ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリジナル曲 『ペイン』 YouTube登録


『ペイン』をYouTube登録しました



『ペイン』
作詞作曲編曲唄:Rossy

し吹く夜を宛もなく車を走らせているうちに
心に開いた穴に流れ込む雨がひどく冷たくて
二人で過ごしたこと キスをした街角にも
悲鳴を上げるほどに 愛しいおまえがいる

愛の手解きなんて簡単なものだと思っていた
涙流したなら抱いて眠ってやればいいものと
いつしか疲れ果てて 涙も枯れてしまい
明日に向かう為に この部屋を後にした

on pain of death
戻せない days お願いだ god やり直したい
on pain of death
俺はきっと change 約束する おまえが好き  
trust me

雨は激しさを増して街を包み込んで煙らせた
まるでおまえの心裂いて見せているかのようだった
逃げ場失くすまでに 追い詰めた馬鹿な俺さ
全て洗い流して 嘘だと笑ってくれ

on pain of death
失った soul 消えている light 点け直したい
on pain of death 
聞こえたよ voice 空耳だと 分かっている 
just cry


※on pain of death
違反すると死刑に処す条件で



ふと気づくと作品数が合わないことに気が付いた
11曲-4曲(May用)-4曲(Rossy登録曲)=3曲
あれっ?没にしようとしている「明日」
物議を醸し出しそうで躊躇している「キスをしようとして」
で、後1曲、、、
そうだ!「ペイン」のことをすっかり忘れていた!
SW影響の第3弾ではなくこれが初弾のはずだった
SAMPLE番号[ 0571 ]と 11曲中では一番古い
私の曲は多くのサンプル瓦礫の上に成り立つ

昨夜はお休みにしようとしていたが作業を開始する
今回の女神の降臨がいかに確かなものだったのか分かる楽曲
歌詞で混沌とした中を Silly 効果で抜け出た作品
May の一言で応援歌から失恋歌になってしまった作品
ラップっぽい部分で舌がもつれて老化を呪った作品
どの作品にもエピソードはあるものだがこいつは多い

今回はギターは手弾き、頑張りました!
というよりはコードが難しくなかったわけです
また最初に決めたソロで満足していたのでそれも迷わずに採用

YAMAHA THR-10 THR Editor
GuitarSide [ 036 ACDC ]
GuitarSolo [ 002 BRIT HI HR backing ]

[ACDC]はこのブログでも紹介した[ Guitar Patches ]から
ダウンロードしたものをそのまま使った
なぜかソロをバッキング用の音でしているのが素人所以かもしれない

MIDI HALion の音リストは以下です
Drums : [ Hip T9 Kit ]
Bass1 : [ Choir & Bassist ]
Bass2 : [ SR Thuddy Bass ]
Piano : [ Hard Grand Piano ]

ベースのスラップ奏法(私世代はチョッパーと言っていた)が聴こえる
これは音源の[ Choir & Bassist ]のせいでそのような楽譜にはなっていない
鍵盤を押し続けている間、勝手に音源側(HALion)でそのように演奏してくれる
HALionにはそういう類の音源も多く、最初は邪魔な感じがした
まさか自分が使うとまでは思ってみなかったが気持ちいいので採用

問題の唄入れは2トラック録音してスマップか?嵐か?効果を狙う
サビの重ねは [ Pich Correct ]を使い[ Transpose=12 ][ Shift=-15 ]にした
要するにオクターブあげたうえでドスの効いた男前の声にしたってところ
「街は陽気にカーニバル」では逆の[ Shift=10 ]で女性っぽくした
ま、なんにせよボーカルでの自信の無さが見つけ出す技といったところ
…キモイ方はすみません、その部分だけ聞かないようにしてください

よろしく聴きたもう




関連記事

*** COMMENT ***

これぞAORです

TOTOが、ボズ・スキャッグスのバックバンドだった頃のような、王道のサウンドです。

メロディーが半音進行したり、バックのコードに対して、テンション気味にぶつかるあたりは、スティーリー・ダンみたいで、すごく格好良いです。

レイ・ケネディや、ジノ・バネリなどの要素も感じられ、バッキングは凝っていて、エレピのフィルイン、ギターのカッティングも最高ですし、渾身のギターソロも、すごくきまってます。

ギターマジシャンさんへ

ボズは好きで聴いていたのですが、彼女が「こんな素敵な男性がいい」なんて
言ったのでしっかり恋敵になってしまい遠ざかったのを思い出しました。(爆)
いやぁ~、ぷるぷるしちゃいましたよぉ。TOTOもよく聴いていたなぁ~。
ありありの話です。

怖かったのはダンが出てきたことで、気分はずばりです。フェイゲンもベッカー
ともにソロのアルバムまで揃えているお気に入りで、私の特にマイナー系の
和音進行の雰囲気主義上で、彼らがいるのは確かだと認識しています。

レイ、ジノは初めてです。聴いてみます。エレピのフィルインを褒められて嬉し
いです。渾身の、、(爆)なんででしょうね。強い音を求めると力任せに弾くく
せはAギターでの名残か、Eギターには極力不要だと思いながらです。
カッティングは打ち込みではないので途中メロとの関係で変えています。

本当に誤魔化しようのないコメントが痺れます。ありがとうございます。

NO TITLE

ロッシーさん
こんばんは
沢山曲がうまれてますね
これから ゆっくり 何回も 聴かせて
頂きますね( ̄▽ ̄)b
ペインって 悲しみ とか 苦しみの
意味だったかな?
私も過去に
pain pain pain 心縛られてる 意味も
わからないまま…とか言う詩を
書いた記憶があります( ̄▽ ̄)

沢山の音楽を生み出す力が羨ましいです
全て自分でやるには
問題が多過ぎて…(´-`).。oO(

これからも 沢山生み出してくださいね!

ともちぃさんへ

「ペイン」は「痛み」ですね。この歌の場合、邦題に代えるとすれば「苦悩」って
感じかな。

勢いがある時は突っ走るがよし。「ありのままの自分で」は、私の生きざまでも
あり、傍からRossy流の生き方を楽しんでみてくださいな。暴れまわるも、のた
うち回るもあり、、面白いですよ!(自爆)
曲は、、ゆっくりゆっくり楽しんでくださいね。若き日の私がそこにいたりして
おもろいですよ(自爆爆)

ともちぃさんが一人でできないところ、REACH_rhさんもいるのでしょうが、
私もいますよぉ~。・・・怪しい声掛けをする(笑)

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。