ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

イブはホームディナーに腕を振るう


24日(火曜日)クリスマス・イヴ

妻は残業で21時ぐらいの帰宅になりそう
連休前に病欠者が出たというので更にという事も、、
明日は子供たちそれぞれにお出掛けの予定がある

それならということで、ホームパーティーをにわかに計画
普段の夕食が概ね19時なので、予め子供達の了承を得て妻を待つことに
19時に妻から電話が入る
「残業してるけど、今夜のイヴは何かしてる?」
「おぅ!気合い入れてるから、電車に乗る前に電話しなよ!」
「ふふっ、楽しみ・・・」
仕上げのグリルド・チキンは25分の時間を見積もっていた
帰る頃にはイイ感じで焼きあがる予定

131224a.jpg 

くるみパンのカナッペ3種
蒸し人参のバター・ソテー
パイナップルとバナナ
佐賀牛のガーリック・ステーキ
ジェノベーゼ・パスタ
粗びき生ソーセージとベビーリーフ
白&緑アスパラと4種の豆のヨーグルトサラダ
グリルドチキンとメイクイーンの素焼
白&緑アスパラとサーモンのカルパッチョ
シチューパイ4種(伊藤ハム)
それぞれ飾り様にアイスプラントとカリフラワー、プチトマト
パンプキン・スープ(写真外)

以上

なんだかんだで食材費だけで片手越え
揃ってのクリスマスなんだもん、い~じゃないかぁ~
約3時間超の調理時間を要する大作となった


ゴッチ、しましたぁ~



テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

子供の味覚では着いてゆけない領域ということで、、(汗)


今夜の献立

レッドルビン・バジルのジェノベーゼ・パスタ
ミニトマ+牛タン・ステーキ+イタリアン・パセリ

キュウリとオニオンと大根の
イカのトマトオニオン・オイル漬けドレッシング・サラダ

つるなしインゲンの冷スープ

130618b.jpg


 アンダーラインは全て家庭菜園の産物
玉ねぎと大根、キュウリは里の畑の産物

ほとんど自給自足的な食卓だった

いかにも経済的で良さそうに思えるが困ることもある
獲れる量から他の野菜を買ってまでなかなか加えれない
日常の家庭料理とはそういうもの
冬場のオール大根づくし
似たような事態が発生する
今回もあれやこれが欲しいと思うものだ
(※あれ=パプリカ、これ=サニレタ)



さて心配された「赤バジル」の味

まず見た目は「緑バジル」とあんまし変わらない
ミキサーの回転熱で変色させるようなことはしない
要するに赤い色素は表面であり
基本的に葉が緑色であるからだろう

味は確かにあの独特の風味がある
肉厚の緑バジルと違ってこちらは葉っぱ
ペーストにするのに少しオイルが多かったかなぁ~

子供たちは「あの赤バジル」で緊張
 独特の刺激は緑バジルとは全く違う
子供の味覚では着いてゆけない領域かも
要するに静かな食卓だった

私的には冷スープのそのままインゲンの味に満足
ドレッシングもいい感じの味になっていた

まっ、次があるさぁ~
「えっ!次もあるのぉ~!
子供たちの悲鳴も何のその
大人になったら分かるさぁ~

さて捨て台詞にしたとして、次の打つ手を考える
残りのペーストは野菜ソースにでもすっかぁ~
なんだか気持ちが冴えない
ははははは・・・・



テーマ:うちのごはん - ジャンル:結婚・家庭生活

レッドルビンバジルでジェノベーゼ計画


家庭菜園、収穫が始まりました

つるなしエンドウ
レッドルビンバジル
そして愛しのミニトマト赤黄

我が菜園の守衛はジュラシックパークの面々
面構えばかりで役には立たない
気持ちの問題である

130618a.jpg 

今年最初のジェノベーゼ
緑色のスイートバジルではなく赤色のレッドルビンバジル
収穫の量が多くて初の試みとなる

イタリアン・レストランでも見たことはない
いかなる味になるのか
家族の評価はいかがなものか
今夜の食卓にのぼる予定

準備は出来ている
クルミ、マツの実、ガーリック、エキストラ・バージン・オリーブオイル

記事にしなかったら
失敗したと思ってくれ



テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

魅惑のおにぎりワールド


今朝のNHK「あさイチ」
 「おにぎりの極意の伝授」と聞くとみてしまう

おにぎりは日本人のソウル・フード
最近ではシンプルな塩おにぎりがコンビニでも人気
パリパリの海苔もいいんだけど
私はしっとりした感触も大好き
どこか海苔が海にいた頃に戻っている感触
もちろん好きずきである

おにぎりといえば映画「かもめ食堂」を思い浮かべる
知っている方は映画「めがね」も観ているだろう
もしかしたら映画「転校生」もとくれば
間違いなく小林聡美のファンである
乳房を見せたシーンは今でも覚えている
エロい話ではない
男女の違いをきちんと学んだシーン
そういう世代かもしれない

話を戻そう
 
「あさイチ」スゴ技Q「魅惑のおにぎりワールド」
メモをとっておいた

ステップ1・おいしい握り方

利き手が上にして、力を入れるのは下の手
親指の腹に力を入れ、上の手は形を整えるだけ
それでおにぎりの中の空気を残す

おにぎりの形だが、関西は俵、関東は角らしい
北部九州はボール型
全てを海苔で巻いて見た目から「ばくだん」という名もある
大型で作って半切りで出す居酒屋メニュー
スーパーでもみかける

ステップ2・握りやすい温度

ごはん同士がくっつく力(おねば)が命
玉露程度の60度がグー
80度だと握ってもおねばが水のようで潰れる
40度だとおねばが固まり握る前から米同士がくっついてデコボコ

バットに広げたごはんから湯気が消える頃合いが60度
ラップで握る場合は熱や水分が飛ばないので握って開く
十分に冷やしてから再度包む

菌を抑えるには酢3水7の酢水で握る

ステップ3・マンネリ脱出の具

料理研究家があれこれと見せたが
シンプルな具材好きの私には無縁
具材を変えるくらいなら古代米や赤米などのコメを変える

ステップ4・絶妙塩加減の極意

塩はゴマと一緒に入れて湿気を防ぐ
握る手の水分は水につけた手を湿らせたタオルで拭く程度
塩が溶けてしまわない水分がこれ

塩は、すぐに食べるなら指二本つける、後なら指三本分
それを掌に広げる

パウダー状のものはコメに混ぜ込みで
大粒は触感を残すために冷めてからつける

番外

具が中心だけにこないようにするのはサンドウィッチ方式
ラップにコメを敷き、具をのせて、コメをのせるそのまま握る
ラップを開いて冷ましてから閉じる

ということである

今からの季節、南阿蘇に出かける際にも準備した
自然の中で食べる美味さは最高

今までの方法に間違いはなかったが
どうしてそうしているのか
どうしてそうなるのか
それを知るのは新たな展開も含めて重要

音活だってそうだよなぁ~

知識の深い方を尊敬する
なんちゃってばかりじゃいけない
肝に命じる(銘じる)


<経過報告>

経過時間 15 時間
残り時間 69 時間
合計 84 時間
やっぱし短くなっている


テーマ:お弁当 - ジャンル:グルメ

今年も自家製ジェノベーゼソースを作るんだわい!


コンクリート住宅の我が家には屋上がある

子供が幼い頃には大型のプールや乗用カートもあった
泊まりに来た友達とテントで一夜も過ごさせた

今は私の家庭菜園の場になっている
ここまでは建設時の計画に合致している

 昨年は秋口から冬にかけて音楽にかまけて最後は悲惨だった
葉をつけたままのバジルはジェノベーゼになれないまま立ち枯れ
ミニトマは実の重さに枝は変形して実は熟し散っていた
数年育てたローリエもローズマリーも枯れた
生の強いものすらダメにしたのであるから
どんだけ屋上に上がらなかったかが分かる

それで今年は大幅な縮小を決めた
世話をできずに可哀想な姿を見るのは気が引ける


130425a.jpg 

岐阜県出身の母を持つ私
名古屋市に住んでいたこともある
ブログ仲間の「まりこうた」さんのライブがあったお店
私が住んでいた場所に近い

九州の青果では滅多にお目にかかれない
「ササゲ」という豆がある

その昔に私が食していたササゲ
ジュウロクササゲ」という品種のようだ
wiki で生産も消費も愛知県と岐阜県が中心と書かれている
なるほど見ないはずだ
固めに茹でて唐辛子と醤油をかけて食べる
酒の肴にしても美味しくてたまらない

家庭菜園を初めた頃にホームセンターに懐かしくその姿を見た
サカタ・三尺ささげ「けごんの滝」
苗売りは当然なく、種出ししかない

暖かくなったのでさっそく準備して芽が出た
「つるなしインゲン」も同様に芽が出た
土を盛り上げ割れ間から姿を出す姿はいつ見てもいい


食用ハーブを中心に野菜種を控えた菜園計画
バジル、シソ、フェンネル、ローリエ、ニラ、パセリ2種、ディル、ローズマリー
山椒、ミニトマ、ササゲ、インゲン、オリーブ、ネギ
この程度にしておこう



そういえば昨年に苗売りにお目見えしたレッドルビンバジル
赤い葉でフレッシュ・サラダのアクセントになった
どこで買ったのか思い出せなくて困っている

普通にバジルといえばスイートバジルのこと
ジェノベーゼ・ソースにして嫁にも出している
太陽の味がするまさにイタリアンな味も香りも夏そのもので大好き
我が家の旬を味わう品のつもりで外食でも手を出さない
その年の最初の日には調理中の香りに子供達からも歓声が上がる
小さいけれどその感動を食育として旬を大切にしてほしい
私との想い出にもなるであろう

今年は最後までちゃんと面倒みるぞぉ~




さぁて作業中のデスクトップ
今朝がた見たらリセットしてパスワード画面に
なしてぇ~

原因を自動更新のプログラムせいと断定
覚えのある自動更新を切ってLANケーブルも外す

経過時間 3 時間
残り時間 175 時間

連休終了までに終わってくれればと祈るばかり



テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

葉もの野菜が好き


121023b.jpg


葉もの野菜が新鮮で安いとね、嬉しくなっちゃうんです
えぇ~これだけ買ってその値段なのぉ~
生産者直売場は私のプレジャーランド

今から寒くなると根もの野菜が中心になるけど
もちろん身体が温まっていいんだけど
やっぱり私は断然葉もの野菜が好き

フレッシュサラダを作る
多くは素材そのままなので調理の過程は少ない
水切り器をぶんぶん回して
レタス、ピーマン、3色のパプリカ、スライスオニオン、ミニトマ、キュウリ
基本はこれ
ピーラーで薄くしたニンジンや大根なども入る
水菜やネギも中華系でなくても入れる
夏には苦みを少なくしたゴーヤも入る

しかし同じようなものは飽きられる

時にはパセリが入ったいり卵やゆで卵
チーズやハム・ソーセージの各種
ボイルしたエビなどなど
工夫は必要

自家菜園のハーブも入る
スイートバジルはスパ用のソースにして
今年初のレッドバジルやレモンバジルはサラダにグー
ディル、チャイブ、ルッコラ、青紫蘇
味のアクセントにもなって好評
粉末にしたローリエすら少量だが入れることもある

ここでは出なかったキャベツ
キャベツだけは千切り単品で出す
実家の食卓がここで生きている部分のひとつ
芯を落として柔らかい葉の部分だけの千切り
台所から聞こえる母の庖丁の音を忘れない


長男と三男はほとんどドレッシングをかけない
そのままが美味しいと言う
なんだか嬉しい

でも何故だろう?
ヤングコーンやホワイトアスパラは拒絶される
缶詰や瓶ものはダメ?
これは悔しい


無性に葉もの野菜の話がしたくなった
寒くなると怖いんです
葉もの野菜の高騰が
エンゲル指数を簡単に上げるわけにはゆきません

これからの時期
一人ランチでサラダバーやたら山盛りにしている男がいたら
それは私かもしれません

です