ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

「痛いキッス」の製作中秘話?


ふと頭に浮かんだタイトルが「痛いキッス」って言葉
どんなキッスなんだろう

「痛いキッス」でググったが歌詞には該当はなく
それならとタイトルをこれと決めて歌詞を書きはじめた

痛いキッスは 別れ際に おやすみと
鳥のように とても短い キスだった
名前さえも 分からぬまま 別れ
香りだけが 今も 残ってる


ここでエマージェンシーが鳴り響いた
こんな危険な歌詞は夫婦生活クライシスを誘う
いけない記憶を辿るのも、危ない妄想にふけるのも
どちらであれ許されじ行為となる


仕方がないので先にメロだけはと作ることにした
和音進行を中心で作るのが rossy流
以前にアップしている「かくれんぼ」の最初の3つの進行
ベースが半音進行するのもまた rossy流

E9 no5th (x7677x)
D#7#9 no5th (x6567x)
Bm add9 / D  (x5467x)
Bm7

※この曲は Bm add9 に構成音が似た Dmaj9 にした

コードネームは通いの [ Guitar Cords ] で拾う
本当に便利でありがたきサイトだ

これを使ってジャジーな感じで出来たらと思っていた

最初は YAMAHA THR-10 で弾いていましたが
とりあえず Cubase に録音となると VST Amp Rack のお世話になることに
最近気づいたのですが、アンプを選択してツマミ調整だけでもイイ感じ
本物の音は知らないけどシミュレートの世界って凄いんですね
20代僅かなバンド時代もアンプに気を遣ったことがなかったわけです

歌入れしていない仮デモオケが出来ました
興味のある方はコチラから [ MP3音源 ] をクリック下さい
アドウェア付ではありません(笑)
私のホムペにだけ音源を置いたんです
(もしかしたら置きっぱなしにはしないかもです・・・お早めに・・・)


作りたてでまだギターを上手く弾けていません
ですが、こういう感じでいきたいなぁ~と思っていて
言いたいことは分かる!って程度でお聴き下さいまし

音源は全て Cubase 付属の HALion Sonic SE 

Drums=Jazzy Kit
Bass=Modern Jazz Upright
Piano=Jazz Grand Piano B
Strings=Slow Ensemble

Guitar=VST Amp Rack [Clean Little Combo]


「痛いキッス」が完成をみるかは妻への今からの交渉次第
説明義務を果たす。なんて事態にはしない
・・・実は以前に不倫モノも手掛けてお蔵入りにしている
may の歌声まで入っているのに、、です

安全第一

ではでは、、、



関連記事

*** COMMENT ***

NO TITLE

いや、デモでも充分イイ感じですよー^^
今年の新しい音色ですがロッシーテイストが変わらず滲み出てますね。

ストリングスが絡んでくるとこも好きっす、
痛いキッスとペインは別だと思いますが
 前の記事にある月の画像に合うなぁ。。と思いました。んー、この2曲なにかしら共通点がありますかねぇ。

ながさんへ

最近の熱心なコメントに活力を得て嬉しく思います。ありがとう。

頼りなき音源ですが聴いて下さりありがたく思います。
伝えたい雰囲気が伝わったようで嬉しいです。

手弾きは色気も粗も出るので多分ですがMIDIと生音との
ミックスにしちゃうと思います。

PianoやBassの音源も変えながら一番イメージしているもの
やちょっとだけゲス(or 野暮?)な部分も持ち合わせた編曲にしたいと思います。

「痛い」「ペイン」、本当だね、「痛いキッス」は案外その流れの発想
かもしれません。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう