ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

10月« 2017年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月

オリジナル曲『失意(Despair)』

『失意(Despair)』
作詞作曲編曲:rossy

夕べだった バイト帰りの道で 君の姿を見かけたよ
凍りついた あいつの腕の中で 君は笑ってキスしてた

僕は壊れたけたブリキ製の玩具さ
ゼンマイも巻けないよ
そして歌を忘れたカナリアみたいに
海を恋してるだけ

あなたのこと 大切だといわれて 勘違いをしていただけなのさ
可哀想と 慰める人もいない だって それが君だと思っていた

僕は吹き溜まりで朽ちて行く落ち葉さ
木枯らしに舞い上がれ
そして儚い夢に敗れたピエロと
踊り続けてるだけ

Copyright (C) 2011 Unit Anchor Rossy ALL Rights Reserved


ウッドベースが踊るシャッフル・ブルース。学生気分で書きました。

恋とは残酷なもので「大切な人=恋人」という等式を守ってはくれません。
その時の心を、歌謡昭和世代には通じるだろうアイテムで比喩しました。
バイト帰りに見かけたあいつ(友人)とキスしていた彼女、その後どうなるかも書いてみたいところです。



関連記事

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう