ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

06月« 2015年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月

まりこうた「ひととき」CDが届く



平年に比べ10日も梅雨明けが遅れた福岡
ようやく梅雨明けが報じられたその日にCDが届いた


まりこうた
「ひととき」
オリジナルサウンドトラック



最初に納められている「ivy」を聴きながら活字になった歌詞を読む
YouTube でももちろん読んでいたものではあるが
海を眺める2人の背中を中心に、左に和訳、右に英訳
さて和英どちらが先に書かれたのだろうか
なんにせよ活字になったものにはある種の存在感があり
机の上で部屋に流れ込む風で揺れると
心の響きのように見えてくるから不思議だ


「ivy」
生が強くそれが故か風水では幸福力を上げる観葉植物とされる
「何度でも、またやっぱり笑ってくれて、ありがとう」

男たちが例えば愛車に話しかけることがあるように
女たちは植物に話しかけお互いを支え合う
物言わぬものに言葉を与えるのは人だ

最後に「あなたへと渡る」と締めくくる歌詞
「渡る」には「間を隔てているものの一方から他方へ越えていく」
という移動のイメージが強い言葉ではあるが
私は継続や関係、範囲などで使われる「渡る」を感じる

ことばを並べるだけで音色を持つまりこうたさん
そんな彼女のことばだからそう感じたのだろうか


2曲目以降は映画の曲順通りになっている
予告編①予告編②
予告編で想像してみた展開に合わせてみる

激しい言葉のやり取りに流れたのか
それとも無言のやり取りに流れたのか
そうこうしているうちに
やがては自分の人生の場面に流れ来る
そんな楽曲

まりこうたさんから届いたぬくもりのメッセージが
遅い梅雨明けを誘ってくれたのか
ボクは晴れやかに夏を迎えることが出来た

150730a.jpg

映画「ひととき」の公式サイト

まりこうた YouTube



ありがとう



5度目のRiseUpフリーライブ参戦報告


書斎のエアコンが壊れて冷房が効かず
そんな中でクリエイティブな気持ちになれるかというより
楽器に降る雨のような汗では話にならない


週末は町内の夏祭りで焼きそば係に
数日前からは我が家に在籍中の仔猫の世話に
来週は青少年部の潮干狩りや委員会活動も、、
TheAllFreeの3周年記念ライブに北九州市までお泊り

夏休みが終わらないと始まらない創作活動か?



先週もフリーライブに行ってきました
ギャラリーが10人程
もちろん私の歌を聴きに来られたわけではありません
が、これだけの人数を前には初めてで
これこそ「道場」だと頑張ってみました


この頑張ってみるが狂わせた部分がありまして
途中でトランス+2(全音上げ)で歌う曲があり
その後に下げなくちゃいけないのを忘れ
そのまま苦しい思いをしながら歌い
これが緊張のナセル技かという恐怖が襲い
途中で渡辺真知子「迷い道」「今はどのあたり」的になり
それをとちるというには悲惨で
なによりもそれに気づかずに3曲も続けてしまい
自分の未熟さに情けないばかりです


もちろん「シーサイドホテル」歌ってきました
歌いながら本メロが確定するという具合で
「よしこれでいこう!」
って、この場は練習や作曲の場じゃないって
居合わせた方々、、すみません


実はオケをならしながらマイクひとつで歌うのは苦手で
なんというか歌手のような立ち回りが出来ずに
宴会で無理やり歌わされたおっさんみたいになるんですよね


それでピアノでも弾きながらでないと歌えずに
それで弾き語りというスタイルをとったわけですが
やはりオケが無いと歌えない曲もありまして
今度は携帯プレイヤーからオケをミックス作戦
そんなことを考えています



「今日の教え」

クリアファイルの楽譜がライト位置により見えにくくなる
クリアファイル自体も光難いものにするか、そのまま紙にするか

トランスのチェックが出来る余裕がないのなら
オリジナルキーで弾けるように練習してトランスを使わないこと

話す時はVエフェクトをオフにする「TALK」スイッチを使う事
エコーがかかった状態では話している内容が分かりにくいから
ってか、そろそろトークの練習もしとかなくちゃです

以上


秋にはどこか発表会的な素人駆け出しライブしているお店を探して
若者に交じって演ってみるのもいいですよねぇ~
久留米市は「くるおん」があるのでライブチャレンジも視野に入れていて
実は今年のだけでも今までにFB友が2人も出場
私の場合、、事前審査に通ればの話なんですけどね

自己啓発を兼ねた予告状みたいになりました
では、、




『シーサイドホテル』っていう新作



「なりきり的作品」を作るのも好きな私
もちろん女性の歌も16歳から大人まで、、(爆)

で、今回はというと、、
作品の歌い方からすると矢沢永吉か南佳孝あたりが合う
本人はそんな感触の作品です
なんというかしゃくりと拳が若干入る感じ

歌詞に「おまえ」とか「俺」とか本当は使いたいのですが
どうもそこだけは苦手なようでなりきりでは書けない
今回は珍しく「貴女」を入れたのがギリです
ま、似合わないものは着れないといったところでしょうか、、


昨夜の出来たてほやほやで今日はフリーライブの日
もちろん迷惑かけない程度に歌ってきます!



『シーサイド・ホテル』

日差しを避けたバーで 雑誌を広げている
名前を訊いてもいいかい 出逢いは真夏の滴さ

夕映え没む頃に もう一度逢えるのなら
食事に付き合わないかい 時間は心のカクテル

すり 抜けるように 来なくても 惜しくない
ただ 運命を 感じてる 予感だけが
心地よく残る それも悪くはないさ

見間違えそうになった 下ろした髪とドレス
真昼の日差しを残し 女神の姿に変わった

グラスを持ったままで プールサイドを歩く
謎めく笑みの向こうに 花びら揺れるパラダイス

まだ 貴女の手 触れぬまま いたいのに
もう 燃えあがる この心 抑えきれず
抱き締めてしまう 夜が揺れ始めてる

copyright(c)Anchor_Rossy 2015

150723a.jpg 


先週アップした『帰り道』『明日を迎えるために』
5日間で50回を超える再生数、、本当にありがたいことです
ちゃんとしたオケでアップした際もよろしくお願いします


2作品の拍手コメントに「good!」と入れてくれた方
返し方が分からないのでこちらで御礼を申し上げます


自分のステージだけでなく、ちゃんとしたライブも観に行っていて
その報告や写真もと思っているのですがなかなか、、


そういえばこの手の作品は妻の一喝が怖い
大丈夫、女房が思っている程は旦那はモテないから
昔から、そう言うよねぇ~

んじゃ
PTAの苦手仕事明けで爽やかなRossyでした



オリジナル曲 『明日を迎えるために』 LiveVer YouTube登録


『明日を迎えるために』をYouTubeにアップです




ここ4週間、毎週通っている「RiseUp」
「数をこなせば大丈夫になるくさぁ~」
妻の仰せのとおり回を重ねるごとに精神面はマシになり
技術、、といってもピアノの腕や歌唱力のことではなく
機材などの付き合い方も分かりかけてきた
・・・気がする、、って感じです



彼女が選んだ生き方に
強がりではなく本当に「頑張れ」って気持ちで送り出す気持ち、、
でも一­人になっちゃうんですよね

以前に書いた『彼女の帰郷』『キミを送れずに』
その流れを持つ作品で、歌詞の中には明確には書いていませんが
『旅行帰りの顔で、、』の部分
彼女が生活地を留守にすることも多かった
彼女の仕事を匂わせているつもり

最近はエコ運動の一環でノン・レジ袋の為の段ボール提供も多いですよね
私もエコ・バッグ忘れた時にお世話になっています
さて
ど­れほどの大きさの段ボールが必要になるのか
私も気になるところです
面影を残すものは意外と多いものだと思うのです


ちゃんと弾いて歌える曲を前提とした曲作り
やはりテンポの遅いものになっちゃいますね

高い声は頑張れば出るけど
低い声は声帯の限度で出ない
・・・ということで、キーアップで頑張ってみました
腹に力、、やっぱ必要です

妻の「ワンダーコア」密かに使おうか
あ、この話は内密に


では2つ目も宜しくお聴きください



オリジナル曲 『帰り道』LiveVer YouTube登録


『帰り道』をYouTubeにアップです



2015/07/16  久留米 RiseUp Free Live Stage にて収録

初めての弾き語り
初心者レベルのピアノで必死で間違えずにをスローガンに頑張りました

通いの久留米市「RiseUp」の木曜フリーステージ
この日は台風接近でお客が少なくて
それでやり直し4度目のものなんですよ(笑)

茜色に染まる空の下、買物帰りの新婚さんの歌です
先輩がくれた言葉を思い出しながら幸せを噛みしめてるところ


ピアノは  YAMAHA CP-300
デュアルモードで A.Piano と E.Piano のW音源
前回より背後のアンプからの出力も行う

マイクは SHURE BETA 54
これにヴォーカルエフェクト TC-Helicon VoiceLive Touch
その為に動画にマイクの姿はなく
PAモニタも音量調整だけに留めてもらっている

ヴォーカルエフェクトについて
マイクロ・モジュレーションにモノ・コーラスを設定
ディレイはシックス・ティーン
リバーブはスタジオ・ルーム
ダブルはボイスズ・ワイド
ハーモニーやFXは怖くて使っていない

なんだか覚書のような記事になっちゃいました





『海が見たいとキミがいうから』という新作



女性たちは魅かれたものと手にするものに違いがある
どこかでそういう公式を抱えている私です

歌詞の師匠たるユーミンに「よそゆき顔で」という歌があり
「今の相手はかたい仕事と 静かな夢を持った人」
この歌詞はため息が出るくらい良く出来てて未だに好き



20代にみた深夜映画
確かモノクロの青春ものだったのですが
青春を謳歌する若者たちがいて、今でいうヤンキーですね
その者たちは目前に社会人を抱えて最後の謳歌を楽しむ
要するにやがては今を卒業して現実的に大人の世界に入るという流れ
非常にアチラ的なものでした

で、その中に一人だけその波を分からずにいる青年
「俺たちはあれだけ燃えたのに、なんでみんな冷めちゃうんだー!」
最後に確か崖から車を転落させて死んじゃったと思う

ある時代を始めるために、ある時代を終わらせる
それを卒業と表現しても構いませんよね



前置きはこれくらいにして
今日紹介する新曲はそんなことを考えながら作ってました


『海が見たいとキミがいうから』

キミがふとまた 海が見たいと
初夏の青空 そのせいかな
今ならばそう 暑くもないわと
つばの短い 帽子とった

どの辺りなのさ 二人でよく行った
あの海 あの松林を抜け
サーフボード担ぐ 若い奴らを見て
あの時 あの頃なんて話は よしてくれ

ビール片手に ふざけ合ってた
みんな元気に しているかな
ここに居たくて 海をみながら
そんな仕事を 考えていた

波の音がして 砂混じりの風に
逢えたら 何かが動き始め
気まぐれでキミが 誘ったせいさと
そんな 話にならないよう 祈るのさ

浜辺の未亡人 そんな歌があって
あの時 キミが背を向ける前に
潮の香り消し 街に戻ったのさ
新しい 生き方を見つけたと 思ったからさ

copyright(c)Anchor_rossy 2015


「浜辺の未亡人」とは
角松敏生の歌「A Window on the shore」のこと


150711a.jpg


今の自分がどんなものを歌えれるのかとか
そんなうざげなことを考えつつ書いているのですが

この歌詞に懐かしさを覚えれる方は
うっふん同世代かもぉ~



追伸:RiseUp フリーライブの音源はピークオバーで真っ青
次回もまた挑戦してみよう!



『帰り道』という歌を作りました

 
新曲ですが、相変わらずタイトル付けは苦手です

新婚さんのある夕暮れ、買物帰りをシーンに書きました
もちろん夕べのFreeLive、出来たてで歌ってきました

『帰り道』

茜色した空を 少し見上げながら
きっと明日は晴れると キミが笑った
仕事でつまずいてて つまらない思いをした
そんな事に気付いてか 分からないけど

買い物袋の中に 幸せがあふれてると
教えてくれた先輩の 言葉を思い出した

キミと一緒になれて ボクは幸せだよ
Muuu お腹がすいてきたよ

僕らの未来が増えて 大変になっても
きっと乗り越えてゆける キミと一緒に
生きていることよりも 生きてゆくことが
とても大切になって 明日がみえた

気まずい思いになったら 手をつなぐといいよと
教えてくれた先輩も そうしてきたのかな

キミの歩く速さが ボクはとても好きさ
茜色の空の下 一緒に また 買い物に行こう
Muuu お腹がすいてきたよ


copyright(c) Anchor_rossy 2015

  150710a.jpg


開店間近のお客の少ない時間狙いで通っているのですが
昨夜は3日目で落ち着いて出来るようになれています
もちろんイレギュラーがなければの多分ですけどね!

昨夜はピアノをPA直繋ぎではなく、後ろのアンプから出しました
やはり直に鳴る音が届くと安心できます
ホールの左右のモニタから出る音だけだと遠いんです

お客のいない時間で音色も色々試してみました
特にE.PianoはCDでも聴く素晴らしい音過ぎて弾き語りに使いきれず
それで無難にA.Pianoの基本セット音になりました

また新兵器であるヘッドウォーン型マイクに
ボーカルエフェクターを繋いで歌ってきました
マイクとの距離が保てるために安定して声を通せました
機器に頼らなければならない歌唱力は課題です

で、昨夜は何と1時間半以上も、、

実は途中で仕事帰りに妻が立ち寄ったんです

事前に連絡があり、明日は高校進路説明会で休みがとれた
それでお酒を入れながらお聴きになられました

昨夜はここの常連である F-Cats が来ていて
妻も顔馴染みになっているせいもあるんですけどね!

妻の感想は悪くはありませんが云わない


この F-Cats のギター大塚さん、来られてから軽く合わせて頂けました
歌いながら聴こえて来るギターの音、、
いいですね!幸せなセッション気分ですよ!


昨夜は TASCAM DR-05 で録ってみました
聴くのが怖いです
多分、週末は落ち込んでいます



そういえば昨夜は

キーボーディスト・アレンジャー『坂本好美』さん
多恵子さんほかのステージでお見かけしたプロの方

澄みきった声で歌われる『寺田尚人』さん
山崎まさよしのカバーほかオリジナル活動もされている方

そんな方ともFB友繋がりできました

ありがとう




<

新兵器導入するよ


新兵器導入

まずは今までご自宅派で持っていなかったのがクリップ式チューナー
BOSSのクロマチックチューナー持ってたけど行方不明
ま、エフェクター類としてライン式なので、これは欲しかった
なんかさぁ、やはり BOSS になっちゃうね


それと!

SHURE BETA 54

ライブでよくあるのがボーカルが????ってこと
初心者もしくは演奏しながらの方に多い

ボーカルのみの方は良く付き合い方が分かっていて
声量に応じて付かず離れずで上手にコントロール

で、私の場合

まず歌うのにマイクに口が触れる程なんて気にしてられない
歌詞と演奏を間違えずにするだけでも至難の業なんだもん!

それに秘密兵器(TC-Helicon VoiceLive Touch)もある
ソロで歌唱を聴かせるほどの喉は無し
昨年、一度だけ使ったので効果だけは確認済み
少なくともダブル・ボイス機能で厚みくらいは、、
そんな気持ちで繋ぐのならヘッド式です

という結果での買い物です
明日、来ます
色々と試して次のFreeLiveで試してみます

150706a.jpg 



さて新曲の『明日を迎えるために』の歌詞
出来たてを記事にしたのでそこそこ歌いながら調整した
私の煙草に侵された歌唱力を基本に
メロで歌われる中での伝わり具合も考えたつもり
最終形はYouTubeにアップした時にでも確認して欲しい

現在手掛けている『入り江』
禁断の愛を題材に男性妄想主義的になる予定
際どくて妻にはトラブル防止のために聞かせられない



そういえばFreeLiveに立った私に妻曰く
「ピアノ習いたかったら何人も紹介できるからね!」
・・・さすがにジモラーです

私「なに言ってるの、受験生抱えてそんな真似できねーよ!」
妻「なしてね?!」
私「仕事、家事、育児の中での自分勝手趣味は今ぐらいが限界です!」
妻「なんとかなるくさぁ~」(久留米弁です)
・・・さすがにまいる



先週末2日間で中体連が終わった
クラブ活動がなくなるのを本人以上に妻が寂しがる
子の意気込みを受験に向けてやらなくちゃ
塾には行きたがっていないので私が入ることになっている
家庭教師が親だってどうなのよ?!って話もある

私の計画では来春が音活第二期
高校になると本当に親の出番も役もなくなり動きやすくなる
今年は車検でワゴン車を維持するけど
次の車は長男も居ないし次男は車持つだろうし
少しは小型にするかなぁ~

ま、なんとかなるくさぁ~
妻のそれとは違うよねぇ~
あの方の性格が羨ましい




『明日を迎えるために』という作品も出来まして、、


昨夜は FreeLive 行ってきました
もちろん開店したばかりで誰もいない時間
ピアノの音色も色々と試し弾き

おっと、新作ができてやはり歌ってきました
出来る時は速いもので、モチーフがあったとはいえ
歌いながら半時ほどで書きあげました

しかしタイトルを付けるのは苦手ですね
なんかセンスの無さを感じます


『明日を迎えるために』

キミが育てていた 鉢植えの花も枯れ
そしてボクは 独りになった

まだ忘れ物なのか 置いていったのか
分からない歯ブラシ そのままにしてるよ
鏡の中に見えた ドアが開いて
旅行帰りで笑う キミが見えてた


キミの生き方だろう そうすればいいさと
強がりでは なかったけれど

二人出逢った時や 過ごした時間が
分からずにいつまでも ここにいるようで
窓をひらいて 風を流してみたら
キミが使ってた シャンプーの香りがした


あの時 ボクが 引き留めていたら
変らない 今日が 来てたのかな


また逢える日が来ると 思っていたけど
明日を迎えるために 忘れることにした
面影を残すもの そう多くないさと
レジ横に積まれた段ボールを
今夜にでも 取りに行こう

copyright(c)Anchor_Rossy2015


150704a.jpg 


2度目の昨日は割と落ち着いていて、最初から自分の音も拾えました
1時間ほどやった終盤でお客さん12人ほどが増えて
観客有りの練習(笑)にもなりました、、とちってましたが、、


2番手は打ち込みオケでギターを演奏される隣町在住の方「ルート87」さん
ブログのほかにYouTubeチャンネルも持っておられて
音活用名刺をちゃっかり渡してお話も出来ました

3番手は吉田拓郎のカバーで既にライブ活動もされている方
昨年の今頃、初々しくこのステージに立たれた時に居合わせ
今や堂々たる姿で相方のギターと二人で演奏されました
そういえば「家入レオ」は久留米市出身なんですよねぇ~

昨夜はフリーステージの様子をみに来られた方々とも話をしました
3年ほど4人でスタジオなどで練習をされていて
私も好きな殿堂入り「Red Hot Chili Peppers」をされてるとのこと
またお逢い出来るか楽しみです


そういえば昨夜は「僕らの時間軸」をバラード調で歌ってみました
コード進行自体から気持ちが良いので本人的にはイイ感じ
全然やれないのがボサノバ曲で同時に歌うのは無理
・・・ま、数をこなせばそのうちに道が出来るかも、、

ボーカル・エフェクターの導入も試したい
オケも使っての弾き語りも試したい
ギター弾き語りもしてみたい

ぼちぼちやります



「じゃじゃ馬ハート」は少女系の歌


女性シンガー用の歌も作っているのですが
「夏の終わりに(16才の夏)」に続いて少女系が出来ている

サンプル音源の段階で既にモチーフがあり
ハナモゲラ語での歌の中に混じって意図とする言葉がある

画家などはよく習作をかかれるのですが
私のサンプルもそういった位置にあるかと思うのですが
はっきりとした完成図をみながらのときもあるわけです



『じゃじゃ馬ハート』

キミに逢いたい想いで胸が
張り裂ける程熱くなるから
冷えたジュースで
冷ましてみようとした
笑えるでしょう?

溜息の数を数えながら
眠れたらどんなにかいいのに
羊じゃないと
効かないと笑うママ
意地悪いな

側にそっといるだけの 大人しい
性格じゃないこと 分かっているから
おやすみとは言わないで この背中
翼が生えてきっと 来ちゃうからね!

星の数ほどキスが出来たら
幸せに眠りにつけるかな
試してみたい
じゃじゃ馬なこのハート
手はないかも

側にずっといたいのに 切ないな
キミは案外古風な 考えしてるの
大事にしてくれてるの? って思うと
また熱くなってきて 眠れないの

copyright(c)Anchor_Rossy2015

150703a.jpg 


さてこいつをどうしたものか、、
勿論、フリーステージで披露してきます
今のところフルオケ YouTube の予定はなし

私、母の影響で菅原都々子「月がとっても青いから」
カラオケは苦手だけど、これは好きで歌うんですよね
全裏声の少し甘め舌足らずで歌う
「アリラン/トラジ」も大好きなんですよね

で、その少し甘めな歌唱力で歌う予定ですが
居合わせた方の不幸を感じますよね

しかし may はよく耐えたもんだと感心
私の歌声で曲を覚えなくちゃならなかったわけですから、、
それもよくよくコード音も合っていないのにですね!

ははは・・・

では、今夜行ってきます



BOSSエフェクターの登場か!


昨夜はおよそ30年前に揃えたBOSSエフェクターを繋いだ
ケースも BOSS 専用ですっきりしている

150701a.jpg 

作品のオケを作るのに Cubase を使っているせいで
ギターもすっかりバーチャルに Vst Amp (ソフト)の世話になっていて
昨年からは、やはりパソコンを繋いで設定できる
YAMAHA THR のお世話になっている

要するにプリセットでの音作りって、作らない話なんですね


作品をギターとピアノで作っているせいで
どうしてもギターで弾き語るしかしようのないものもあり
それで現場的にハウスのアンプに繋ぐことを前提として
ちゃんとストラップで担いで弾いてみました

おお、、気分は Kyouko. か 大塚さんなのに
(どちらも RiseUp ではなじみの方で、、)
雰囲気の切れ端も出てこぬ腕のなさを嘆く

ま、とりあえずストロークでジャカジャーン

今ここに比べる世界がないと私が標準となり
それで耳慣れしてくるとその気にもなれる

それでも、い~じゃないかぁ~

音作りはバーチャルな世界でテストして
後はこの BOSS のツマミも同様にすりゃぁ~
ってことにはならないらしい、、
特に常設のアンプ、アンプの数だけ音がある!
ってらしい、、

とりあえず、わが部屋でやってみてハウスで挑戦!
そんときは、またレポしまぁ~す


今からPTAの運営委員会だぁ~