ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WAVES iGTR で、初夏にしよぉ~か音活を


実は面白いものを持っている

昨年の今頃、何か新しいものを掴みたかった頃
持ち運び簡単でお手軽にエフェクトできるということで買った

BOSS のエフェクトセットは手狭な部屋には大掛かりだし
Cubase の VST Amp はソフト起動しなくちゃいけないし
そもそもエフェクターの知識に疎いので未だにプリセット頼みだし
・・・確かそういう思いだったと思う

WAVES iGTR

130628a.jpg
 

サウンドはここから別窓で入って聴いて欲しい

本体写真上のドロップダウンリストからデモを22種類から選択
本体写真下の[PLAY]を押せばサウンドが鳴る

上に ambience
delay,chorus,reverb スイッチと tweakツマミ
中に effects
wah,trem,phaserスイッチと speedツマミ
下に amplifier
warm,norm,brightスイッチと driveツマミ

ねっ、なかなか面白いでしょ~


昨年の秋過ぎに電源が入らず、すぐに交換出来る単4電池がなく放置
年明けに交換したが入らずに季節労働に入ってまた放置
最近、ギターにはまったことで思い出す
購入日をみたら7月1日付
保証期間が過ぎると慌ててサポートセンターに問い合わせ
既に生産が終了した品ということでメーカー問い合わせ待ちだったが
無事に交換ユニット(要するに新品)が送られてきた
今朝のことである

よぉ~し、遊べるぞぉ~

今はインスピが合えばどんな音でも使ってしまう向き
こんなんあんなんと刺激を変えて試せれる
そこで新しい楽曲が出来ればいいよねぇ~

よぉ~し、頑張るぞぉ~

「初夏にしよぉ~か音活を」
駄洒落、申し訳ない



関連記事

テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。