ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

リアルなMIDIの作り方(Rossy技)


篠田元一

私のDTMの師匠であり神様

1991年から出された「実践コード・ワーク」の「理論編」と「アレンジ編」
20歳の頃から始めた実験的な作品の意味を知る
私の最も基本的な部分のバイブルである

勇気づけられたのは彼が理論を勉強したのは大学在学中であること
始めるものに遅すぎることはない
そう教えてくれた

しかしながら
時は MS-DOS から Windows へ
辺りを見回すと適当なDTMソフトはなく
1994年、長男の誕生により音活は停止した

音活を再開するにあたって揃えたものの中
1999年に出された「新・ザ・ベスト・プログラミングス」シリーズがある
もちろん篠田氏の監修

楽譜通りのMIDIが無表情であるために
当時は苦労してやっていたことの裏付けを得た
 
130224a.jpg
 

ロケーション(発音)
デュレーション(長さ)
ベロシティ(強さ)

ピッチベンド(高さ)
モジュレーション(揺れ)

上記の3つは演奏する指で
下記の2つはホイールで行う

キーボードを使った入力は
テンポを落としてでもいいから弾ける部分のリアルタイムをお勧めする
抜けた部分は追加すればいい
細かい部分は意外と誤魔化しがきく
しかしなにより
上記の3つを打ち込み入力するのは力技になるからだ

変ったやり方だが
ノリを出すために同じ音を弾き続ける時がある
音程を後で上下にスライドさせる
八分音符だの十六分音符だの考える必要が無い
もちろんスラーやタイの重ねの手間は必要
ロケーションを大切にすること
見事なノリの演奏には欠かせない

これで随分とリアルになる

130224b.jpg 

リアルタイム入力編集が Cubase で非常に楽になり
打ち込みから演奏したデータを修正する方向に大きく変わった
もちろん怪物化したマシンやOSの恩恵は大きい

ピッチベンドを触らないことは無い
僅かだが触るというか手を置いているだけのことも
鍵盤を押す勢いがあるので勢いに応じて左手は動く
その程度でも随分と感じは変ると信じてやっている


DAWはこれに生音を同期させるのも楽
MIDIデータのパート演奏による実音録り
実際の生演奏による実音録り
どちらもやる

私の場合、ほとんどのパートに2つ以上の音が鳴っている
MIDI音と実音という組み合わせ
特に音量調整はオートメーション機能も使えるのだが
分かりやすさから切り貼ったデータのやりくりでトラックは増えてゆく
ディレイでの誤魔化し技は必須

作った本人だから知ってて聞こえるのか
自分のやりくりが非常に耳障りな部分が多々ある

音楽にはノリというものがある
上手い下手は別にして生音はノリを100%表現する
その人であれ、その時であれ
楽器の調子さえそうだろう
楽曲の色気として最も素晴らしい部分

ネットで知り合った方々の音を聴くと
ため息が出る時も多い
MIDIでライブ感を高水準で出すのは本当に難しい

でも仕方がない
不揃いな音が多いと空中分解しそうなMIXになる
あの苦しみからは回避したい

それを超える技

となれば上手な演奏を身に着けること
それしかない

我が努力に合掌


関連記事

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

ご教示になります♪

ん~っ、勉強になります・・・。
ってか、理解できない部分も多々ござりますが・・・
DTM・・・MIDI・・・やっぱ未開の扉なんですよね~・・・
って、なんで~そんなおまえが、音楽創っとるんじゃい!
・・・なんて声が聴こえてきそうです・・(泣)

そんでも~一定インターバルで、かじってみたいと思います。
おそらく・・・使えるようになっても~ほぼ中途半端・・・
きっと、これでいいのだ!・・・と自分を強引に納得させ
それなりな感じでOKにしてしまう・・・事でしょー。

いゃいゃ、まずは~DTMと向き合ってじっくり進める。
これしかございませんね・・先生っ!

聖さんへ

いえいえ、自分が出したいものが出ていれば今のスタイルでOKですよぉ。
私の場合は、表現したいものが生演奏では追いつかないのでMIDIなんですぅ。

今のご時世、DOSの頃に夢見ていた、こんなこともあんなことも出来るようになったので、それでのぼせ上っている最中なんですよぉ。

しかし音源だけで私のSV-1を越えそうなものを見つけてきたりと、、怖すぎます(笑)

春よ来い、はぁ~やく来い、、、

歩き始めたRossyちゃんは、生徒レベルでしぃ~(笑)

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう