベースをこなす
これに予定が合えばカフォンをセンス良く叩く川路さんがいる
皆、私のオリジナル曲に創作的にパートを入れてくれる
めっちゃいい環境ですよね

既にライブ出演のオファーをかけて頂く連絡を入れた
「還暦前にやっておくこと」
なんかどこかの書籍みたいなタイトルを自身でつけながら
Rossy高田、、頑張るっきゃない!

みんな、見捨てないでねぇぇぇ~


 

春は心の枠を 甘くするわ ご用心(笑)


繁忙期を無事に終え、母の里帰りに1週間出掛けていた
姉が亡くなって一人飛行機で送り出すには本人兄弟共にままならず
ひと月ほど遅れで線香をあげさせてやれた
これで母は11人兄弟の一番上になったのを理解しているか怪しい
母の里は岐阜県で、旅行を兼ねた走行距離は2500kmほどになった

私らが車で付き合った最後は25年も前で父も生きていた
当時34歳、従兄弟の姿も随分と変わっていて
当然ながら私もそういう言われ方に甘んずるしかなかった
生きて元気な間に九州に来なよと声をかけたが
母がこんな状態なので里に不幸事があればこちらからかも、、
そういう頃になったということ(笑)



190316-WesOM-Rie1s.jpg 

3/30甘木公園開催の「春二番コンサート」はデュオになった
ユニット名は「日和(ひより)」G&V2本仕立てになる
春の三部作に1作を加えたオリジナル4曲を演ることにし
3/16WesternOMでお試しの初ステージを踏んだ

真面目な相方は間に合わせようと頑張ってくれてて
参考音源をCDで渡して僅か1週間にしてはという出来栄え
ハモりで歌う気持ちよさに酔うのも嬉しいのだが
明日の本番はリハなしでしかも職場から駆けつけてくれる
無理押しも旧友ならではの甘えようと私をたしなめる
出来栄え如何より、ひたすら、ありがとう・・・



今年の仕事は異常なほど速かった
家事サポートを三男がしっかりとやってくれたおかげ
中断しない仕事の効率の素晴らしさを実感した
臨時収入もあったので小遣いははずもう

・・・で、来年度に向けて心は怪しく動いているのに気付く
なかなか積み重ねが出来ない性質がむずむずと湧いてくる感じ
何だろう?・・・今ははっきりとしていない

春は心の枠を 甘くするわ ご用心♪
ってことで


旧友とのユニット活動も始まる


ユニドの面子とのスケが合わず
3/30の「春二番コンサート2019」はソロでの出番になった

一人では寂しいと一緒に出来そうな面子を考えていたところ
某所に来ていたベーシストに声を掛けたが丁重に断られる
同じステージの別のバンドに既に予約済みというわけ

そういえば・・・
忘年会でユニアンの Sillly が中学の同窓会でデュオをすると話した
彼は足の悪い母を抱えていて、遠慮もあり誘いだせなかったが
その席上で「また演りたい」という言葉を聞いていた

ダメ元で打診すると即答でOKがとれた
「二人でステージに立つのは高校の文化祭以来だね」とSilly
「というか、それしかないよね!」とRossy
「今回のステージ後もまた演る?」「いいねぇ~!」
話は決まった

先日、Westernにて結成式と打合せをした
ユニアンで年イチ程度はホムスタ気ままなセッションしている二人なので
気持ちを合わせるのに時間はいらない長年のコンビ感
繁忙期な私は参考音源をCDにして送る約束をした

次回はWesternでPA通しの練習後に、当日の本ステージという段取り
どうなるかなぁ~



190303-FC2-1.jpg 

2月のWesternオープンマイクは2人の助っ人を迎えた
Santanaのジャンベ・サポートのお礼にと元プロのギターリスト
「ギターフォン」というリメイクのカフォン制作を手掛ける方
どちらも今回のエントリーで、そのついでにとお願いした

4曲全部をオリジナルで持ってくるも立派にこなしてくれる
ほぼ音源と楽譜を渡しただけ、、流石です💦



新譜に「明日を迎えて」が加わった
2011年の音活再開時に出来ていた曲のリメイクで
ポップなリフを弾いていたらぴったしと気分も一緒にあてはまった
サビ部分だけは変らずで歌詞はノリで少し書き換えた
・・・そういう出来かたもあるんですよね


来年度は(繁忙期明けで4月がスタートなので、、)はフェスに出る!
ユニドに、旧友とのユニット、、名前は思案中・・・
ユニドのピアノ菖月さんは屋外と電ピは辞退ということで
現在、そのあたりが大丈夫な娘と打診調整中・・・

末の子が大学生となるので私の子育て期は無事に終了した
ホムスタでの音出しも遠慮する必要もなく
しっかり美味しく食べさせて育てる私なりの食育も終わった

そういえばつい最近、車を買替えた
ハイブリットやキーレスの感覚になれるまでまだまだかかりそう
シートアレンジは素晴らしくラウンジ気分
ギターを積んで放浪し、サンプルを録ったり、詞を書いたり
気ままな音活の旅を夢みつつ・・・

繁忙期も残り2週間、今からが本気の地獄、、
これでCMは出ないので安心(笑)
さっ、仕事に戻ります

では、来年度にお会いしましょう!


実感で得たものを見失わずに


チコちゃんが云った
「大人になると1年が速くなるのはなぜ?」と
その答えは「ときめきが少なくなるから」らしい
とすると
この1月は忙しくも十分に時間を感じた
良いことなんだろう


今年のユニドが始まった
最初のWesternOMのステージはめろめろだった
それぞれの力量を過信したからではなく
バンマスの私が用意すべきことが出来なかったから
反省はそれに尽きた

ユニドは今年からドラムスを入れたインストを加えた
私がギターからドラムスにという編成
最初の課題は菖月さんお気に入りの「アンパンマン・マーチ」
事前の練習で違和感を感じながら放置
オリジナル新譜のギターパートのアレンジに時間を使った

渋い思いでOM翌日に原因を探るべくCubaseを立ち上げた
原曲を右、MIDIドラムを左に割り当て同期させて入力する
のっけから汗・・・
出だしドラムの2拍3連を8・8・4分で理解していた大バカ者
腕も無いのに知っているよ演れるよの横着さが露見した

やはり正確な楽譜を準備して演奏すること
頭で理解もしてもいないものは無理ってこと
既に2曲目「渡る世間に鬼ばかり」も決まっていたので着手
同様の手順で自分が叩けるドラム譜を入力してゆく

少ない練習時間をお互いの演奏調整に充てるには
年末に記したように楽譜と参考音源の配布
これを怠っては皆の腕を台無しにしてしまう
しかと胸に留めたい

190119-WesOM-Rie-s.jpg 

CMが出て慌てて記事を更新しているわけですが、、(笑)

1月は歩いて10分強の「歌麿」でOMが始まり参加
オールセッションで演りたいものが代わるがわる
私は歌わずにへなちょこドラムス&カフォンを叩いてました
ハコバンのオールドカントリーは2か4ビートにシャッフル
8ビートはなんとかですが16ビートは追い付かない(汗)
「小さな菜園」ではジャンベを、「歌麿」ではドラムスを
そういう機会を得ています

いつかは野外音楽堂での話が舞い込んできました
3/30(土)、may在住地、甘木(丸山)公園、昔から桜の名所です
ユニドは面子の予定が合わずにソロでの参加ですが
まだまだ時間があるのでどうするかは楽しみながら考えたい
昨年から歌ってきた春の歌を数曲持っていると組立もイメージしやすい

190330-Amagi.jpg
<どこかのネットから拾った参考写真です>


「帰郷(ヒバリよ鳴け)」にメロがのった
久しぶりの純フォークな曲調で歌いやすい
が、5分半の弾き語りになっていた
スケ的にも客層的にも「小さな菜園」がお披露目になりそう
耐えれるかなぁ、、短くしようかなぁ、、
(笑)

実感で得たものを見失わずに進む1年にしたい

では、、では、、



今年の総括です


12月上旬に風邪をひいてしまい
Eric忘年会は妻の出禁でそうだよなと涙をのんだ
その後は立ち直りが悪い中で仕事に宮総代に大掃除と追われ
あわよくばで足を運びたかった多くを諦め
それでも12/29「古処」のラスト・オープンマイクには出席できた
今夜は22時より3時まで日吉神社で宮総代のお仕事です

181231.jpg 

さて今年を総括します

ホムペの[BIOGRAPHY]の記録総数は118件に及んだ
今年より練習、購入、出番、観戦と全ての音活記録を記している
これに毎週水曜日のカントリーのハコバンを入れると凄すぎるし
通いのウエスタンでお茶がてら試作品を録る日を入れると
妻が言うように「部活」とも言えるかもです

今年の最大の変化はやはり UNIT door の結成だろう
12月にはサポート位置にいたカフォン川路さんが正式メンになった
Guitar+Piano+Bass+Kajon 立派なバンド体制です

基本的に月イチの練習に出番が2つ程度
家内安全と自身の方向性を重ね合わせた活動
来年からは槇原敬之以外のカバーやインスト物も入れる
色んなものをとりこみながら胸ワクな更なる成長をしたい
試みを常に入れながら実験的にも冒険的にもゆきたい

選曲の半数以上は私のオリジナル曲になる
月イチの練習ではそう簡単に増やせないところだが
本当にメンバーに恵まれたと思えるのは
それぞれがちゃんと曲に向き合ってくれてること
感謝と感動です

p菖月さんの手書きの楽譜や、イメージを膨らませたアイディア
b中園くんの曲想をしっかり捉えたラインに、希望した冒険色も形に
k川路さんの戦略的に構成を考え、曲の色気を練った叩き方
これは腕前に支えられただけの問題ではなく
それぞれが大事な時間を費やしてくれているということ
だから練習は全体的な調整の時間で済む素晴らしさ
それって凄くないですか?

私は最初の楽譜をきちんと作ること
必ず音源を録ってそれぞれに配布すること
その楽譜や音源で上手に調和をしてくれる


恵まれたメンバーとどの程度の時間を過ごせるか
それぞれの事情を受け入れる無理のない活動にしながら
留めておく魅力ある楽曲を作り
まぁ~数段ジャンプ的に歌が上手くなりたい!
そう思う大晦日です

ライブ出演の話もそこそこ入り始め
来年は意中の審査ありなフェスへの参加を果たしたい
私の人生時間的に思い出作りのような気配もあるのですが
末の子が大学生になり子育て終了の来年の春
繁忙期を明けた私の行方
皆さまには暖かく見守って下さることを願います

では、良いお年を、、



ギターの音出しがよくやく決まりましたよ(笑)


さぁて師走も半ば、私は繁忙期に入ってます
例年通りに思い出しつつのプログラミングも無事に終え
区役の宮総代の年末年始の数多い出事もこなしつつ
三つ巴のバランスを維持しながら年を明けるのですが

妻曰く
「来年は前厄で今年みたいにはゆかないからね」
・・・なんとう恐ろしいことを、、平気で、、💦

発表会を終えたピアノの菖月さんが無事にユニドに合流!
忘年会での話でユニアンの Silly も来年には合流か?
助っ人でカフォンを叩く Kawaji さんは常メンになるか?
ユニアンの may はいったい何している!?
来年のユニドはどうなるのでしょうか・・・
妻の一言を背負いながら来年の展望を描く私です


< 2018/12/15 Western OM >
 181215-WesOM-Rie1s.jpg 

ギターの出し音に随分と迷いながらきていましたが
ギター(Morris F-02RS)に
サウンドホールピックアップ(ARTEC WSH12-MP-OSJ)を付け
アンプ(YAMAHA THR10)で音を出す
上の写真はMAX出力でアンプもPAも通さず
今のところこれをスタートにした

コンプもコーラスもリバームもかける重装備感
でもこれでアルペジオもストロークもボリューム調整いらずで弾ける
コンプの威力って凄すぎ!
癖になりそうな音ですが、もう少し落ち着いた音も作らないと
GSサウンドじゃないですから、、(笑)
賢者な方、教えを乞います💦

< THR10 の セット状態 >
Rainy_Day.png

今まではカバーは槇原敬之のみのスタンスでしたが
他の方のカバーもしてゆくことにしました
で、来年にはエレキを握ることになるかもです

誰の何を?・・・は、その時の報告をお待ち下さい
基本的に菖月さんが私の声質より選んでくれてて
自分ではチューリップ「一人の部屋」を菖月さん不在時用に練習
未だ披露していません



今年の総括と来年の抱負についてはまた

でわぁ


秋は新曲を抱えて勢いが増してしまった(笑)



前回の報告からすると1ケ月強ですね
一日に出演に観戦とダブルにトリプルいう日もあり
音活三昧という言葉に「よかねぇ~」の妻
どこでも行くよ Rossy は な秋でした


とにかく秋の新曲を4つも抱えることができ
概ねどの曲も癖が柔らかで自分的にも歌いやすい
ストロークにも慣れてきて歯切れがいい
更にカフォンのサポートが最近ついてくれている


そんなところですが
唯一「さよならは私から」はスローで内容も「不倫を断ち切る」という女歌
妻から「今どきはそんな歌は流行らない」などと云われ
それでも出来たものは出来たものと抵抗
やはり妻帯者はそのようなものは誤解を生むと思ってかなぁ~
家内安全は祈願しているので大丈夫と宮総代は思うのである


2018/10/21 LiveCafe Eric Live
有料ライブものとして30分枠で出演
181021-Eric-Rossy1s.jpg 

2018/10/28 くるめ日曜市路上音楽祭
自分の演奏が終わっておもむろにカフォンを叩いてる図
181028-KurumeYouTube1.jpg

2018/11/03 道の駅おおき「秋の実り収穫祭」
長男と歳の変わらない瑞穂ちゃんを連れて参加
181103-おおき-fb1 

2018/11/04 CWHideaway 「2018AmericanMusicFestival」
暗いけど、、ドラムスだよぉ~(笑)
181104-WC-理恵1s 

2018/11/17 Western OpenMIC
UNIT door with Kawaji
181117-WesOM-Rie1s.jpg

まだまだ月末までに2本の出番を予定、フリー系ですが、、

来月はピアノの菖月さんが発表会を終えて2ケ月ぶりにユニドに合流
寂しかったよ!と抱き着いたら絶対にセクハラ(笑)

忘年会を兼ねた発表会もあり、酒の入れ過ぎで友は失いたくはない(笑)
既に泊りがけを決めていることを理由にはしたくない(漠)

クリスマスソングに「JingleBellRock」を練習中・・・
自分の「メリークリスマス」を演るかは思案中・・・
11/22の「いい夫婦」のイベントは計画中・・・
大掃除や年賀状の計画は逃避中・・・
-ing であることはいいことだ!


今年中に再度参加したいオープンマイクもある
年内リベンジ的なところだが確保できるか?

変化大な2018の締めくくりの課題はノーミス
これに尽きる


でわぁ~


今年の作曲は秋になっちゃいました


10月も半ばで流石に半そででは無理無理になりましたね

ユニドは順調に曲目を増やしています
春までには3メン・ステージぐらいの時間を演れる数になる予定
ようやくチラシ系の出番のお誘いに対応できそうです
歌唱力、、なんとかしなくちゃ、、💦

オリジナルの評価も上々で頂いてはいるのですが
ギターを除くプレイヤーの評価は高く💦
個々にお客より声をかけてもらう姿を見ながら
とりあえず歌えるのは私だけと細々と存在の意味を定義しながら
二人とも楽しく演っているようなので嬉しいところです

181014-fc21.jpg
<180915 Western オープンマイク>

 181014-fc22.jpg  
<180929 古処 オープンマイク>

今まではなかなかギター・ストロークでの作曲はしなかったのですが
今年の秋は昨年の歌詞だけにメロをのせていて
「ワンルーム・ワンハート」
「インディゴブルー」
「幸せの一番星」
ユニドでのカバー曲バッキングの効果がオリジナルにという感じ
曲想もすっきりとポップな感じになりつつある

こうなるとジャズギターではどこか違和感があり
アコギはピックアップが無いのでマイクで拾うも
お店にセッティングの手間をかけさせているのも申し訳なく
かといって今のギターぐらいに穴を開ける気にもならず
実用的で扱いやすいギターが欲しいと考えている


そういえば・・・
ユニドの二人にいつ見放されるかという危機感もあり((笑))
ソロ活動は並行して行っている
活動履歴はホムペに譲る
北九州市やら、宗像市やら、、来月は大木町もある
あ、とうとうドラムのライブ・デビューもありまし💦


もひとつ、そういえば・・・
通いのウエスタンにクラシックギターの達人級が出入りしてて
コーヒーを飲みながら目前で聴かせて頂いている
そのために私の和音構成にも影響が出つつあると思う
もちろんあのような弾ける技はなし
あくまでも響きだけの世界の話、、
形になって皆さんにお届けできればいいなぁ~
素人は勘違いの世界でも遊べれるのです
(笑)


では、おあとがよろしいようで、、







9月になったので「夏の終わりに」聴いちゃいます!


9月になりましたね

UNIT door はなんとかドライブモードに入った感じで
ユニット活動を順調にすすめる基盤を得た感じです

槇原敬之に限定したカバーと私のオリジナルを半々での中
この若い二人に後にやって良かったと思って欲しい
私が思い描くものをミックスさせながら常に考えている

幸運にも二人はそれぞれのイメージを持ってくれて
調和を考えながら自分のパートの編曲を積極的に出してくれる
その「考える」が後の大きな力にはなるだろう
いや、既に持ち合わせたスキルに寄り掛かった感じなら
私の天邪鬼な注文に応えることで新たに何かをつかんで欲しい
そして私に感じさせ教えても欲しい

180903-blog1.jpg

外活動のきっかけを得に初めて行ったライブハウス
May と一緒に出掛けた2013/8/23「Soul Weaving」
今年の8月にラストライブとなった
 あれから既に5年が経過するのかぁ~💦

バンマスのせいぼうさんの影響もあり私はドラムを叩いている
4Pの演奏に4Pのヴォーカルは未だにバンド最高位のまま
惜しんでも仕方がないがやはり残念でならない

4Pのヴォーカルそれぞれに別活動も持っていたので
合同企画時にサプライズなアカペラ歌い合わせもあるだろう
4Pの演奏は再結成しかないのだが
せいぼうさんのドラムは Duck Soup になるか、、

180903-blog2.jpg 

オリジナルをそこそこの数持っていて披露もするのだが
CDを出していないかの次に多いコメントはコンテストへの挑戦💦

近郊の久留米市には「くるおん」がライブチェレンジを行っていて
最初はここかと見学にも行くのだが
出演者VS自分の歌唱力と演奏力を考えるとヒッキーになる(笑)

妻への約束をオープンマイクでとは考えていないし
妻もそういうので音活条件の外活動とは認めないだろう
溜息を洩らし冷や汗をかきながら5年が経った

ここ1年のウエスタン通いのおかげで生音に相当触れ
プロの現場で活躍されたおじさま方のレクチャーも受け
精進しているギターも苦手だったフォーク弦にも慣れてきて
技術的には亀足ながらそれなりの向上はしている

歌唱力はままならないが歌う感触は得ているし
一人ではなかなか様にならないところだがユニットを持てた
そのユニット活動のおかげで人前はソロでも平常心になれた

年内は無理としても来年にはチェレンジだけはしてみたい

180903-blog3.jpg 



お盆が終わってからの2週間で歌詞のままの作品に着手した
「最後のレース」「サイドシート」「動いた時間」「インディゴブルー」
今のところこの4つにメロがのった

「最後のレース」は女歌(母歌)なのだが May からの音沙汰はない
盆前にあんまりだと生存確認のメールをして返事だけは返ってきて安心はした
義母の初盆も終わり永さゆえの大きく変わった生活に慣れたか
心の変化もあるだろうと思いながら待ち続けるかどうか

2014年YouTube発表の「夏の終わりに」(16才の夏)



今週末は久しぶりに「音楽酒場ブギ」のオープンマイク
ソロでの出番で何をしようかと考える
数日前に右中指の爪を炊事中に引っかけて折ってしまった
フィンガーでは悲しい音なのでストローク系になるか💦

その次の日は「R'sCafe」の歌う会でユニド2P
「観覧車」のユニドVerは前後奏の編曲をピアノの菖月さんに委ねた
間に合えば現場打合せだけで披露になる
お互いの呼吸合わせもユニド経験値で乗り切れるか‼

日曜日はユニド3Pでの練習、頑張るぞぉ~!でゆこう!


でわぁでわぁ、、


駆け抜けるように7月は過ぎた


7月は駆け抜けました

2018/0718『てるプレゼンツライブ in Deja-vu』
パナマ帽を次男より取り上げて夏のステージ衣装にした(笑)
180708-Teru1.jpg


2018/07/10 『Eric』OM
いきなりピアノサポを頼まれてあたふたした💦
180711-Eric.jpg 

2018/07/15 『Miya-Jic』テントステージ
残念なことに2日連続は果たせなかった
180715-YouTube.jpg  

2018/07/28 『筥崎宮・夏越し祭り』 StreetStyleLive
人波の凄い時間帯でオケをバックに弾き語った
180728-Hako-Adu3s.jpg 

2018/08/04 『R'sCafe』OM
3人の中心地にあって色んな条件が揃っている店
この日はカフォンのサポートをつけて演った
180804-RsCafe.jpg 

毎週末ごとに出番を持った初夏
その準備などでなんとサンプル制作ゼロの月を始めて作った
繁忙期でも数個は録っていたので自分でも驚く

どれもスタイルが違っていて
筥崎宮でのオケで弾き語るために音源のREMIXをスマホに入れた
2度Westernでテスト録音をして音の出を確かめてバランスを図った
全体リバーブを消して大型スピーカーが得意な低音も落とした
定位を明確にするために似た者(周波数)同志を離した

UNIT はとりあえず4曲20分演奏まではいつでもになった
これからはカバー1オリジナル1の2曲セットで増やしてゆく予定
飽きないための面白味を持たせた程よい変化は必要だろう

スローな曲ほど呼吸を合わせるのに大変なのも分かった
伴奏楽器としてのギターとピアノの役割分担ってのもある

組み立ても歌いながら初心者級の腕前の私に出来ることは少ない
CCBじゃないけどドラムを叩きながら歌う手も考える



180805b.jpg

昨日は嘉麻織田廣喜美術館「嘉飯山の画家たち展 」を尋ねた
次の予定の場所は企画モノがあっていて寄れなかった

絵画観賞で別世界の気分になった風景を走りながら
思い出した峠の小屋でソフトクリームを食べた
妊婦を連れた若い夫婦が入ってきて
生まれた子を連れて遊べる場所の下見ドライブかと予測する
今が一番幸せが、これから何度も訪れて欲しいと願う

森林公園の入り口に設けられた駐車場
下界と6度近く気温が下がり、木々を抜ける風もある
遅い午後の日差しも柔らかくなっていて過ごしやすいと車を停めた

木漏れ日の中で苔むしたベンチでこれからを考え
気ままな創作者の気分を味わうべくギターを出す
録音機を傍らに置いてストローク曲のつかみを録る
アコギのシャンシャンとした音に交らせて
歌詞には辿り着かない言葉で歌ってみる

そういうこと、するのが好きな Rossy 世界で安心する

180805a.jpg 


ということで

暑さ寒さも彼岸まで、、お盆までにはしてくれないでしょうねぇ~
夏の子供レクを失くしてから急に暑さには弱くなった Rossy です
💦


UNIT door は始動しています


UNIT door は動き始めました

ピアノ菖月さんの強い推しで始めた初めてのカバー
1991年に世に名前が知れた槇原敬之の歌
「最初に歌声を聞いた時に、はっきりイメージできました」
疑い深いオジサンになりかけている私をよそに
あんまし真剣にいうのでその気になってしまった💦

槇原敬之は私が30歳の年のデビューになるわけだから
同世代から「若い人の歌」と言われるのも仕方がないかも、、

「Love Letter」「どんなときも」「君は僕の宝物」
マッキーの歌は1番を覚えれば2番以降も歌えるものではなく
字数や独特の節回しもみんな覚えなくちゃいけない💦

歌ってみると「声質にあってますね」とも、
今朝は「少年ぽくて可愛い感じの歌い方」とも言われ、
菖月さんが私のターニングポイントになる感触があります

もちろん同じ数のオリジナル作品も入れながら
その辺りはRossyワールド全開でゆきますし
どんなシーンにも演れるユニットにするつもりです

みな、捨てないでねぇ~(笑)

180714-Wes-door練習ss 

いよいよアラカンの感触が全身を襲う頃になり
突っかかったら踏みとどまれないよた足を感じます💦

ということで、オリジナル作品も出し惜しみしません
勝手にワンマンライブのようなフリーマイクになろうが遠慮はなく
悪評好評すべてを受け入れながら次の一手を考えます

進化は存続をかけたそれぞれの命の道

サソリモドキのように他の姿を借りるもよし
ダチョウのように翼をたたみ足を鍛えて走るもよし
オオサンショウウオのように不要な目を退化させる進化もあるさ

私はどのような進化が出来るか?
遺伝子組み換えのような恥知らずな進化は御免だぁ
神を冒涜はしない

悪評もそこに私がいるという存在を明示している
話にもならないとか、気を遣わせた好評よりもいいさ
「在る」このと大切さをもう一度胸に
いつかは尽きる命の周りに花束を添えてやりたい

180629-Kandore-Ira-ss.jpg


今年の「ミヤジック」も無事に一日だったがやり終えた
私の夏の始まりは、吹きだす汗が止まらない感じで
めいっぱいの水分を補給しながら駆け抜けるさ

「走りすぎてバテないよう、時に休憩しながら頑張ってください。 」
May からのメッセですね
よくご存じで、、

でわぁ



サポートにユニット活動な日々


先更新が4/3と随分のご無沙汰となりました
ということは2ケ月半もあけていたんですね

元気です

活動の記録はホムペにて確認いただけるとして
一番大きな出来事と言えば

買っちゃったんですジャズギター


E.Guitar.HollowBody : Ibaniz AFC125-BKF 

スチール弦はすぐに指が痛い痛いしちゃうと避けてきたのですが
 なんとか慣れるものですね。


活動ですが、最近はよく他の方と組んでいます
ギターサポートやユニットです

Luca with Rossy
180423-studio106-2.jpg 

さくらかずは with Rossy
180616-理恵3
 
UNIT door
菖月とのUNIT
180616-理恵2

UNIT Pisces Slang
山本サンタナとの 1 day UNIT
180618-PiscesSlang-森中 

フレディー隈本とハッピーカウボーイズ
180613-HCB.jpg

「小さな菜園」の500円コンサートでは毎度ジェンベを叩いていますし
「ウエスタン」の水曜日の夜は、まだクビにならずにドラムス叩いてます



自分のオリジナル曲を理解して一緒に演ろうなんていう方
そんなのいなぁ~い!などと思っていましたが現れるものです

これからはベースの方やドラムス&パーカスにギターという方
これから合流するのですがワクワクドキドキです


昨年からお会いする方に「CDは出していないのか?」
よく尋ねられるようになりました
悪夢のようなミクシングとマスタリング作業を思い出し
CDレベルの音源にすることの難しさを知っていると
なかなかすぐにどうのの話が出来ません

他にも面白くて魅力的なお話も頂いているのですが
それは実現した時にとっておきます


Rossy劇場の変貌、あなたは生き証人になれるか?
大袈裟な、、(爆)
獏、、漠、、


2017年の音活報告


今年を振り返る頃になりました
かかわって頂いた方みなに感謝します

1707ProPhoto.jpg  
遠近コンタクトでグラサンしている Rossy (Miya-Jick)

~昭和に拘った創作活動~

今年はギター弾き語りのどこか昭和や同世代感が香る曲と決め
ホムペでの紹介は歌詞だけも含めると27を数えて凄すぎ!
数年抱えのものもあるが余命宣告でもされたのではと疑う出し数
いえ、いたって本人は元気です(笑)

Rossyワールドは作詞作曲にオリジナリティを最優先
それゆえにポップさが欠けているのではと恐れも多い
実際にJ-Popは音階を綺麗に走る覚えの良いものが強いし
フォークに至っては安定した循環3音コードで安心さが強い
テンション系の響き好きで気分にヒットするまで探す性質
女歌担当の mayからも小難しいと言われることもある
今年は単純にと思いながら脳内解決できず出してしまった
ま、それが Rossyワールドさぁ~

昨年から自分で歌い聞かせて気付いた「歌心」ってやつ
それを感じて今年はメロの単純化修正も多かった
サンプル上がりの原曲はとても癖が強く日本語には厳しい
最小8分音符を小節頭出しでもってくるという方法をとる
それが正しいかは聞き手に委ねられるのが怖くて面白い
なんにしても多少はストレスがかかったほうが楽しめる

歌下手は直らないと諦めてインスト系に走るって方向性
よく勧められてはいるのだが当分は歌詞の縛りでゆきたい
歌詞に関しては mayの推敲を通さないと自信がなく
それで随分と mayに押し付け彼女も頑張って応えてくれた
この27という数の本当の立役者にしみじみ感謝する

171103-DVD3.jpg   
てるさんに紹介を受けるRossy (Deja-vu)

~出演者を果たした外部活動~

春からの創作でギター曲を10ほど揃えることができ
夏は昨年の流れで福岡の各オープンマイクに参加した
宮地岳神社「Miya-Jick」はワンコインながら今年も参加し
秋にはライブ形式としては初めての「てるプレゼンツ」にも参加
ようやく「出演者」としてデビューを果たせた(笑)

晩秋に「秋月ろまん道」フリステで念願の昼出場も果たせ
「芸術の杜、杜の音楽隊」に登録するも年内解散の知らせ
あの屋外ステージにはいちど立ちたかった

度胸はついたものの相変わらずトチるのはどうしてか?
対策をしつつも課題は来年に持ち越し

171201-Wes2a.jpg   
左奥でドラムスを叩くRossy (Western)

~拠点としての「ウエスタン」~

活動期が春から晩秋の私、冬は繁忙期で音活どころではない
春からの作品作り、夏の外活動、秋のYouTube音源製作
そのルールを狂わせる事態が盆過ぎに起きた

自宅から片道10分程度で通えるライブ・カフェ「ウエスタン」
仕事に家事に音活にと三つ巴の私に与えられる時間は少なく
でもここなら一日の終わりの自由時間で十分に間に合う
それで客足も少ない21時から閉店時間の23時まで
それと昼間の仕事や用事を済ませた帰りに立ち寄る夕刻時
皆から皆勤賞って言われ、妻からは部活って笑われる

生ドラムが置いてあるためにデジドラでは味わえない気分
「下手ですけど入っていいですか?」と積極的に叩くようになり
「秋月ろまん道」でジェンベを叩いたのが運命の分かれ道
自宅のカフォンでは味わえない柔らかく太い鳴り音にゾッコン
すぐに購入すると出番の誘いも受けて毎晩ウエスタンに通う
ホムスタはパーカスの生音を許せるほどの防音はない

またここのハコソロであるFreddy隈本さんのドラムに入り
あれよという間にバンド化され面子に加えてくれるという
ベースの方がドラム出身で手取足取り教えてくれて嬉しい
来年の春までには平均的にリムショットを鳴らしたい

出入りされる方のほとんどが私より上でしかもほぼ自由人
お茶をしながら色々な経験や技なども教えて頂いている
耳に辛い話もあるが積まれた経験による話は宝石箱
本当に可愛がって頂けてる環境だと嬉し過ぎ

171224-Wes忘年会7a 
忘年音楽会で弾き語りのRossy (Western)

~アラカンは焦らず走れ!の来年は~

今年は作家的に歌詞の提供も行った
4つ依頼の2つは完成、残り2つも下地だけは済ませている
こうしたコラボ活動は来年も継続したい

季節感のある持ち歌が多く春先から夏にかけて数は揃えた
多分ですが弾き語りで披露できる曲は1時間超えになる
それで来期の活動は春から滞りなく披露できると思う
そこに加えてゆく感じで持ち歌を増やして秋冬ものも揃えたい
もちろんオールシーズンもなのですが、、

作品の中には自分ではとうてい歌えない男歌もあり
見染めていた方から快く引き受けても良いとの返事
嬉しくてすぐにでもオケに着手したいけど春まではお預け

来年は弾き語りの方のドラムサポートからフルアレンジへ
これもまた見染めた方がいるので声を掛けれるかから始まる
編曲の基本は頭に流れるものを正確に出せるかが決め手
弾き語りを聞きながら惜しくてたまらない楽曲があるんですよ

今年の mayとの歌合せはもっぱらカバーをやっていたので
来年はどこかのステージに立って頂こうかと思っている
創作パートナーとは何をしても最終的に創作の肥やしになる

171216-新井忘年会 
少し嫌がる妻とツーショット(Kurume)

~バランスをモットーに総括~

来年にはオープンマイクから表立ったステージへの挑戦
その下地の年と思いながら過ごした一年ではあったのですが
UNIT Anchor はどの港に寄港するのかよく分からない船
その舵を握るのが気の多い Rossy ですのでなおさら
したいことは沢山あるので落とし拾いの連続かも

今年は非常に多くの方と知り合いFB友繋がりも出来た
強者たちからの色々な刺激の中で学び体験も出来た
来年は末の子が最後の受験生で主夫な時間的制約も受けそう
そちらは後がないので取りこぼしなく全うしたい

「集中と選択」、そのようなことを口走るかも、、
仕事、家族、仲間、、バランスよく駆け抜けたいと思っている
より良き音活は他の精神的なストレスを抱えないこと
それぞれのコンセンサスがあってこそ成り立つ

・・・長文に付き合わせて申し訳ない

今宵は may とユニアンの忘年会
最終出番は金曜日のウエスタン、カントリーだぜっ!(笑)


ジャンベを買っちゃいました



先日「秋月ろまん道」のフォークライブで叩いたジャンベ
されている方はジェンベと発音されます
カフォンよりも私好みで忘れられず買っちゃいました
無類のパーカス好きの熱い話にも刺激を受けましたしね

インドネシア産、H:60cm、W:27cm
大きさは中型ですね
WIKIで検索したらほぼこの写真と同じなので
一番スタンダードなやつだと思います

DSC_0096s.jpg

ろまん道には世界の調度品以外に民族系の楽器が置いてあり
チャフチャスもと思いましたが売り切れていました

本場アフリカのリズムを叩きたいからというわけではなく
邪道と言われるかもしれませんが弾き語りのお供にと思っていて
コンテンポラリーな方の動画を見ながら
PA通しで(EQをかまして)表現の多様性も考えています

低音の波動は意外と図太く、高音はカーンと抜けるので
ハコが狭い特に屋内においては普通に叩いても存在がでかく
下手をすればお相手の楽器の邪魔になるかもで
多分ですが指などを使った叩き方が丁度良いのではと思う
そうなるとPA通しの色気もまた出そうですよね

中型なので低中高の叩き分けがしやすい
これより大型はちょっと値が張るし運搬や吊るし演奏には厳しい
素人なりに色々と考えてこれにしました

 
これは私の感じたものなのでパーカス・ファンから怒られるかも
バケツ・パフォーマンスというわけではないので
世界はひとつ的に融合というニュアンスで
ヨロシクです

23日に「ウエスタン」の忘年音楽会でデビューを果たしたいのですが
さぁ~て、受け入れられるかどうか、、
基本的な叩き方をベースに色々と試してみたいと思います

では、、、


『JANUS JNSP7000』 ドラムペダル来る


昨日の朝に注文をかけたのにもう届きました

『 JANUS JNSP7000』

171108-JANUS JNP7000-cat 

171108-JANUS JNP7000-mini


嬉しいけど、、拡張できるらしいけど、、
部品名から覚えなくちゃイミワカです

猫に小判

とりあえずビーターを着けて
スプリングの調整をし、ビーターアングルを変えた

押さえるとフープグラバーに当たってガチャ
これはバスドラにセットしないと具合が分からない

今夜にでもウエスタンに出掛けるか、、
(笑)

バスドラの鳴らし具合がいいと調子が出るってもんだぁ~な
つべこべ言わずに行け!
ハイ・・・




YAMAHA NCX1200R 購入


最近、普通サイズのエレガットが欲しくて物色してたら
ひょんなことで譲り受けすることが出来ました

YAMAHA NCX1200R


>>詳しい説明は[YAMAHA]のウエブまで、、<<

170820-YAMAHA-NCX1200R.jpg 
右手前:Ibanez AEG10NII-TNG 今まで
左奥:YAMAHA NCX1200R これから

ネック幅が普通サイズになり押さえやすくなりました
ハコが大きくなって箱鳴りが身体に伝わります

もう最高です
最高なんでぇぇぇ~す


そして

ガタイのでかい私が少し小さく見えます

少しは威圧感が減るでしょう

子供の友人からは「お前のオヤジ、怖そう!」
などと言われてきましたが
私自身は女性脳多めの癒し系だと思っている

ま、いいか、、


入手前から気付いてはいたのですが
箱鳴りが乏しくてそれをカバーするように弦を弾いてた
要するにかなり汚い音で演奏していたと思う

ですので、これからは大人の音
って公算なのですがどうなるか

楽器のせいで歌も上手くなるといいけどねぇ~



ソロ弾き語りに自信が持てます



立ちスタイルでゴー!


立ちスタイル実行

2017/08/11 ENOTN MIC
20170811-ENOTN.jpg


福岡市中央区赤坂に移転した 『ENOTN Works
月に2度あるオープンマイクにエントリー
念願の立ちスタイルでエレガットの弾き語り
悲しくも保険の楽譜はたぶん永遠に手放せない 

ここの現元スクール生の発表の場として始められ
今は私のような縁もゆかりもない者も主演できる

今、東京で頑張って私も応援中の『森ゆめな』ほか
地元で頑張っている者、今からの者など
その多くは未来を持っていて、オリジナル曲勝負なマイク
私は、俺は、こういうことがしたいんだ的な場

趣味レベルな私は肩身が狭いということもなく
オリジナル全開で持ち歌の女性歌まで披露する
オレは刺激を受けている、オレからも受けてくれ
写真の堂々たる姿、心意気だけで立っているかも




今回はある種の問題点に気付く
緊張で動かない手や指と思っていたが、いやそれもあるが
ウォーミングアップしていないと動かないってこと

考えたら朝起きたら手や指に痺れがあるし
部屋で練習もそこそこ時間をかけて慣らさないとダメ
単純な定番コードを弾くわけでもなく
分数やテンションコードも多くてそこそこ難しい

このステージでも痛々しい音が鳴った
が、今年のロッシーはステージ度胸だけはついて
そして失敗の究明まで辿り着くことができる強さを持った
反省はしても、後悔はしない




今年はギターと決めてからの約4ケ月
そのための楽曲も未発表を含めて10曲を超えて完成
それでこの6/29からの1ケ月半で13回もステージに立てた

煩い程のメールに繁忙期でも身を削りながら応えてくれた
鋭い推敲技で応援してくれた立役者たる may
ようやく繁忙期が明けてくれたので
今日は感謝と慰労をこめて飲み会

心ゆくまで美味しいものを飲んで食べてくれ


本当はぎゅっと抱き締めて分かって欲しい気持ちだが
こんな大男、きゃしゃな may が折れると大変
ふっ、、我慢してやるかぁ~



『お盆』な頃だけに『 Oh! Born! 』な話
生まれたてのロッシーな気持ちなのだ
 
おそまつ



立ちスタイルにするんだっ!


