ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

オリジナル曲『想い出の夏』 YouTube登録




新作です。といっても製作は2011年。
温存していたわけではなく、ボーカルが綺麗に入らなかったこと
YouTubeを始めた昨年、時は既に秋になっていたこと
なによりもCubaseに不慣れだったこと
です。

ストロークのアコギ以外の全ての音源はCubase 付属の HALion Sonic SE
構成は以下の通り
 
Dr : SR Live Room Kit 2
Ba : Punching Dance Bass
Gr1 : Electro-Acoustic Guitar 
Gr2 : Dulcimer Guitar
Ep : Phasing Mark 1 & [GM006]Electric Piano 2
St : "Mmh Choir & Strings"
Solo : Expressive Flute & Almighty Organ

サビ入口のジャカジャーンだけは VST Amp Rack を使用
[Indie Soft Crunch]で迫力を付けたつもり


コード進行が非常に気に入っていて今回は公開します
興味のない方はごめんなさい

[イントロ&間奏]
D7/C,G/B,Bb6,D/A
G,D/F#,Em7,A7sus4
[メロ1]
Dmaj7,Gmaj7,Dmaj7,Gmaj7
F#m,G,(Em7,Em7/A),A7
Dmaj7,Gmaj7,Dmaj7,Gmaj7
F#m,G,Em7,(Em7/A,A7),D,D
[メロ2]
D7/C,G/B,Bb6,D/A
G,D/F#,Em7,Em7/A,A7
[サビ]
D,C/D,D,C/D
D/F#,G,Em7,Em7/A,D,D

イントロと間奏の進行がメロ2とまったく同じ
私のベース半音階進行好きがはっきり分かる作品です


画像は最近は良く使っている wallpaper.com さん
壁紙に出来るくらいの絵なので美し過ぎ
私の描いたシチュエーションとはギャップがあるけど
・・この娘、髪を括っていない!なんて突っ込まないこと


最後に実話かどうかは詮索しないこと
妻帯者ですから



関連記事

テーマ:作曲・編曲・アレンジ - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

イメチェン!

いつUPするのだろうと思っていました(笑)
ん?こんな曲だったっけ?
私の記憶違いかと2011バージョンも聴いてみたり・・・
けっこう様変わりしたよね。
アレンジはもちろん、メロもいじってるし、歌詞も一部1番と2番入れ替わったり。

やっぱロッシーワールドですねぇ(^_^)v

アレンジが良いです

すごく80年代を感じさせる良質のアレンジで、懐かしい感じがするし、
コード進行も凝っていて、メロディに対し、カウンター的になってます。

ロッシーさんの歌声のせいもあって、佐藤博の曲がすごく浮かぶし、
バッキングの澄んだギターや、そこにシンセのからむところなどは、
岡村孝子とかの、さわやかな曲みたいで、本当見事な編曲ですよ。

全体的に、曲がきちんと曲として成立していた、あの時代を感じさせ、
ルパート・ホルムズや、ボビー・コールドウェルが聴きたくなります。

ちゃらこさんへ

おおっ!やはり気付いてくれましたか。
やはり持つべきものは may ですね。

当時の、といっても1年前ですが、技術もあがりましたし、余裕も出てきました。
歌も、下手な領域ですが、数倍は良くなっています。歌い慣れもあるしね!

今週末は今日しか出来なかったので、とりあえずこれだけはシーズン中に
出したいと頑張りました。

ギターマジシャンさんへ

過分な言葉に返す言葉がございません。

最近はマジシャンさんが私の秘密を当ててくれるのが楽しみになったかもぉ。
だって、、
この曲のベースとドラムスは、Bobby Caldwell の All Or Nothing At All
みたいにしたいと思って意識的に構成したんです。
私のギターは Rupert Holmes の In You I Trust が全体的に影響を受け
ています。格好良くて死にそうに好きなんです。そうそう、この曲のギターソロに
近い音出しをする方を探しているんですよね。
どちらの名前も出てくるので、正直に驚いているんです。

メロディアスで楽器がハーモニーを奏でてくれる世界の実現に向けて精進した
いと思いますので、お見守り下さいまし。

最後に、岡本孝子、好きですよ。実は本当にそっくりな曲を彼女よりも先に作っ
たことがあるんです。「彼女の帰郷」って歌なんですけどね!どこか似た線が
あるかもしれません。

NO TITLE

物語は実話のエッセンスが感じられますwいつかの夏の記憶・・青春ですねー
雨宿りのとこなんかイメージ浮かびますし・・詮索しないですけど 笑

サビのジャカジャ-ンが良い味だしてますね~
その余韻が歌詞の残照とリンクして おおっとおもいましたぁ!

もしこれを狙ってやってたら凄いなぁと思いました^^

負けてられない!!

ながさんへ

実は、、、とかいう駄洒落回答は何度も使いません(笑)

僕たちは二人きりになりたくて、島の向こう遊泳場とは逆側の海に入った。
誰もいない海、、。
ふいに彼女は首の後ろで結んでいた紐を解いて、人魚の姿で泳いだんだ。
波の音も、風の音も消えた瞬間だった。

~という展開だったら、どぉ~しよぉ~!残照どころじゃない!
沈まない太陽、終わらない夏、焦げ付いた影、、、歌詞の展開も変わるよね!

ジャカジャーンって吹き出し入れちゃダメだよぉ!(爆)

なんのこっちゃ、、申し訳ない(汗)

NO TITLE

おはようございます!!

忙しくて、今更になりましたが聴きました!!

ロッシーさんの曲って何故か落ち着くんで好きです。
優しくて幸せな空気が漂ってるからですかね?(^o^)

半音階進行、僕も好きです!
でも僕はどちらかというとピアノのトップノートでやっちゃいます☆

>最後に実話かどうかは詮索しないこと
つまり〜〜〜?(笑)

cowboyさんへ

幸せは歩いてこない、だから歩いてゆくんだよぉ~
(水前寺清子)
その世代なもんで、幸せさを求める傾向は強いかもぉ(笑)

半音階は素敵でしょう?(笑)ベースに、コーラスに、ストリングスに、
どこかメロを支え繋ぐ手段との役割を担わせている気がします。

実話>だからぁ~、、、人魚になったんだってばぁ~(爆)

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう