ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

10月« 2017年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月

アイランドシティで緑と日溜りを愉しむ時間


130114a.jpg
 

アイランドシティ中央公園

冬場で色を失っている中での鮮やかな緑
呼吸するたびに流れ込んでくる湿った濃いオゾン
静かで緩やかな時間を演出する囁く程のジブリのメロ
温かいコーヒーの香り

開館して間もない時間の為に訪れる人もなく
誰も来ないホールを独り占めにして
急ぎ過ぎる時間とのギャップで愉しむ時間

「洒落たcafeの方がキミは好きだろう?」
妻がするだろう返事を思い浮かべながら
でも僕は
何故かこうしたところの方が好きなんだ
美味しくコーヒーを飲むのにはね
そう言ってみる

目覚めたばかりの様な気分でぼんやりと陽の入る窓を見上げ
床に落ちる窓枠に仕切られた日溜りを数える
こういった場所がいかに心地よいのかを
縁側で眠りこける猫の姿に化して思い描く

ここを離れる時に
僕のセーターから陽の香りがするためには
あの場所に
どれだけの時間いれば良いのか

少しだけ早く出てよかった

猫ほど大きな欠伸はしないけど
ぐぐっと背を曲げて伸びをしたら

さっ、クライアントまで時間厳守
仕事しよっ


関連記事

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう