ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

オリジナル曲『素直に言うと』本家本元Ver



2012/11/17 に YouTube に登録したものの May の歌によるものです
7th-lab's さんのネットラジオで2度も流して頂いたものです
軽快なボサノバです

11月の半ば過ぎと言えば May は冬の商戦に突入
出来上がったものはすぐに出したいせっかちな私
自分で歌ってもなかなか気持ちが良い

12月に入るとなかなか自身の音活もままならず
年を明けると季節労働者となって春を待つしかない

それで May  に歌わせずに独断専行発表してしまった
今回はようやく本家本元の歌声でお届けできたわけです


よろしくお聴きください

もうひとつ8/14に録音されたものも YouTube に登録しました
May の歌声3本締めです

2012/11/23に初回登録を行ったものの再録です
先の理由によりデキよりも発表的な私
May は閉口しながらもよく許してくれたと申し訳なさでいっぱい
ほとんど初見で歌え状態で録音されたものだったんですよね



オケを少し強化したつもりです

よろしくご試聴下さい



関連記事

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

NO TITLE

ロッシーさんこんばんはっ!

お忙しい中 沢山音楽してますね

曲を作る才能と アレンジの才能

素晴らしいですね!アレンジは わたくしにとっては 未知なので

ばりばりやっている感じ 憧れます

私にも アレンジがね とか 言える日がきてほしいです

早く本題に入りたいです(-"-)しくしく

Mayさんとの コンビネーションも 聴いていて 羨ましいです

私も 相方欲しいなぁ...と 笑

tomocheeeeさんへ

こんばんは!ヒートアップし過ぎてエンコ状態な夜です。
先ほどローソンに行くも、歩いているだけで汗が、、、暑いですね!
・・・といっても北海道は大雨のニュース!
大丈夫ですか?遠くで心配だけしています。

曲作りのアプローチは多様です。「素直に言うと」は原曲はキーボの自動演奏
だし、「潮騒」は純粋にギターだけですし、「夜に」はロングトーンのキーボです
しね。ギターも昔のようにジャカ弾きはあんまししません。要所だけトーンを拾
うだけの場合も、、、です。アレンジはDOS期に作ったり集めたりした余るほど
のMIDIパターン集からで、ゼロから製作は今のところ少ないですしね。それ
で’80代っぽくなってしまうんですよね。いいんです。好きだから、、、。

相方・・・誘ってる?(爆)私の領域内だったら案は出せますよ!
REACHさんと取り巻きを超える自信は全くありませんよぉ。
・・・まさかですね(爆)

NO TITLE

こんにちは!

おぉ!
こちらは軽快なボサノバですね(^^)

ボーカルとても素敵ですね!

とっても刺激になりますぅ!

HA-ROOKIEさんへ

こちらは正統派的な編曲にしました。
もう一曲あるのですが、そちらはもっとベタです。アップは絵を探し中、、、。
そのうち登録すると思います。

さぁて、一通りボッサの表現はやったので、これからどの道を行くか、、。
Isabelle Antena のようなヨーロピアンなテイストを一度は試したい。

そう思っています。

どちらも良いです

「素直に言うと」は、まさに、ボサノバの王道のアレンジですし、
Youtubeで聴けるロッシーさんの歌も、捨てがたいのですが、
作曲したジョアン・ジルベルト本人が、歌ったバージョンより、
アストラット・ジルベルトの方がヒットしたのに、近いですかね。

「夜に」の再録は、歌も演奏も、すごくクリアになった感じで、
こうして聴くと、サックスはないのに、デビッド・サンボーンや、
グローバー・ワシントンJrらの、歌ものフュージョンの音で、
「花のバブル」全盛時の、クリスタルサウンドを思い出します。

ギターマジシャンさんへ

再録モノまでコメントして頂き、大変うれしく思います。

やはり歌声は別の種の楽器を持ち替えるように違いますよね。そういう意味でも、
時々は Rossy と May バージョンを出すのも一興かもしれません。
「素直に言うと」は2本のギターの響き合わせが正解だったと思うんです。

「夜に」、よかった、ちゃんとクリアに聴こえているんですね。
どちらもしっかり聴き込んだ奏者で、今でいうスムースジャズのパイオニアですよね。
夜という次元の透明感や張りつめたもの、例えば山下達郎の「MOONGLOW」的な
作品を目指した作品で、一本調子なポップスに中にあってクラシックのような起伏さえ
感じる作風を出したいのが本音です。昔のROCKな作品にもその傾向があり、
単純にストリングスやピアノがそれらしい和音展開でクラシック包括もどきにしてしま
うのは解せません。

・・・口だけで出来ない私、、精進してゆきたいと思います。




コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう