ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

03月« 2017年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリジナル曲『ヴァケイション』 YouTube登録


『ヴァケイション』を YouTubeに登録しました



『Vacation (楽園に行こう!!)』
作詞作曲編曲唄 : Rossy

雲の切れ間を抜け青い空へと
南の島、楽園に行こう
同じ柄のシャツで白い砂浜
手を繋いで波と遊ぼう

クラッシュアイス鮮やかな デンジャラスなカクテルを
潮風のデッキチェア 乾いた風に乾杯

今年の夏は一度一度きりさ
太陽よりギラギラはじけよう


白く波立ってるサンゴ礁の海
潜ってみるか 空から眺めるか
海に浮かぶ部屋で風に吹かれて
まどろみの中 どんな夢見るか

サンセットにキスをして 永遠の愛を誓うのさ
ふざけてなんかいないのさ 本気でそう思ってる

今年の夏は一度一度きりさ
太陽よりギラギラはじけよう


焼けた空が暮れてレストランから
見たことない 数の星空
炎に揺れている横顔見詰め
時よ止まれと 思うだろうな

サプライズなドレス姿  ダイナマイトな恋心
戸惑った俺を見て 君は微笑む天使さ

今年の夏は一度一度きりさ
太陽よりギラギラはじけよう



まだブログを開設した当時に MP3 にて公開していた作品
当時のアレンジとは変わっているはずですが記録がなく
どうやって作ったかも記憶の彼方になっています

妻とハワイ旅行に行った時のことを材料に書かれた歌詞
既に20年以上前のネタになるのもどうかと思うのですが
楽曲自体、音活再開の2009年の作品で
既に5年を経てYouTubeに公開するのもおかしなものです

最近の出来上がりの早さを考えると
いかに自分のスキルが上がったのか驚きます
この曲も確か2年がかりで編曲を終わらせたと思う
当時のものに比べると
ある意味でザツになったなぁ~とも感じるけど
数で勝負とも思っていないんだけど
・・・ま、いいかぁ~

ここんとこアップ続きで申し訳ないのですが
よろしくお聴きたもう



関連記事

*** COMMENT ***

80年代です

キーボードのシークエンスフレーズと、熱いロックギターのフィルインに、まずは、エイジアのサウンドを思い出し、それに影響された、80年代の数々のニューミュージックのアーティストを連想しました。

日本人好みのメロディラインに、夏っぽい歌詞のせいもあり、オメガトライブみたいだと思ったし、ギターソロがサビとからむのは、チューブみたいで、そうした要素を備えながら、いつものロッシーさんの世界が見事に展開していると思います。

リードギターが、すごく格好良くて、考え抜いたソロなのでしょうか、サビのメロディや、コード進行にはまる、これしかないというフレーズで、音色もすごく良い感じです。

ギターマジシャンさんへ

EL&P や Yes から Boston に始まった私のプログレシブの起源、その
面子が面を揃える Asia <当初は「アジア」と間違えて読んでいた(汗)
いやぁ~もぞもぞしたところからクリアにサウンドを思い出しました。
シンセな音作りの基本がこの辺りにあるのは確かで、そのためにYMOには
傾倒しなかったかもです。

旅行会社のCMソングというコンセプトで作った作品の為、日本人好みのメロ
を意識した作品で、そういう前提をたてると出来易くあるのは今も変わりません。
再開した当時の巷では「夏=チューブ」という認識で、CMソング程度しか知ら
なくて(今もそうですが)、確かにオメガとライブと過ごした夏もあり、その辺りで
そういう雰囲気が出たものと思います。

発表までに5年を要した理由、それはギターソロを当時は友人に弾いてもらっ
たこと。ソロは3つに分かれ、メロで全音符でディストーション、中入れにディレ
イがかかったクリーンギター、サビでギターサウンドとのからみですね。
実は友人に頼んだら全域でぎゅんぎゅん弾いてしまい、通しでギターロックに
なってしまい、それでサビだけ生かして他は無断で替えてしまったんです。
OKを貰っているので発表もOKなのですが、何故かいじってしまったことに
後ろめたさもあり、、です。私の声負けが原因とも云えるんですけどね。
そうですか、やはりこれしかないフレーズなのは根っからのギター通で、
キーボーな私には残念なことに良し悪し程度しか分かりません。

やはりマジシャンさんは怖すぎますね。闇に葬り去ろう、、とまでは思っていな
いのですが、そういうエピソードを引っ張り出されるコメントを書かれるとは、、。
そうそう、その友人とは今週半ばに久しぶりに飲むのですが、お互いに住む
世界が別ってところで、聴いてはくれているようなんですが、、、。

浜ショー的な熱い歌!

サビが頭に残りロッシー兄さんの力強い歌い方もまたイイっすね^^
一回聴いただけでも強く頭に残りソラで歌える(決して簡潔なという意味ではないっす)サビってなかなか無いですよ☆
おれっち←小学生か! の理想とする形ですね
出発からビーチ→海辺レストランでキャンドル?に照らされた横顔~までの明確な情景が浮かんでくるな~
つくりこんでるなぁああと思ってコメント読んだら
CMソングをイメージしたってエピソードで納得がいきました

そうなんですよね。初期って、俺にはこれしかない!って凄い丁寧に時間かけて作るし歌にも気持が入ってるし、今の作品のほうがメロやアイディアの幅が広がってるのにもかかわらず初期衝動にはなぜか敵わないですよね

よーし、おれもくすぶってる場合じゃないですね!!←何回目?笑

あ、記事見てうらやまです。ぼくもガラケーからスマホにかえようかなぁあ。。。

ながさんへ

当時の私は作り込んでいますからね。でも、歌がどうしようもないために仕上げ
にお手上げと、こちらは上げ続きなのですが、気分は下げばかり、、で、、
って、ここは笑うところです。失笑とかいうやつです。
で、オケの作り込みに労力をかけるのを止めて、表現できるものの数に気持ち
が動き、昨年は正確な音よりも今の気持ちの音を出すために生音へと、
笑うなら笑え!の覚悟で臨んだ次第です。ライブ感あふれる音源?かぁ~。(自爆)

SSWよりも作家な気持ちが強く(そぉ~いう道しか残されていないのだが、、)
まだ半ばにして最終的には自分がどの世界(カテゴリ)に属そうとしているのか
決めていないので、あらゆるコンセプトというかモチーフというか、素材を求めて
いる毎日かぁなー。CMソングイメージといえば「素直にいうと」は某ホテルの
イメージソングとして作ったんですよね。

今回の一連の作品に目途がつき、さて次の一手はというところです。
破壊的な作品も作りたいし、こりゃオペラ歌手用の歌かって作品も、、。
欲が多くて困ります。
ながさんとのコラボは目指すはブルース・ロック、、。仕上がりはいかに?
私だって頑張ろぉ~!ですが、7月は公私忙しい月でストレスが溜まりそう
です。明けには爆発したいですね。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。