ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

10月« 2017年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月

体育祭にかかっていた曲を聴きながら


九州は猛暑が一気に消え失せて
随分と過ごしやすくなりました

父の十七回忌も終え、我が家は今週は中高の体育祭
やはり高校生は迫力があっていいですね
育成会の役をしていると来賓席で観覧できるものの
天気が良すぎて干からびそうになりました

今週末は中学校の体育祭、予報では良くありません
PTAなのでやはり来賓席から観覧です

昨年は雨の中での実施
泥んこになりながら若さが破裂して楽しかった
後のグランド整備は大変だったでしょうが、、

130912a.jpg

 さぁて保留中のコラボ作品
オケがちゃんとのればかなりのセンになると思っている
・・・が、気合いのせいで前後が定まらず
他人の品はなかなか見切りがつけれない

体育祭中にかかった曲
キャリパミュだけで3曲はかかった
他のダンサンブルなナンバー、知らない・・・

今の若者のミュージックシーン
機会があれば深夜のTVで研究はしている
盗作問題にならないのが不思議なくらいの作品も多く
個性の差を探すのが大変だし
というか区別がつかなくて困ることもある
・・・やっぱ、俺はオジサン・・・?

同級生の女友達がナオト・インティライミに追っかけ状態
借りて聴いてみるも肌に合わず
・・・あいつ、、若いん?・・・?

15年間のブランクを埋めるのに中古市場を彷徨うも
ミニアルバムCDをリリースして消えていった者たち

市場とは関係なく音楽が出来る身の上が愛しい
World of UNIT Anchor
我が道を行くさぁ~

どうも自分は2年目の姿を模索していたらしい・・・
気負っちゃ、、いかん!


関連記事

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

そっかぁ

体育祭のシーズンですよね。
学校から離れて長くなると、そういう感覚もなくなっちゃいます^^;
私も長いこと来賓席から見させていただきました。
っていうか、PTAとしてやることも多くてなかなかゆっくりと言うわけにもいかなかったですけどね。

若者のミュージックシーン・・・
私も同様、ようついて行きません(笑) オバサンですよ!
やっぱいつの時代もそんなもんじゃないですか?
ナオト・インティライミは嫌いじゃないですが・・・

2年目のUNIT Anchor 気負わず焦らず
我が道を行こうじゃありませんか!!

NO TITLE

返事おくれてすみませーん!

そうか!二年目なんですね!二年目でこのリリースラッシュ!


その前に貯めてた作品もあったのでしようけど90年代後半の連続、同時リリースを彷彿させるペースですよね@@ロッシーさんの場合は出すごとに演奏も歌唱力も格段にクオリティーが上がってるから それが単純にすごいです。


おれはもう伸びしろが無いので ノベルをピーク(?)に これから枯渇していきます 汗 

ちゃらこさんへ

来賓席は本当に素晴らしいですね。視界が違うとまで言えますよね。

歌は世につれ世は歌につれ、、宮田輝さんの言葉、、。
流行り歌はそういえばいいのでしょうが、
自分史と共にある、あった音楽(歌)はなんて表現したらいいのだろう、、?
そう思うところです。

2年目に向かって何かの指針を持ちたかったのですが、やりたいことと共に
身近に感じるものもあり、その正体を探ってしまいました。

気負い、、だろうなぁ~。
仕切り直しします。

ながさんへ

何をおっしゃるのぉ、伸びしろが無いなんて、、、。
走り出したら止めようがないものを感じるんですけど、、、。

基礎の無い組み立てでバベルの塔状態になるかもしれません。
恐れを抱くほど経験値もなく、ひたすらやってみるしかない状態。
でも、基礎が無いのなら、スクラップ&ビルド、
また最初からするさぁ~です。

ノベル、最初の試みにしては大きなものを抱えてしまった。(笑)
頑張っています。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう