ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ibanezのエレガットギターが仲間入り


中古ですが買っちゃいました
アイバニーズのエレガットギター

130710a.jpg 

Ibanez AEG10NENT1202
W382mm,D85mm,L488mm

 SST プリアンプ搭載
Onboard Tuner
Volume Control
Shape Control
Phase Switch
3BandEQ(Treble,Middle,Bass)
※現行モデルと変わらず

XLRタイプコネクター対応



弦はハイテンションタイプで
「張りのある荘厳な響きを生み出すコンサート用の弦」
と書かれた AUGUSTINE の BLUE

張って弾くと12弦ギターのように3と5弦が鳴るので焦る
張った時に余分な部分の始末をとってなかったため
それがボディーに触れて鳴っていたと分かってホッ
ガットギターは高校の音楽の授業以来

音程が落ち着くまで結構な時間がかかった
ひどい演奏家になって指がボロボロ
私のレベルでのマシな音が出るのはいつのことだか、、
でもきっと、その内お目見えするはず
皆さん、耐える準備を怠りなく

けして宝の持ち腐れなんて言わないこと


ギターの音色追求より本物のガットで弾きたかったこと
手軽な携帯アンプも購入予定だったのでエレアコにした

どこか草原とか山の上で鳴らしたい
川べりで月を見ながら弾くのもいいだろう
けして昔のようにヘッドからマスコット人形を垂らしたりはしない
そういう時代であったのだ

友人の妻が作ってくれた私のマスコット人形
大事にしまってどこにあるのかも今は分からない


弾ける方だったらこんな風に聴こえるらしい
という YouTube動画はコチラをクリックしてね!


でわぁ~
良い音が鳴るようにお祈りぃ~



関連記事

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。