ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

『届いた気持ち』アルペジオVerをYouTube登録


前回、アップしたものの G.Verdsion です



最近手にした Ibanez のエレガットギターを使ったバージョンです
ガット弦の魅力にはまり込んでしまった結果です

作曲時のギターそのもので録音されているので
もしかしたら誰かの何かのちょびだけ参考になるかもしれません
一番シンプルなオケののせ方だと思うんです

歌声に修正は施していません
前回の分でケロケロになっていたので凝りました
下手なりに少しは歌い込んだのでマシになったかな?
出来たてほやほやは危ない危ない
で、毎度のさらりで力の入らない歌い方ですが
力を入れたとたんに音程が外れるので出来ません



それではここで小話をひとつ

私の作品は我が家では妻にも聴かせます
歌は聞き手によって変わるものです

「ねぇ~、誰かイイ女がいるとぉ~?」
「えぇ~!なんでぇぇぇぇ~!」
「だってさぁ、歌に書いてるじゃん!」
「えぇ~!どこぉぉぉぉ~!」
「ここ!」

手に入れたものだって それはそれで良かったけど
大事なものを見失いかけてちゃ始まらない


「で、ここがどうなのよぉ~

「手に入れたものは、私とこの家庭、大事なものって誰っ

予想外の聴き方をされてはたまりません

恋愛の歌を作る妻帯者はご用心

「じゃぁ、寝るけん!、冗談に決まってるでしょ~」
「オイオイ・・・・・

妻が奪われたものがあるとすれば、それはこのところの私との会話
こういう話をする時は悪しきことの前兆とみて間違いなし

もち、ちゃんとフォローしました
持続可能な音活と結婚生活
全てはこれに尽きる




関連記事

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

良い音色ですね

以前のバージョンも、アコースティックな響きがしていましたが、
今回のガット版は、すごく柔らかい音で、ハープのように聴こえ、
どちらも捨てがたい、シングルとアルバムバージョンでしょうか。

ゆったりとしたアルペジオも、すごく音の選び方が計算されて、
少しずつ音を変えながら、コード進行を感じさせる動きですね。

ギターマジシャンさんへ

すっかり影響を受けても、私が出来る範囲はこの程度です。

出だしからビビッて、その一部をMIDI音源にすり替えようとも考えた
のですが止めました。心意気でやり過ごすって感じでしょうか、、(笑)
Cubaseはそんな手を自在にできるので、まるでフランケンのような
データが出来るのですが、またそれも1本のトラックにまとめることも
出来て良いのですが、今回は2テイクをそのまま使えました。おかげ
で左の指はボロボロです。

ギターはバーチャル・アンプをかませて、私もハープのように聴こえ
それで採用にしました。製作時のエレギ同様にカポ2フレで演奏し、
ベース音を親指で行うコードは握力ものでした。

今取り掛かりのmay用の曲は、demo時点で間奏のソロをこのギター
でピックを使い入れてみました。イイ感じの夏と海を感じる音になって
嬉しいのですが、発表は彼女の予定から秋になりそうです。
その時はまたよろしくお耳を拝借できればと思います。

NO TITLE

アコギバージョンもいいですね!
歌ものはドラマチックに かつ 最小限の構成で!が一番 歌メロが生きてきますもんね^^
特に  届いた気持ち 曲自体に力があるんで演奏で肉付けしなくても充分いけますよね~

ばっちり参考にさせていただきますよ!

って ぼく
そもそもアルペジオができない! まずはそこからですね  汗

小話のところ  僕も 『ええー どこをとったらそうなるの~って 思いました 笑

でも 仲のよさが伝わってくるエピソードでいいですね☆


ん  エピソードって言葉・・ なにかに使えそう。。

ぼくは逆ロッシーさん状態で    スランプです。 アラレちゃんもびっくりです。

ながさんへ

お褒め頂きありがとうござい。
私もながさんのドラマチックを参考にしているところなんですよね~。
ながさんの二人の関係に集中してゆく歌詞の流れはいいっす。

私、アルペジオよりもスリーフィンガーが得意な世代なんですよね!(笑)
そういえば「22歳の別れ」の意味が分かったのは22歳だった!(笑)

今ですね。先日記した「蝉」から発展させるべく思案中・・・
数年も前から好きだった娘、男友達No1レベルまで達するが、彼女には彼が、、。
夏におぼれた彼との別れから、自分に逃げ込んだ彼女と一線を越えてしまう。
だが分かっている、、いずれくる「ゴメン・・」、、彼でいれるのは1週間か、、。
自分を蝉に例えてみる、、、、って展開かなぁ~。

これは若向け、、私世代は親父心情をラップで語るのはどうか?
「ヒマワリは元気よく咲いてるけど 職場からは暇ワリィ~って言われて、、、」
親父駄洒落爆裂ラップを、韻をふむとは言わないかぁ~。

などなど、、案だけはスッパマンのごとく出ますね!

・・・笑える?(爆)・・・・申し訳ない(汗)

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう