ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

09月« 2014年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブレポ「J・F・K First Live」


2014/10/24(Fri)
J.F.K First Live
会場:S.O.Ra Fukuoka


仕事で行けるか危ぶまれたのですが、なんとか20時スタートに滑りこみ
さほど広くはない店内でありながら、50人を超える方が来られてすし詰め
私の席からはドラムスが完全にモニタの陰になっていた

「ジャパニーズ・フュージョン・クラブ」
それだと J.F.C だが、どうしても J.F.K にしたかったらしい
そこで、はまったこじつけでというのなら
私の A.K.B を アッカンベー というほうがマシかも~(爆)
笑いネタなのでマジな話にはしないこと

20141024a.jpg

ギターの久米博之さんとはSax奏者・深町宏さんの関係で知り合い
既にFB繋がりで案内をもらってワクワクで出掛けた

’70、'80 のフュージョンといえば、、の方々を次々と
もう嬉しくて嬉しくて最高にのれました!

確かにディスコには通っていた口なのですが
やはり単身ドライブはフュージョン系が多かったのを思い出した
ローンで載せたオーディオシステムのシャリ感
CDなんてものはなかったのでカセットテープ
けして思い出してはいけないシーンもモワ~ンとしながら
でもイケる!最高にイケました!

一本調子の今のシーンに比べ音が変化に富み
そのドラムスやベースのアッパーな部分も覚えていて
楽器同士の呼吸めいたもののカッコ良さを再認識
そう、私の世代はそういう時代だったのさぁ~

CASIOPEA 3rd Live YAMAHA」<こんな感じです

来年、ゲイツの営業初めの1月3日も3バンドでLIVE予定があるらしい
うぉぉぉ~、絶対に行くぞぉ~、てなところです

20141024b.jpg

事務所から直行で車なので飲めず
でも大丈夫!なければいけないわけでもない

オープンテラススタイルの店も気温が上がって盛況
中洲の川沿いをほんのり酔い心地で車に向かうのだった

イエイ



スポンサーサイト

ライブレポ「マル・サンカク・シカク」佐賀市・雷神


ライブタイトルが記号なので勝手に「マル・サンカク・シカク」です
ヨミが入っちゃいけないのかも~


2014/10/11(sat)
「●▲■」
会場:佐賀市「雷神」


Mondy

事前の調べでは情報が無く新人さんかと思っていたが
ライブ終了後に知ったキーワードで検索したら見つかった
ほかおななこ」Mondy が別名か新名かは分からず

またベース&ヴォーカルユニット「*Heartland」としても活動
珍しいのでそのライブ様子をリンクしておく

沖縄三味線を抱えて朗々と沖縄民謡を歌う
即興ピアニスト重松壮一郎の「地球(ほし)のこもりうた」も披露
ほんの目前で歌われると、引き込まれてしまいます

今は父の里でもある佐世保市に在住、親近感も湧いて頑張って欲しい

20141011a.jpg

The606

「えりつぃん」(福岡市出身)は妻の従兄弟の子で東京で活動中
ヴォーカル&キーボーとドラムスの2人ユニット
ごめんなさぁ~い!
Dr「林じょー大介」さん(久留米市出身)の写真はうまく撮れなかった

KORG X50 を持ち込んでのライブ
1st「憧れる日々」をゲツト、ノスタルジックな作品が暖かい
私的にはCD音源は優しくまとまった感じが全面だが
ライブ音源の方がもっとソウルフルで私好みで生で聴きたい

一人ぼっち」「歌うんです

20141011b.jpg

古賀小由実

今回のライブを自己初企画とした平成元年生まれのSSW
ライブ前にYouTube事前学習していたので知った曲として聴く

今回はThe606同様スタイルで feat.Dr だが音は違う
クラシック・ピアノ色が色濃く出ていてユーミン・ファンな私は好き
もちろん声質も違っているし世界観も違う

冬の花火」「海が見たくて

20141011c.jpg

ライブ会場のセット写真

20141011d.jpg


ピアノ主体は Dr との組だけでも割と十分な音が確保できるもの
伴奏としてベース音があり、音色もエレピなら自在
スプリットやデュアル機能で更に幅が広がる

が、それは弾ける方であり私は論外
あんなに気持ちよく弾きながら歌えたらどんなにかいいのに
絶対に憧れの眼差しで見ていたこと間違いなし

今さらそれを云っても始まらない
自分は自分でしかできないものもあるさぁ~で頑張ろう!

大型台風が近づく中で佐賀市まで出張
でも、我が家から福岡市までと距離的には変らず走れば1時間圏内
ライブ前は佐嘉神社のお祭りを観て
ライブ後はほろ酔い気分で繁華街を俳諧
もちろんお酒が入りましたのでお泊りです

ですです
備忘録的とはいえ溜めるとしんどいレポートですなぁ~(自爆)
好きで言いたいことは多いけど、ここまで!


ライブレポ「オトダマ、ことだま」


2014/10/04(sat)
「オトダマ、ことだま」
会場:FuncyDog


宿六兄弟

CD「あそべ」をゲット、ライブで聴いたものと変わらない
それもそのはず、宿六一家の宿六屋ゆーすけさんのブログを読まれたし
その1」「その2
しみじみくる歌は、肌で触れていたいミュージシャンですね

 20141004b.jpg

レイぽん

邦楽のカバーを、多くはゆったりとしたギターで語る感じ
安心して聴けて、原曲とはまた別の感触で心地よく聴ける
微妙にずれた間合いの2人のトークもおかしくていいのですが
自分的にはファンであるレイさんの歌う姿で満足
考えたら may の歌い方ってある種似てるぅ~

 20141004a.jpg

GUN ∞ pepe伊藤

若い頃にアフリカやNYに渡った経験を持つGUNこと、がん近藤さん
はっきりとした顔立ちは、それだけでも言葉を発する感じですが
歌いだせばそのパワフルでソウルフルな歌声に圧倒

オリジナルの「Point To The Line」は説得力のある歌
点から線へという人の繋がりの素晴らしさを歌う

私もイイ歳なんだからそういう歌を持っても良いのだが
人に何かを云えるほどの立派な人生は送ってないので無理ぃ~

pepe伊藤さんを「風のギターリスト」と GUN さんが紹介
私の好きな Azymuth か Pat Metheny な透き通る曲を披露
ひと時、別の世界に引き込まれてしまう

20141004c.jpg


福岡市よりも久留米市の方がアクセスは良い
といっても終われば終電間近で、焦りながら挨拶をして駅へ
先週に続いて妻に迎えに来させる勇気はなぁ~い


ある友人から家庭的に大丈夫かという声掛け
大丈夫、子どもの部活応援も、PTAも、仕事も、家事も、町内行事も、、
と言いながら、今年の秋は妻とのお出掛けはしていない

大丈夫
ちゃんと先週末に誘い出して大満足させました



ライブレポ「OTONOHA in Kurume 2014」


ごめんなさい、ライブ報告は備忘録的ということで私物化します

2014/09/28(sun)
OTONOHA in Kurume @ Salt of the Earth
会場:「地の塩」


通常はレストラン「地の塩」でのライブ

山口光貴 feat.Hiroya.T
一番手はSSW 1stミニ「Life goes on」2013デビュー
ローカル番組ではあるがBS12TwellV「福田健次の花鳥風月」の主題歌担当

CDゲットで聴いてみると、やっぱりポップで心地が良い
覚えやすくて入りこみ易く、歌もCDとギャップを感じないうまさ

20140928a.jpg

雪丸美歩LovesFISHFIVE(Hiriya.T・奥田英理・坂本好美・KIHO・CATFISH)
メジャーデビュー後数年で活動を停止してNYへ、2012年再開されたようだ

通常はジーンズスタイルらしいがこの日はドレスアップされたらしい
不思議なオーラがあり、歌声は妖精的な魅力

20140928b.jpg

GUNpepe伊藤

この方たちを観に来るためにチケットをとった
次の週も聴きに行ったのでここは割愛

とても素敵な靴を履かれてました
GUN.jpg  

20140928c.jpg

中瀬亨Trio(中瀬亨・藤山英一朗・吉岡かつみ)WITH西田麻美
兼ねてから聴いてみたかった吉岡かつみさんのピアノ
実は当日現場でお顔を拝見してから気付く

それも私の目の前1mもない場所で鍵盤さばきが見れる、もう最高
モーションの激しい指揮者のようで、ブンと後ろに手が来る
覗きこもうとする私を振り払うかのように、、、

すっかり演奏に魅入っていた私は他を落としてしまう、ごめんなさい
どうも私はカッコ良いピアニストが好きでたまらないらしい

20140928d.jpg

トイレへの入り口に居た

20140928f.jpg

男女の区別は一見して分かる

20140928g.jpg


今夜は強者たちのライブであったに違いない音で
4組のバラエティな歌唱のレベルも高かった

開演ぎりぎりで入ったため理想的な音を把握できる場所では無かった
最終電車を逃し、妻に迎えを頼む


リンクはFaceBook外のもの、ブログやホムペにしています

でわ

オリジナル曲 『夏の終わりに』 YouTube登録


久々のアップロードです



『夏の終わりに』(16才の夏)
作詞作曲編曲:Rossy 唄:May

夏の終わりのベランダには 潮の香りが残っていた
遠くて聞こえるざわめき波の音が静かに光っていた

ハイビスカスのサンダルには 背伸びしている私がいた
足をとられた私の手を握った眩しい笑顔に出逢った

夕映えまで 一緒に観てくれたけれど
風が向きを変える頃には手を振り別れた

あなたに逢いたいな いつかきっと逢いたい
夢でも逢えたらいい 16の夏の終わりに

明日になればまた始まる 混んだ電車と重いカバン
夏の思い出と言えるほどでもない小さな秘密なの

日焼けをしてまだ火照った肌のように
冷めきれぬまま胸の奥にときめきだけが残った

あなたに逢いたいな いっかきっと逢いたい
夢でも逢えてもいい 16の夏の終わりに

潮の香りのベランダには 甘い香りが混じっていた


date:2014/06

今年の6月に勢い余って作った曲
May と生き別れ?しちゃった頃ですね

最初のテイクがそこそこの状態で残っていて
May のほうでも折角だからという声掛けもあり
それでは「了解」ということでアップです

野分のこの時期になって季節外れズレ過ぎぃ~
でも来年ってわけにもゆかないのでね!

ヨロシク






ピアノ弾き語りスタイルにセットしてみた



今年はライブ通いな夏を送って自分のこと棚上げ
勿論、沢山のパワーも勉強も出来て言う事なしだった
でも、季節労働に入る前になんとか数作は進みたい

で、昨夜は中間考査間近の子どもに付き合った後で部屋でごそごそ、、
ピアノ弾き語りスタイルの練習も兼ねたセット

キーボードスタンドのトップにマイクのアームを取り付け
ボーカル・エフェクターを繋いだ
出力はオーディオ・インターフェイスに行くのだが
普段使いはヘッドホン端子からモニタのマイクインに繋いじゃえ~!
ってことで、旧いモニタではあるが ROLAND MA-8 は使える奴

作業が終わる頃には真夜中だったのでヘッドホンで確認
・・・ほう、これはイイ感じになっちょるばい
なぁ、チェブラーシカちゃんってばぁ~

えっこんな真夜中にヤグラーシカって


※「やぐらしか」は九州弁で「うるさい」って意味っす

20141003a.jpg 

そういえばボーカル・エフェクターの TC-HELICON VoiceLive Touch
使い方の勉強がてら自分用のマニュアルを EXCEL で作った
近々ホムペの方でコピペ可のPDFでダウンロード出来るようにする予定

土曜日が来るのだよぉ~日曜日も来るのだよぉ~
休日返上しなくてもぉ~いいんだよぉ~


ライブ的にはこういう歌も作っとくとMCが楽になるかもぉ~

後はシャイでナイーブなこの性格との戦いだぁ!





オルフリ、博多ゲイツに進撃、ダンスホールと化す


2014/09/21(sat)
「Funcy Soul Night !」
会場:Gate's7

なんて、そう大袈裟でもないタイトルなんですよね!
アフロヘアの親衛隊も駆けつけ
「アフロになって踊ろう!」週間のように、ただいま増殖中・・
シンディがのっけから観客と歌おうというものだからだから
立ち上がる踊り手、その数は増えて、、という展開
考えたらメンバーも増えてるなぁ~

オルフリこと「The All Free」
キーボのジェリーはペダルを使用しない
「だって、一緒に踊れないじゃん!」
なるほど納得、「踊るために弾いてるんだもん」とも言う
「北九州をダンスで元気にしたい!」
オルフリのスローガンを思い出して再度納得
私も踊らにゃ損、損、、

メンボのシンディはなかなかのエンタさま
常に観客を楽しませる仕掛けを考えてくる
ショー的な感触が嬉しくてたまらない

某大劇場を経営している友人との話ではあるが
立派な完全無欠な音なら CD を聴けば事足りる部分がある
ステージは生であり、今であり、みせるものである
「見せる」「魅せる」どちらでも OK!
観客を高揚させるものが必要なんだと思う
友人のアンケ回収から得た観客の本音は非常に面白いものだった  

前置きが長くなってしまった



20140921a.jpg 

20140921b.jpg 

「Blues & Soul Revue MAGIC TONES」

20140921c.jpg 

「d.W.p」
(dancing WahWah paradise)

20140921d.jpg 

「おまけ」
天神中央公園よりアクロス福岡を望む

20140921e.jpg 

実は時間ぎりぎりに入ったせいではぁはぁ状態
駆けつけの空腹2杯のビールでかなり良い酔い心地
オルフリの後も素晴らしい演奏と歌で更に良い心地
帰り道を見失わないようにきーつけました
 

そうそう、d.W.p のキーボードは「今給黎博美」です
やっぱカッコイイっす


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。