ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

オリジナル曲『メロディー』YouTube登録





昨年、歌詞と共にMP3でアップしていたものの
自分のボーカルの音程が醜いほど外れていたので再録

全てが打ち込みによるものだが
MIDIギターは単独でWAV出力させ
そのデータに VST Amp [Bluesman's Rig]をかませた
同じものを2本、EQとReverbを違わせて左右鳴らしている
若干だがWボイス風に発音をずらしている

同様にE.Pianoも同じデータで音色を2つ同時発音
[Natural Tines]と[Synth Piano Pad]

毎度お世話になっている『足成』さんで写真素材を探し
フリーのVideoPadで動画処理をしてようやくアップ出来た

Cubase7 の扱い方を忘れているのでウォーミングアップのつもりだった
が、またしてもミックスで、すっかりポンコツ頭を呪う
先の『ある朝』は音源はそのままだったので問題がなかった
昨年はどうやって処理していたのか手順すら忘れ
自分なりのルールが何だったのかも思い出せない

情けないと思いながらなんとか形だけは整えた

歌い方が力がなくあっさり過ぎ
終了コードがなんかさっぱりしない
最後の波のような音はしっかりノイズ
多分だが、最後に全体にかけたリミッターのせい

色々と問題はあるものの抱えた楽曲を表に出すには
ある程度の妥協というか割り切りは必要

ってことで
なんとか6月内に Cubase 製作再開は間に合った

そうそう、歌詞は +may です
「rossyとmayの美味しい関係」その1
が、この作品なんですよぉ

寛容にお聴き下され


尚、最後のカップルの姿は
けして私たちの若い頃の写真ではない

あ、分かってらっしゃるぅ~(笑)


関連記事

テーマ:作曲・編曲・アレンジ - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

NO TITLE

Rossyさん こんばんはっ!

曲聴きました! ご自分で歌われるんですね!

若々しい歌詞に 頬を染めてしまいました (#^.^#)

私は 録音機材が無いので  いろいろな方の 曲を聴くと

凄く勉強になります! アレンジなんて 私にはまだ 遠いい世界ですが...汗

次回作も 楽しみにしてます!


最後のカップル Rossyさんかと思いました!笑


 

懐かしい曲調です

80年前後のニューミュージック、AOR全盛期の音作りで、
ややディスコがかったギター、テンションコードのエレピが、
すごく良い雰囲気で、全体のサウンドも王道の作りですね。

映像のせいもあり、何となく、湘南サウンドにも思えてきて、
出だしのあたりは、オフコース時代の鈴木康博みたいだし、
歌声は佐藤博とか、池田聡の感じがして、すごく良いです。

NO TITLE

。。な、なんですかこのMIDIギター!!

ひきょうですよ、めちゃいいですよ。。(笑)

ほんと、ロッシーさんの曲って、曲の鳴り出し前奏のところから、すごおくわくわくする世界に連れてってくれるのですよね。
包容力のある声も、やはり好きです。


そして、サビの。。

「メロディー」のとこのメロディーに、
潮騒がはじけ、波にさらわれました。i-258


*まりこうた*

定番!?

もはやすでに懐かしささえ感じる曲だよね!

ロッシーらしさがよく現れている1曲だと思います。
歌詞も情景がよく分かるものだったので
どこを直せば生きてくるか・・・ 考える時間は要らなかったですね。
+may と表記してもらえるほどのことはしてないと思うけどねぇ・・^^;

こんにちはです!
アレンジやトラックの仕上がりも
しっかりしていて根底に音楽力が
ぎっしり敷きつめられてあるのだろうなぁと思いました
歌詞もストレートにくる感じが新鮮でした( ̄▽ ̄)

tomocheeeeさんへ

はい、最初は歌手を探したものの見つからず、今では自分で歌っています。
皆さんには慣れて頂くしかないと思っています。
声が個性的で歌の上手な方がいると、声帯が欲しくてたまりません。

頬を染めるのは愛しのダーリンと浜辺でしてくださいな。
この曲をBGMにしてもいいですよぉ~(爆)

精進中ですので、ノリが出たら一気に放出です。
何をやらかすか分かりませんので、楽しみにして下さいね。

・・・実は、超くらぁ~い歌を製作中で、、、(汗)

髪型はどちらも似ているんだけどぉ~。
ああいうシーンもあったと思うんだけどぉ~です。

ギターマジシャンさんへ

正にその世代ですので、この歌はそのまま一気に仕上がりました。
構成をシンプルに、リフを通してポップさを狙いました。
クロスオーバーやら、ディスコやら、、色濃くでてますよね。

当時の歌い方は今のような元気さではなく、どこか気取って話しかけるように、
そんな気がします。
私の声質的に、そういう感じにしかならないのが残念です。

したかったこのあたりのサウンドを一巡したら、どこに行こうか、、。
ネバっこい方に足が向くかもしれません。

私の変化も併せてお付き合いいただければ幸いです。

まりこうたさんへ

MIDIギター、いいですよぉ!
絶対に間違えては弾きません。微妙なところも一度教えたら必ず弾きます。
私、ノルと鳴らしてはいけないものを思い切りビヤァ~ンですし、
落ち着いて弾こうとすると、空振りで音抜けしちゃうんですよねぇ~。
Cubaseの何が一番いいと聞かれたら迷わず、
MIDIに弾かせて生音録ったら、それをVST amp でエフェクトって言います。

ロッシー・ワールド、、そういう楽しみ方で結構ですので、よろしくお願いします。

「メロディー」のとこで、メロメロになったとか、、、、、、言わないですよね!(爆)


ちゃらこさんへ

この歌は記事にしたところの訂正がなければ
中身は半減すると思っていますよ!

rossy & may が合作レベル
rossy + may が推敲レベル
・・・ってことで、どぉ~でしょぉ~か?

二人三脚、ちゃんとサポートしてね!

Reach_rhさんへ

そう言っていただくと勇気づけられます。

いつかメロウでファンキーな曲が出来たら、是非ともベースラインを
お願いしたいと思っています。
着くずれせずに、REACHさんのようにカチッとしたやつを作りたいものです。

思い切り直球な歌詞になり、どこか恥ずしながら歌っています。
新鮮で良かった!妻は完熟に近いと思っていたので、、、、(爆)


コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう