ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

猛アタックでものにした彼女のように

タイトル
「猛アタックでものにした彼女のように」

はっきり言って大袈裟です
 表現も時代遅れで下品ですね

怒らないで下さいね


さて

KORG SV-1 が来て 1ケ月が経った

音活再開時には既に Clavinova は不調で
タッチがスコスコの DGX-220 ばかり弾いていたために
私の指は完全になまっていた

重くて仕方がない

その為に気持ちに音が間に合わない
出したい音が弱くて話にならない
指の動きも結構いい加減になっていたことも感じ
老化したこの指には二度と戻らない感覚か?
そう思って焦った

ようやく、ようやくだ
カニの足のように鍵盤を捉える
その感触が戻ってきた
鍵盤を叩くとはよく言ったものだ

ここまでの感じは
指のトレーニングというよりは
脳のトレーニングをしている感触
メリハリがついた感じにクリアな気分

ホッと胸をなで下ろす

130201a.jpg 

久留米市の繁華街にあるライブハウス「Funky Dog」
シャイでナイーブな私がここまで来れるか
それは疑問なのだが

動き始めた指に
キャリングケースも専用スタンドも
アンプまでも準備は出来ている

けして SV-1 のおまとめ購入のお買得さに
毒されて揃えたのではない

「おかいどくさに、どくされて、、」
言いたいこと、因幡晃「わかって下さい」



気持と指と音の出が合ってくると気持ちが良い
それで
SV-1 には沢山のコードが挿しこまれる

それ自体の音はアンプを通して頭上のスピーカーから
MIDI で Cubase の HALionSonicSE の音をモニターから
加えて
二段目の DGX-220 にも手が伸びる

ちょっとだけ
エレクトーン奏者な感触

 
音だけ分厚くして音量も気持ち限界まで上げて
ひたすら閉じこもってジャンジャン弾き

はっきり言って近所迷惑寸前
私は軽い脳しんとうまで起きそうな絶叫

一階の妻にも聞こえているかもしれない
が、大丈夫
季節労働期、ストレス解消と思ってくれているはず
寒いので、窓は閉めているはずと思っているはず

だが

我に還ろう

こんな事態になる前に
持続可能な音活
そうであるために、、


追伸

KORG SV-1 の音を聞いちゃってばい
案内すっけん
右下のところにデモ・サウンドがあるっちゃけん
よかね

KORG SV-1 Black Stage Vintage Piano



関連記事

テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

おもしろい!

デモ・サウンド全部聴きました。
どれもこれもいい音ですねぇ。
ストリングスなんかすごいです!

これはロッシー好みだなぁと思わせるものもいくつかありますね♪

しっかり使いこなしてくださいましよ(笑)

弾きたくてもすでに弾けなくなってしまった私・・・
コードもほとんど忘れてしまって情けない(T_T)

ちゃらこさんへ

だっしょ!
聞き覚えのある、そのままあの名曲を思い出させる音色が並んでいますよね。
飽和度200%超で弾いている私の姿、見えてますよねぇ~。

いい感じの曲が出来ればいいなぁ~。

指も頭も使うし、、老化防止の為にもちゃらこさんも再開くださいまし。
立春ですし、、、立旬、くださいまし。
今年はもしかしたらライブも、、歌だけで済まないかも、、よ!(笑)
マラカスやタンバリンは入れないつもりですしぃ~(爆)
夢ですけど、、、(汗)

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう