ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

転んでもただでは起きぬrossyの話


先週の日曜日
転んでもただでは起きぬ奴だと言われる私
それは確かなようだ

義兄に誘われて筑後市の建設会社、大藪組のショールーム
この時期だけ、にわかビヤホールとして解放され
地元プロ・サックス奏者「深町宏」さんがステージを務める
私が来るのは初めて

11:00、甘木鉄道とJR九州を利用して現地に
昼間からビアホールで飲んだくれの予定
しかし
現地の状況がおかしい、静かすぎる、、、
そう、開演時間が17時と書かれた張り紙
呆然と立ちすくむ義兄
12:00

この日は朝から夕刻まで雷が鳴り続ける悪天候
激しく降っては止みの雨
JR羽犬塚駅まで戻って策を練る

こういう時、何かと思いつくのが私
「船小屋温泉
そこで時間を潰すことになった

JR船小屋駅は新幹線の開通で立派な駅に変貌し
駅前には「九州芸文館」が建立された
ここから温泉施設「恋ぼたる」までの巨大な公園
どうやって過ごそうかワクワクするのが私の性

芸文館前に「ピアノ弾き語り、中島聖子の案内
16:00~、17:30~
これは絶対に観ると決めて先へ

大宰府にある国立博物館もそうだが
サーカスでもない限り広く本館を開放するという
地域の文化芸術の発信地として生きてゆく姿勢
文化施設だということだけに胡坐を許さぬ時代
私たちの税金が投入されている施設
当然だが裾野広く工夫多く、いいことだ

「恋ぼたる」に着くとライブ音が聞こえる
超ラッキー!芸文館での案内と同じ「中島聖子」さんが出演
第33回「樟の香りコンサート」
13:30~、15:00~
エレガットギターも一緒に、ボサノバが流れてくる

最近、エレガット・ギターに夢中な私
目の前で奏法などの感触をつかめて勉強できる
なんとも幸運な巡り合わせ

130807b.jpg 

写真は芸文館のものだが
ヒルトン・シーホークで5年間レギュラーで歌われた方
素晴らしい歌声に魅了される

ここまで、温泉には入るし、ステージ3本観れるし、、

18:00過ぎて本命のビアホールへ

130807a.jpg 
深町宏(sax) 久保田浩(ep) 松下一弘(b) 関家真一郎(per)

深町さんのこんなカジュアルな姿は見たことがない
南国ムードのビアホールで相変わらず素晴らしいサックスの音色を聴く
ラテン・パーカッションの組み合わせも初めて

リラックスな雰囲気のせいか
私が一日じゅうの酔っぱらいのせいか
とても余裕のある、ふくよかな音色で届いた


「災い転じて福となす」
「転んでもただでは起きぬ」
そういうことで終わらせる話ではない

一日中、今求めているカテゴリーの、それも生演奏を聴く
もったいなくも過ぎた一日でした

ありがたい



関連記事

テーマ:今日のしあわせ - ジャンル:日記

*** COMMENT ***

NO TITLE

すばらしい一日でしたね!
私は計画がうまく行かないときは不機嫌になったり
なかなか立ち直れませんが
rossyさんを見習ってワクワクしたいと思いました(^^)/

ふぃのなさんへ

妻が非常にランダムに予定を入れてくるタイプで、それに対応するのも
夫の務め、、(爆)、鍛えられています。
私自身はタイムスケジュールまで綿密に計画を立てるタイプで、旅行計
画書作成マニア的なところがあるんですよ!
それを積木くずしのように、当日要求を入れる妻、、それで時々は爆発
することも、、、実はあります(爆)

ただ、時は戻りがきかず、それで棒に振るのは性分が許せませんし、
なによりも非日常感好きのなせる業ですね。きっと、、、。

いつもの商店街の、あの角をひとつ手前で曲がったとすれば、、そこから
何かが始まる物語的に、生活を楽しみましょうね!



コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう