ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

11月« 2014年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスティーな週末だったのね


どこまでお話ししていたでしょうか

師走になり、大掃除の時期に入りましたね
今年は年末に色々とやりたいことがあって早めの仕掛り

ケルヒャーを使っての年2回の浴室の高圧洗浄
バイクのメットで天井からの水垂れを防ぎ
レインコートに肘まである防水手袋
とてもじゃないけど写真では紹介できないいでたち
総タイル張りを数枚単位で黒カビが消えてゆく
もちろん、それでも落ちない水垢
仕上げは入浴しながらメラミン・スポンジで落とす
その段では子ども達にも割り当てをする

妻「最大の難所がもう終わったのねぇ~
私「ということは、この先の週末に私は、、、」
妻「逃げるのね、、



2014/12/12(Fri)
クリスティーのバースデー・パーティー
RiseUp


KIA」という娘が昨年に続いて来ていた
抜群に歌が上手く、踊りも要を得ている17歳
それもそのはず、小3よりミュージカルに所属する実力派
「Let It Go」をなんなく歌いこなして魅了する
佐賀の「えびすFM」のパーソナリティーも務める

141212a.jpg 

彼女のお母さんが作詞作曲を手掛けたオリジナルソング
マライアキャリー等のソウルシンガーかと思うほどです
「My 16th Christmas」
素晴らしい






2014/12/14(Sun)
広川町商工会「
ぐたぐたでごめんな祭
広川町産業展示会館


F-Cats
「ファンキー・キャッツ」

「F」を、ファニーとも、フレンドリーとも、ファジーとも、、
ふざけたとも、、、、(笑) などと聞いてはいたが
演奏は実力派揃いの素晴らしいもの
先のクリスティーがVoを務める

この日は「八女のプレスリー」の異名を持つダニー馬場さんも出演
千円飲み放題で抽選券付、妻と一緒に楽しい時間を過ごせました

141214a.jpg 

さて、年末に向けて年賀状の作成もあるし
年内に伺わなくちゃいけない顧客もいる

そういえば、、
大掃除がてらホムスタを大幅に改造したんだった!
それは次の機会に、、




続きを読む »

スポンサーサイト

三男と実家の剪定に行ったんだ


我が家は年賀状に家族写真を使う
そのために全員を揃えて紅葉を観に行くことになる
子ども達も恒例のことで文句も出ない

今年は2人が期末考査前で遠出は無理
佐賀市基山にある大興禅寺に行く
今年は雑誌に紹介があったことで数キロの渋滞
こちらはジモティーなので村道を走って撮れた

141123a.jpg


ここんとこ週末ごとに我が家の庭の手入れをしている
既に8ケ月の入院生活に入っている同居の義母が残した庭の花木達
主を失って荒れた庭は大幅な縮小をしなくてはならない
毎日の面倒をみる者が現実問題でいないのだ


我が家を終えて、先週末は実家の剪定に出た
母の面倒を看させている弟に全てを負担させるわけにはゆかず
三男を補助に連れて、私の出来ることとして頑張る

実家に着く前に「水産センター祭」の案内板が見えた
その昔、次男がタッチングプールで子鮫を離さなかった
長男は自分の頭大のカブトガニを持ち上げた
そんな思い出の祭りに、偶然だが中学の三男と行けたわけである

141130c.jpg

小学生に混じりながら少し戸惑う三男であったが
カブトガニ、タコ、エイ、ウニ、ナマコ、、何か楽しそうに触っていた

 141130d.jpg

有明産の海苔は色が濃くて厚い一流のもの、体験で海苔すきをやってみた
サワラ飯、イカバター焼き、甘エビ、、地元産の美味しい思いも出来た

141130e.jpg 

2日間に及んだ剪定と整理作業
実家の母も庭木や畑の面倒をみれなくなっている
ここ数年、放置していたので大変な量の作業となった
大まかな作業終了を待って雨が降ってくれた
その後は叩くような強い雨を風呂場で聞いた

「帰り道は寄り道」
美味しいものでも食べて行こうの時間には余裕がある


福浜の市民プールの入り口に新しく出来たリサイクル店を発見
141130f.jpg 

mic-o-mic』ドイツの知育玩具が置いてあったので入手
置物としても楽しめてちょうどいい大きさが好き

141202a.jpg 

店を出たところで日が射してきたので海に出た
こういう幻想的なシルエットはオートでは撮れないし
広角でもないためにソフトで繋げるしかなかった
どこか違うんだけどと思いながら雰囲気だけ、、

141130b.jpg 

暮れかかるこの一帯を少しづつ車を進めながら眺める
虹と出逢え、落書きを訳し、釣り人を数える
中学生らしい質問に、港の機能やら、流通やら、昨今の経済やら
そんな話が出来る嬉しさがあった


今回の「帰り道は寄り道」はJR博多のイルミネーション
中学生くらいになると自然よりも街歩きの方を好む
そういう時期、いずれ時期が来ればまた海山川へと目を向けるだろう

光の街・博多

クリスマスマーケットを眺め、フランクフルトを2人で分け合い
特設ステージの演奏はなんと35日間も開催され続ける
この日のこの時間は「九州産業大学DUCKY JAZZ ORCHESTRA
FB友の「宿六兄弟」「GUN」といった方々もスケに入っている

街の散策、なんと2時間も歩き回った

141130a.jpg 


帰りは食べ盛りのリクエストで「とんかつ きんのつる
たらふくでした




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。