ギター弾き語りを立ちスタイルにしたくて練習中
といっても抱えるのはガットなので
足台でポロンと弾くのが普通かなぁ~とも思う

フォーク弦はすぐに指が痛くなってギブアップ
ストロークは持ち歌のコードが分数含みで複雑だし
なによりも指弾きの4音の響きの方が合ってて好き

私のアコギはひとまわり小さくて
身長やガタイからするとなお小さく見えるだろう

170809a.jpg 


ブログよりもホムペの更新が多くて
ブログで紹介したもの以外もそこそこ出てきた
音源が付いていないので、、というのもある
秋からはフルオケ YouTube 制作かぁ~
どれだけの完成をみるかは不明


ギターでの楽曲はコードブックを捨てている
構成音は頭にあるのでそれで和音を決定する
和音名がないのでギタースタンプで記録をとる
こことここを抑えて「●」、ここがベース「✓」
ここは絶対に鳴らさない「×」という具合
1弦は作曲の邪魔になるのでほとんど鳴らさない


歌詞カードに落とし込む際に和音名は必要で
Arobas Music GuitarPro 6 で和音名を探す
そのダイヤグラム入力は沢山の該当を示す
が、どうも適当なものがない場合もあり
その場合はとりあえず根音を外し
1弦音を追加して1~4のジャラン弾きで探す


あ、作曲法の話ではなかったですね


今年の夏はフェス通い
Miya-Jick、皿倉山MusicFesta2017
先日は Festa do Brasil 2017 としっかり日焼け
秋月ろまんの道でのフリーステージは出る予定
やっぱ昼のライブは好き



そんな夏、楽しくて仕方がない
今年のスイカは安くて美味いしね



ギター弾き語りのセトリを考えてみた

 
現在のガットギターでの弾き語りセトリを考えてみた



20170719ブギ2
<音楽酒場ブギ、エフェクター代わりに YAMAHA THR-10 を足元に>



まず、夏の歌

<初夏>

『夏井ガ浜とハマユウ』

前奏にソロサポートがつく場合の2バージョンにした

<盛夏>

『バスに揺られて』

歌えなかったサビの部分を歌詞ごと入れ替えて良くなった
歌詞中「プール帰りの少女」から夏の歌です

『僕らの時間軸(真夏の章)』

和音進行を見直してヤンソン並みに簡単にしたら弾き語れた

<晩夏から初秋>


『想い出の夏』

分数コードの旨みが消えないように Ab6 で指がつったが頑張る

『夏の終わりに』(16才の夏)
若い女の子の歌だが、構うもんか!物が飛んできてもいいや!
で、指つりコード Dm7b5/G# がひとつ、、練習中・・・


<季節不問>

『あの頃へ』
想い出の夏を抱きしめてあの頃から今への大人のラブソング

『漁火』
メロを完全入替で昭和歌謡な曲に仕上がった

『夕日が沈むことのない海』

女性の歌だがハーフトーンなボッサな曲で気に入っている

『新しいスニーカーで』
女性の歌だが軽いボッサで清々しく歌いたい

『Rainy Day』
聞き手に雰囲気が伝わらないといけないので割と難しい

『雨あがり』
ガットならではの唱歌かクラシックなラインを持つ
現在、ユニアンに打診中・・・


以上の11曲かなぁ~
転換と MC を入れると 1時間はやれそうなんだけど
オープンマイクなら3日通わないといかん
意外と揃ったのでなんか安心

この歳になると楽譜を保険にしないと怖く
老眼鏡の掛け外しがないのでストレス・フリー
こんな快適、、ありません
YouTube動画制作までは創作と外回りですね

そういえば
YAMAHA THR-10 に5つプリセットした
エフェクター代わりなのだが、電池駆動のストリートも可能
でもその勇気は・・・多分、、ない

では、、



今年の MiyaJick の出し物が決まる


時間が過ぎるのが速すぎる


絵は、「まるやまももこ」カレンダー2017、7月の一部
ウクレレ弾きであるプロのイラストレーター
線のとり方と図案に光るものを感じるお母さん

まるやまももこ201707 


今年はギターでと決めて作品作りに励み
以下の6曲を作り上げた

「夏井ガ浜とハマユウ」(紹介歌詞にメロ乗せで変更有り)
「あの頃へ」
「漁火」(メロのつけ直し)
「夕日が沈むことのない海」
「新しいスニーカーで」
「夕暮れ」

7月は宮地岳神社で行われるフェス『MIYA-JICK 2017』が16,17日とある
昨年はキーボを抱えて出たのだが荷物がツライ
今年はガットギターを抱えてエントリーする
持ち時間が転換込みで15分なので3曲が限度

ご当地ソングとして作って、この場所を知っている方も多いだろう
夏井ガ浜とハマユウ
遠賀郡芦屋町といえば宮地岳より30Km程
初夏のハマユウがもう咲き始めているかもしれない

貝殻を耳にあてることで始まる二人の思い出の夏
想いはあの頃から今へと続いているという大人のラブソング
あの頃へ

女性用の歌だが、私はそんなこと構わない
女性の愚痴っぽい相談事には注意が必要なことが分かる歌
新しいスニーカーで

この3曲をするつもり、みんなボッサ調

7月に入ってフリーステージでの練習もちゃんとできた
絶対に走らないこと!走らないこと!自分に言い聞かせる


フェス前の半月で5回、フェス後には2回既に予約済み
ですので7月は9日間ステージに立つ盛況ぶり


こうやって外に出ていると知り合いも増えてFB友226名増加中・・・
面白い話も入れたり入ったりで、それは実現されたらの話題にしよう


昨年までとは違い、今年はあんまし迷わずに行動に移せているが
9月には YouTube 動画作成のためにフルオケ制作に入り
冬になれば仕事の波がどっと押し寄せて来る
となると安定した外活動の勘どころをしっかり掴めるのは8月
頑張ろぉ~!

では、MIYA-JICK報告までしばしのお時間を、、