ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YAMAHA NCX1200R 購入


最近、普通サイズのエレガットが欲しくて物色してたら
ひょんなことで譲り受けすることが出来ました

YAMAHA NCX1200R


>>詳しい説明は[YAMAHA]のウエブまで、、<<

170820-YAMAHA-NCX1200R.jpg 
右手前:Ibanez AEG10NII-TNG 今まで
左奥:YAMAHA NCX1200R これから

ネック幅が普通サイズになり押さえやすくなりました
ハコが大きくなって箱鳴りが身体に伝わります

もう最高です
最高なんでぇぇぇ~す


そして

ガタイのでかい私が少し小さく見えます

少しは威圧感が減るでしょう

子供の友人からは「お前のオヤジ、怖そう!」
などと言われてきましたが
私自身は女性脳多めの癒し系だと思っている

ま、いいか、、


入手前から気付いてはいたのですが
箱鳴りが乏しくてそれをカバーするように弦を弾いてた
要するにかなり汚い音で演奏していたと思う

ですので、これからは大人の音
って公算なのですがどうなるか

楽器のせいで歌も上手くなるといいけどねぇ~



ソロ弾き語りに自信が持てます



スポンサーサイト

立ちスタイルでゴー!


立ちスタイル実行

2017/08/11 ENOTN MIC
20170811-ENOTN.jpg


福岡市中央区赤坂に移転した 『ENOTN Works
月に2度あるオープンマイクにエントリー
念願の立ちスタイルでエレガットの弾き語り
悲しくも保険の楽譜はたぶん永遠に手放せない 

ここの現元スクール生の発表の場として始められ
今は私のような縁もゆかりもない者も主演できる

今、東京で頑張って私も応援中の『森ゆめな』ほか
地元で頑張っている者、今からの者など
その多くは未来を持っていて、オリジナル曲勝負なマイク
私は、俺は、こういうことがしたいんだ的な場

趣味レベルな私は肩身が狭いということもなく
オリジナル全開で持ち歌の女性歌まで披露する
オレは刺激を受けている、オレからも受けてくれ
写真の堂々たる姿、心意気だけで立っているかも




今回はある種の問題点に気付く
緊張で動かない手や指と思っていたが、いやそれもあるが
ウォーミングアップしていないと動かないってこと

考えたら朝起きたら手や指に痺れがあるし
部屋で練習もそこそこ時間をかけて慣らさないとダメ
単純な定番コードを弾くわけでもなく
分数やテンションコードも多くてそこそこ難しい

このステージでも痛々しい音が鳴った
が、今年のロッシーはステージ度胸だけはついて
そして失敗の究明まで辿り着くことができる強さを持った
反省はしても、後悔はしない




今年はギターと決めてからの約4ケ月
そのための楽曲も未発表を含めて10曲を超えて完成
それでこの6/29からの1ケ月半で13回もステージに立てた

煩い程のメールに繁忙期でも身を削りながら応えてくれた
鋭い推敲技で応援してくれた立役者たる may
ようやく繁忙期が明けてくれたので
今日は感謝と慰労をこめて飲み会

心ゆくまで美味しいものを飲んで食べてくれ


本当はぎゅっと抱き締めて分かって欲しい気持ちだが
こんな大男、きゃしゃな may が折れると大変
ふっ、、我慢してやるかぁ~



『お盆』な頃だけに『 Oh! Born! 』な話
生まれたてのロッシーな気持ちなのだ
 
おそまつ



立ちスタイルにするんだっ!


ギター弾き語りを立ちスタイルにしたくて練習中
といっても抱えるのはガットなので
足台でポロンと弾くのが普通かなぁ~とも思う

フォーク弦はすぐに指が痛くなってギブアップ
ストロークは持ち歌のコードが分数含みで複雑だし
なによりも指弾きの4音の響きの方が合ってて好き

私のアコギはひとまわり小さくて
身長やガタイからするとなお小さく見えるだろう

170809a.jpg 


ブログよりもホムペの更新が多くて
ブログで紹介したもの以外もそこそこ出てきた
音源が付いていないので、、というのもある
秋からはフルオケ YouTube 制作かぁ~
どれだけの完成をみるかは不明


ギターでの楽曲はコードブックを捨てている
構成音は頭にあるのでそれで和音を決定する
和音名がないのでギタースタンプで記録をとる
こことここを抑えて「●」、ここがベース「✓」
ここは絶対に鳴らさない「×」という具合
1弦は作曲の邪魔になるのでほとんど鳴らさない


歌詞カードに落とし込む際に和音名は必要で
Arobas Music GuitarPro 6 で和音名を探す
そのダイヤグラム入力は沢山の該当を示す
が、どうも適当なものがない場合もあり
その場合はとりあえず根音を外し
1弦音を追加して1~4のジャラン弾きで探す


あ、作曲法の話ではなかったですね


今年の夏はフェス通い
Miya-Jick、皿倉山MusicFesta2017
先日は Festa do Brasil 2017 としっかり日焼け
秋月ろまんの道でのフリーステージは出る予定
やっぱ昼のライブは好き



そんな夏、楽しくて仕方がない
今年のスイカは安くて美味いしね



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。