ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

10月« 2017年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月

Rossyの作詞法とでもいうか、、



rossy の殴り書き作詞ノートを公開する
・・・という程のものでもない

ま、いいではないか、喋らせてくれ!

仕事は100%車で移動する
移動時の多くはナビに入ったCD音源やFM放送ではあるのですが
時々は AM ラジオの人生相談やらを鳴らしていたりもするし
手首にカメラをぶら下げいつでもスタバOKも
窓を開けて街の音を聴いたり雨の匂いを嗅いでいることも
そしてバックには分厚いメモ帳が入っている

混んだ街中の運転は退屈そのもので
その時間を利用して五感を使ったアンテナを張っているつもり
机で構えていない分、ありのままの自由な発想や感受があり
何かを得た時にメモに殴り書きしているわけで

信号停止はチャンスではあるのですが
時々は一連的に浮かんだものを失う前に留めるため
例えば信号が青に変わっても気付かないとか
そういう迷惑運転になることを危惧して路肩に停めることも
そうやって書き溜めてはいるんですよね

140506a.jpg 

そんな書き殴りが歌詞になる時

誰でも一定のスタイルがあるかとは思うのですが
私の場合は簡単に切り貼りが出来るワープロで

[ MS UI Gothic ]の12ポイントの太字と決めていて
必ず中央揃えで書くことにしています
Windowsですので「メモ帳」では中央揃えの技が出来ず
それでアクセサリの「ワードパット」を使うことに
文字サイズは老眼なお目目に合わせていて
文字種は色々試したけど、このゴシックで定着しています

140506b.jpg

メロ先行型の後詞なので、この画面を見ながら鼻歌交じりに書いていて
採用されなかった言葉たちが切り貼りで並ぶ文末の部分は
ストックに「メモ帳」に移され[ 140506詞.txt ]の様な日付名で保管されます
 何事も捨てきれない貧乏性の口かもしれませんね(笑)



連休は家事ほか一切を妻に任せて音活に専念です
それでなんとか今日までに6曲分のデモを作ることが出来ました
may や silly の意見や評価もありがたいことに入り
それで完成への方向性も概ね定めることも出来ました

しかし寝ても覚めても創作だけに没頭するあまりに
ちょっと息が上がって動悸や眩暈も感じる有り様で
連休最終日は実家の母を預かることになっているので
食事や温泉に子ども達と一緒に出掛けようと思います
目標というかノルマは果たした感ですね

・・・とりあえず解放してくれた妻には感謝ですよ

末の子が中学生になっているので連休中も父親がという場面もなく
クラブや友人とのお出掛けやお泊りと割とバラバラ
特に今日は家に私しか残っておらず
ヘッドホンを外してギターをぎゃんぎゃん弾いてましたね
カ・イ・カ・ン・・・しきりでした

あいやぁ~、こんな時間に、、
ねっ、完全な興奮状態で睡魔も襲ってこない有様なんです
いかん、早く寝ます
おやしみぃ~



関連記事

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

*** COMMENT ***

メモの効用

「浮かんだ歌詞は忘れてしまうから、書き留めた方が良い」と、
ビートルズのジョンがポールにアドバイスしたと、聞きました。

その影響ではないですが、ブログの記事とかを思いつくと、
100円ショップのメモ帳に書き付けたり、スマホに入力し、
後日、PCに向かい、文章がふくらんできたら、記事にします。

自分は、昔から、作詞とは無縁なのですが、立原道造が、
大学ノートを持ち歩き、メモしたり、喫茶店の紙ナプキンで、
手紙を書いたのを知り、一時期、喫茶店で時間をつぶして、
思いついたことをノートや、紙ナプキンに書いていました。

Rossyさんの詩が、メモからPCの歌詞へと変化していき、
さらにメロディに合わせて、取捨選択されていくというのは、
プロの創作活動みたいで、何だか、すごく感動しています。

ギターマジシャンさんへ

もぉ~、話を大きくしてしまうと恐れ多い話になっちゃいますってば、、(笑)
ともあれ偉人たちの技もどきであっても、実になれば良しですよね。

一度はボイスレコーダーって手も試してみたのですが、自分との相性は
悪く、特に真面目な声色での喋りには変な感触があって後に聞けたもの
じゃない(笑)という始末、、、。語れる男のタイプではないせいでしょうか。

大学ノートの散文癖の延長線上に100金リングメモがあったようで、
書き殴りの言葉に加えて、私の行動経緯が分かる様々なものをメモって
います。私の第二の海馬を担っている気がするほどです。(笑)

紙ナプキンですが、私もやったことがあるのですが、筆圧が強いせいか
すぐに穴を開けたり破いたりで諦めました。そういえば書けるものがなく
煙草の箱を解体して書いた記憶があります。

創作活動は、なりきりなんちゃってプロで頑張っているのですが、、、です。
これは細やかな私の向上心からと思われます。(爆)

NO TITLE

いいですねぇ~
mayさん silly さんの存在がイイ影響をもたらしてるんですね!
自分の曲、歌詞に反応してくれる誰かがいるってことは本当にうれしっすよね^^。
ぼくの場合は去年のロッシーさんの一番初めのコメントがそうでした。
あれで、創作意欲が上がって、その後の曲が出来た。と言っても過言ではないです。

電車が駅に止まるとき の歌詞。 詩として呼んでみましたが物語性がでていてイイですね^^よどんだ気持ちから、どう展開していくか!

ノートAメロの心情描写から→ワードでは少し客観的視点に変えてるのがいいですね。

てか6曲って。。ぼくも5曲くらい同時でやってましたが既に3曲は暗礁に乗り上げ(人にきかせるレベルに達せず)
2曲になってしまい真下。w

記事画像見てると ぼくの作り方と似てる!って思うことが多かったです
紙ナプキンとかも・・ またR兄さんに親近感わきました!

身体壊さない程度にお互いがんばりましょー!!

ながさんへ

歌詞の終わりの部分は意図的に外したわけではなかったのですが、
どのような感じで終わるかは発表までの楽しみにしててください。
多分ですが、なるほどロッシーがそこに居ます。(笑)

記事画像の野暮な筆跡が似ているとか云わないで下さいね!(爆)
僕こそ、落書き(絵)も含めて、ながさんってどこか似ていると感じた
んですから、、、(爆爆)

なんとか本年度の may 用に、まずはの目途が立って安心したところです。
今超えたい部分、感触を持ちたい部分があって、それをなんちゃって
得たらながさんの宿題に取り掛かる予定です。
意欲はあるのですが歳に着いてこないのが、、健康第一ですよね。(爆)


NO TITLE

おはようございます☆

人の作曲法・作詞法を聞くのは楽しいですね〜( ̄▽ ̄)

ちなみに僕の作詞法もほぼ同じです(笑)

ノートは外出用の小さなノート。
自宅で歌詞を書くぞ!!ってときは100金のスケッチブックに万年筆かガラスペンで。
どちらも罫線のない無地の紙です。
なんか罫線があると自由な気持ちで書けないんですよ(笑)

そして一度ノートに全体像をまとめたあと、曲を聴きながらエバーノートで細かいところを訂正していきますね。

新曲が怒涛のラッシュで公開されることを期待しています(せかす笑)

cowboyさんへ

ちょっとぉ~
スケッチブックに万年筆の組み合わせは憧れながらも出来ないスタイルですね。
やっぱcowboyさん流はどこかお洒落さが漂い、どうもワインを片手に書いて
いるイメージが勝手にあったりします。(笑)

そういえば以前に「まりこうたさん」が、ソラマメだったか、、まるで紙芝居を描く様
にパステルや色鉛筆を使うスタイルで書けたら、どこかほんわかした歌詞が書ける
のではないか、、なんて羨ましく思ったのですが、、、なかなか出来ない技です。

その昔、コピー原稿(薄い青色の方眼紙)を使っていた時期があり、それもまた
好きだった、、。詰まったらよく歯磨きをしていたのを思い出しますね。

お抱えはとうとう7曲目のデモを午前中に録ってユニアン面にメールで送った
ところです。勢いは止まりません、、。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう