ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

11月« 2015年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月

最高のクリスマスプレゼントになったもの




実は、、

我妻ことドリーちゃん
会社の健康診断で要再検に引っかかってしまう
医大の検査でも更に引っかかった胆のう
川島なお美の訃報や年齢のこともあり
どうしても最悪のケースを口にしだす妻

妻に言い渡された音活の条件である「表舞台」
都合よく舞い込んだ商工会祭りのオファーで務めたOA
これでようやく約束は果たせたという安心
「なかなか、あなたらしくていいステージだったよ!」

当然ながらこれが最初で最後とも考えてしまった
ある日突然に迎えた友人の訃報の事もある
後に妻も「そう考えていただろう」と言う
私の必死さが伝わったのかもしれない

クリスマスの25日にあてられた5度目の再検
初めて私も同席しての所見が言い渡される
「壁は厚いもののガンなどの所見は見当たらない」
経過観察という事で3ケ月後の予約をとる

妻「何度も付き合わせて、何もなかったね」
私「馬鹿、それでいいんだよ!」

同じフロアーで近所の方を見かけて妻は声を掛けた
私なら予感もあり、けして声は掛けずにゆくところ
やはり、、で妻が末期の肺がん治療2ステージだという
老人になり健康診断を2年ほど受けていなかったという
「受けている間は何も出ないんだよね」
言葉が残る

帰り道の食堂で遅い昼食をとりながら
対面でいつもの様子で箸を運ぶ妻を見ながら
いつの間にかぼたぼた落ちる涙
「何もない」ということの安心さ
平凡な日常のありがたさ

今年のクリスマスの最高のプレゼント
妻の命、健康、、ありがたき毎日


家に帰りつくと時期は大掃除、年賀状、、
そして明日から30日まで6日間の塾の合宿に出る三男の準備


「もう病人じゃないんだから、気をつかわないぞぉぉぉ~」

「ちぇっ、ありがたく思うなら、もう少し労われぇぇぇ~」

笑える会話も気持ちよく成立


夫婦漫才なロッシー&ドリーのクリスマスでした
おあとがよろしいようで、、



151230a.jpg 

ドラムス・セットはアンプに繋がれ
次男は iPhone を MIX してドラムの練習

RiseUp の生ドラを参考に各パッド位置の調整
サンプル曲に合わせての練習を実曲の完コピーと考える
Blondie の Heart Of Glass
Diana Ross の Up Side Down
そんなところを考えている

激動の今年の総括を記す予定が、、ロッシー劇場に
それはまた明けて今年の抱負とともに話しましょう

それではみなさんよいお年を



また一人、友人が逝った



ちょうど1週間前に友人が逝った
DOS時代パソコン通信で知り合ってかれこれ30年間
同い年でやはり DTM をやっていた
急性心不全

サルサが好きで踊っていて、よく誘われた
「よか運動になるけん!健康維持のためにもね!」
まだつい最近も私に云っていた

FB の誰かの記事をみながら「こいつら何言ってるの?」
あいつはつい数日前もベリーダンスのパーティーに誘い・・・

祭壇に収まったあいつの遺影を眺めながら
現実がこんなにも遠くて別の世界にある感触だけが残った




ようやく現実感とは程遠いけど、受け入れることに努めた

葬儀の日に予定していた「ユトリロとヴァラドン展」にも行き
帰りの時雨れた空のように涙は流せても、まだ泣けていない自分に気付く
思いきり泣ける場所でちゃんと泣いておかないといけない
それが僕なりの儀式であることを経験で知っている

40過ぎに高校からの親友にガンで先立たれた時も
長男が東京に行ってしまった時も
堰が崩れるように、、
今では恥ずかしげもなく妻の胸を借りることにしている

11月に知った Chili の「東京タワー」
冷やかに優しくボクを包んでくれてはいた



しておこうと思った音活報告も、、

某商工会のお祭りへのオファーが入り、ステージに立つことになった
20日(SUN)に30分のステージはオリジナル2曲に
年齢層が高いのでチューリップ「青春の影」と
メドレーに五輪真弓「少女」や「あの素晴らしい愛をもう一度」etcも加え
最後にNatKingCole「The Christmas Song」ではどうだろう?
時間厳守でMCを考えて組立中…

某忘年会2つでもステージに立つ予定、こちらはエントリー
ひとつはアップライトピアノなので感触が分からないのが怖い
当然のぶっつけ本番になるので頑張ろぉ~!
ひとつはお通い中の「御縁屋」で、ギターもいいかなぁ~ってところ

デジドラは一応だけど概ね毎日、半時は叩いている
シンバルをひとつ加え、キックを本物に代えようか思案中・・・
生ドラを木曜フリステの RiseUp で叩かせてもらい
特にキックとハイハットの足部分の違いに戸惑った
ドラマーな、ここの店長から色々と教えて頂き
そのうちではあるがセッションで叩きたいと願う

ということで、ながさん、今年は成就できません
解放の来年の春からその分も頑張りたいと思います
~と思っていたら
シークレットなお国のお勤めが舞い込んできて
時間よりも精神が耐えられるかって不安
そうこうしているうちに
町内会のお役の話も舞い込みそう
でも
来年はやるだけのことはやってやる!
鼻息だけはあらいのです



では
友よ!いずれはその世で語り合おう!
おきざりにした悲しみは

※作詞は岡本おさみ