ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

オリジナル曲 『夜間避行』 YouTube登録




今年の夏の新譜です

しまった
まりこうたさんの紹介の後に続ける前に
いくつか記事をアップしとくんだった
・・・とか思ったのですが、ここんとこなんやらかんやらで、、、。

先週末に may にアップすると言いながら
ようやく今夜になって出来ました


本当に良いアレンジと言うのはシンプルだと思いながら
加算ばかりしてしまい、減算が出来ない始末です
歌ベタのカバーという強迫観念がそうさせているかもぉ~

性格判断でウツにはなりにくいタイプらしく
でもなけりゃ、ボカロも使わずこうやたらと発表はしない
完成感なき発表を続けながら
今、コラボという他人の品の扱いの難しさにも直面
色々と考えちゃうのに心意気で脱出が必要な感じ
・・・夏バテか、それとも不快指数高き天候のせいか、、
集中豪雨、皆さんのところは、親しい方々は大丈夫か?


今回は全て HALion Sonic SE の音源です
ギターだけはいつもの通り wav出力後に VST Amp をかませました

Dr:Hip Rim Kit4(Latin) & SR Studio A Kit(Std)
Bs:Dark Click
Gr1:Shimming Ensemble
Gr2:[GM 029]Muted Guitar
Gr1 wav:VST Amp Rack[Thats Jazz]
Gr2 wav:VST Amp Rack[Surfcaster]
Kb1:Decimated E-Piano
Kb2:R&B Ballad Electric
St:Aah Choir & Pad


割と単純なタイトルを付けている私ですが
今回は悩みました
「夜間飛行」だとジェットストリームだし
「夜間避航」だと意味が違ってくるし
「ヤカン退こう」だと、もうお茶飲めないし、、、
そうなると熱中症が心配だし、、、

くだらないことを言ってないでご挨拶
どうぞ、聴いて下さいまし
ヨロシク



関連記事

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

ソフト&メロウ

ドラムの叩き出すリズムが、すごくジャジーな良い感じで、
フュージョン系ソフト&メロウ路線で、懐かしい曲調です。

映像が、夜景、夜の街並なので、ついついジャケットから、
ジノ・ヴァネリだったり、クルセイダースを思ってしまうし、
アル・ジャロウのサウンドにも聴こえ、演奏が見事です。

歌声が、基本的には変わらないのに、曲の雰囲気により、
別のように聴こえて、この曲では、池田聡に近い歌声です。

NO TITLE

『夜間避行』哀愁も漂うタイトルで歌詞がカッコイイですね。
僕の好きな80sの音楽が散りばめられていて
だからといって誰という訳でもなく、これぞロッシーさんの曲
って感じですね。

哀愁の中で感慨に浸れる、そんな心地よい曲です。

これは!って思ったのが2:40の画像なんですが
若戸大橋ですよね。
皿倉山から撮影したこの景色は、新日本三大夜景の一つ
なんです。
やっぱ絵になるな~、スイマセン故郷なもので^^;

NO TITLE

私もよく 夜間避行(夜間飛行)します 

深夜はサポロではほとんど車いなくて
本当に飛行してるみたいな気分になり
空が白んでくる瞬間なんかは なんというか....
希望的絶望感 絶望的希望感?
で満タンになります笑 

この曲とても オシャレでクールですね!

り〜ち流で言うと

乾いた潤いを 枯れた艶を 感じます

NO TITLE

繰り返されるAメロ(でいいのでしょうか?)が、すごい好きです。

アレンジ、音使いも、私にはとってもぴったりときました。。
夜のまちを車で走り抜けているときに、助手席の窓から夜の光を見つめているうちに感じている。。あのなんだかなつかしい、好きだった感覚、
呼び起こされました。

あ、ごめんなさい。。わかりづらいですよね。^^;

とにかく、流れ込んできました。♪

*まりこうた*

ギターマジシャンさんへ

実はこの曲のリズム体は作ったものの何か今一つ足りない気がして
どこか自信がなかったのですが、そう言って頂けると嬉しいです。
ドラムスを2チェンネルで入れたせいで噛み合いが悪いのか、それとも
ベースとの調子がとれてないのかなどと色々と考えてしまってです。

ちゃんとソフト&メロウに聴こえてくれてホッとしています。歌詞もそうい
う内容ですし、、クルセイダースの「Street Life」「Soul Shadows」が
好きで、あの明かり感がどこか少しでも出したくて頑張ってみています。
私の最高のピアニストは Joe Sample 未だに誰も超えません。
アル・ジャロウ、、「Moonlighting」のテイストもイメージにありましたよ!

演奏が見事なのは MIDI ですし、当たり前なので、困ったなぁ~(笑)
次の新譜はつたない腕のエレガット生を全面出し予定なのにぃ~(苦笑)
ま、歌は may なので、そこでは救われます。

facebook でも友人から「ボーカルが、、」と叩かれ、非常に落ち込むの
ですが、ウツには不向きな性格ゆえ、まっ、いいかぁ~生きてる証って
ことで、やり過ごす、、。言いたいことさえ伝わればいい感覚です。

池田聡さんって、現役バリバリなんですね。

ヒデアキさんへ

この曲のテイスト、ヒデアキさんの旧い音源にも共通感があります
よねぇ~。って、実はしっかり参考にしてたし、、、(笑)
MTR時代とは違い、Cubase時代のなせる業が、多分ですがこの様な
作品の出来上がりになるのではないかと思っています。

「若戸大橋」、間違いなくそうですね。言われて気付きました。
そうこの特徴ある交通的には不便そうな地形は間違いなくです。
新若戸道路、昨年に北九州美術館に行った際に通りましたよ。

そう故郷でしたね。私ね、北九州って文化的施設が充実している都市で
とても好きなんですよ。起伏の多さや迫る山、そこから生まれる独特の
風景、原チャリで温泉施設の仮眠室で泊してまでも散策をした街です。

REACH_rhさんへ

真夜中じゅう遊んで辿りついた海岸線。
もうくたくただというのに、既にピリピリと脳の一部にしびれがきているのに、
僕の意識ははっきりと、いや反って尖るほど冴えている。
ガードレールに腰を落として、潮風が瞼に重い。
タイヤに寄せられた砂がスニーカーにざらついて、首元の汗が少し乾いた
感触で、カーオーディオがやたら重低音だけ響かせている。
間近な夜明け、希望の今日を迎えるっていうのに、白んだ時間の中で日常
の中を彷徨っている自分が見えた。

一気にここまで。希望的絶望感or絶望的希望感が誘ってくれました。

どこか背中合わせのもの、一心同体的なもの、、そういうものを感じさせる
コメントですね。なんだか先日の「環七」のマーチ的な部分にシンクロしてい
る気がする rossy です。

まりこうたさんへ

その時の運転者はどのような方だったのでしょうか、、、。
その時にまりこうたさんが浮かべた気持ちはどのようなものなのか、、、。
詮索ではありません。
私の興味の種は尽きないという話ですよぉ!

運転席と助手席は独特の環境ですよね。

ギアボックスが邪魔で近づけない
キミは窓の外を見ながら何を感じて何を思ってるのさ

・・・若い頃に書いた散文を、僕も思い出しました。
私の場合は、すんごく分かりやすいでしょぉ~(爆)

マニュアル車自体が今では少ないし、コラムシフト多いし、、
今だったら、、、隣でスマホな彼女だったら絶対に乗せなぁ~い(笑)

NO TITLE

す、すみません、、運転席は、お母さんです。。

安全地帯やら稲垣潤一(お母さんが好きでいつも車でかかってました。)を聴きながら窓の外流れゆく夜の景色を見ていると。。

なんかふしぎな熱を帯びたある場所に いつしか連れ去られていた、
小学生でした。。(笑)

*まりこうた*

まりこうたさんへ

・・・なんだぁ、つまんなぁ~い(爆)

私もね、そういうのありますよ!
エンドレスのミュージックテープの時代でね。

温泉が好きだった父がふいに思い立って片道1時間以上の道のりで
行くんです。兄が持ち込んだ甲斐バンドやら吉田拓郎、風なんか、、。
後部座席の私は、暗闇に浮かぶ電照菊のハウスをぼんやりと眺め、
村々の明かりの中で行われているだろう団らんなどを想像したり、、、。

不思議な熱を帯びたものは違うでしょうが、湯上りのせいでしょうか、
暇に任せて妄想に次ぐ妄想、、、中学生でした。。(笑)

図書館が自宅だったらと思っていた頃です。

NO TITLE

おはようございます〜。

ロッシーさんの曲が好きな理由の一つがわかりました。
歌詞での状況説明が丁寧なので世界観のイメージがしやすいのですね。

そしてアレンジが物凄く丁寧。
曲調としてはさらっとした爽やかな曲長なんですけど
細かいところで素敵な音が鳴っている。
ベースラインも細かくて好きです。
いいです☆


・・・あれ?二つ書いちゃった(笑)

cowboyさんへ

二段重ねのコメントに言いようがありません。ありがとう。

私ね、「男ユーミン」になりたかった人だったんですよね。今も、その意識せず
とも残っていると思います。シチュエーション主義的に、本音はあらわにしない
のが、私的にはユーミン・スタイルだと思っているんです。
どうも「俺はお前が好きだぁ~」「愛とはこういうものだぁ~」は性に合いません。

細かな音を拾ってくれてありがとう。私が表現したい80年代のAORのテイスト
は、楽器がそれぞれ素敵に鳴り繋いでゆくところです。音圧主義的な今のポッ
プスにはない、演奏者の色気のハーモニーが少しでも出ればと頑張っている
感じです。

私って、実はドラムスよりもベースでリズム感を出したいタイプなんです。
一番時間をかけて、やり過ぎで全面見直しをするほどです。弾けないのでMIDI
なら反って何でもしちゃう的で反省もしちゃいます。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう