ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月

1ケ月に6本のライブを観に行く熱病中・・


7月はもうひとつの季節労働期で
とりあえず10日までの業務をなんとか終えた

この時期にライブ熱はすっかり上がっていて
この1ケ月で6本ものステージに行くようになっている
いっそうの忙しさを己で抱えているわけ
・・・だからブログ更新にたどりつけない、、と言い訳する

地元のミュージシャン達とお友達になりながら
彼らの音作りや活動に感銘も感動も受ける
音楽を「生き方」という領域で感じている

自分の創作活動の糧にもなると始めたライブ通いではあるが
それまで抱えていた常識を壊す真実がある
怯え留まっていた地からの旅立ちもある
大気圏を突き抜けるだけのパワーも感じる

封印を解かれたといえば大袈裟ではあるが
熱病にうなされた患者のようにも思える自分をみながら
今は今後の自分を想像するのは難しい

14/07/03(木)

BOØWY好きの Kyouko(元 鮫肌狂子)さんと知り合いになれました
お互いにオリジナル製作の話が出来ればいいのですが
YouTubeチャンネルでは8500を超える登録者を有する彼女
お話が出来るだけでもありがたい気がするのです

140703Live.jpg

14/07/05(土)

The All Free の追っかけで田川市まで出掛けた
MCも面白く、大所帯で繰り広げるサウンドは迫力満点
懐かしのディスコ系ナンバーに若き血潮が沸騰

偉いと思えるのは、それぞれのパートが生きる曲が選ばれ
音出しも本当に仲間意識のバランスが綺麗にとれていること

ライブ終了後に両手に花園で記念撮影
ニヤケた可愛いオジサンがそこに居るわけです


この日は田川市泊でお酒も楽しめた
地元名物の「田川ホルモン焼き」も、もち楽しめたぁ~

特記すべきは NEW JAM SOUL
小さな身体から溢れんばかりのソウルフルな歌声
彼女の全身を使った歌う姿は誰しもが感動するだろう

140705Live.jpg

14/07/08(火)

Saxプレイヤー小林香織のゲイツ7でのライブで
フレットレス・ベースをファンキーに弾かれていた村田隆行さんのライブ

今回は全曲でスラップ奏法バリバリの演奏に魅入った
私世代ではスタンリー・クラークを彷彿とさせる演奏スタイル
メロや和音を奏でられてゾクゾクしました

白井アキトさんの感触は私世代ではボブ・ジェームス
ジャジーながらもポップスさをグルーブさせた

平陸さんは今年高校を卒業したばかりという・・驚き

140708Live.jpg




May(ちゃらこ) がブログを閉じたようですね
UNIT Anchor はどうなるのでしょうか?

今言えるのは May の今後の歌声はないってこと

Rossy にとっては完全合体パートナーでしたから
女性用の曲を歌ってくれる方を失った打撃よりも
一緒に創り上げてきたというプロセスが崩壊してしまい
ユニアンの存在も含めて当分は棚上げ思案中になります
Silly とこれについては話もしなくちゃですしね

May、足かけ5年、実稼働3年、お疲れ様でした
心よりありがとうと言わせて下さいね

May ファンの皆さま、大変申し訳ありません





関連記事

*** COMMENT ***

NO TITLE

おはようございます


最後の内容気になります

それぞれ沢山の内部事情を抱えているのだとは
思いますが……

終わりは始まり

生きている以上きっと全てそうなると思います
それは考えようによっては苦痛でもありますが笑

また次に何かが始まるのは事実で、
それに希望をくっつけるのは
生きるものの自由なので

希望をくっつけまくって
新たに素敵なことが起こることを
想像してます!


ちゃらこさん お疲れ様でした
いつかまた未来で!!

REACH_rhさんへ

May への慰労の言葉、ありがとうございます。

内部事情は、事によっては中途半端には置けないものもあり、苦渋の
選択や決断を要するものもありますよね。また、その事情が出来てし
まった側だけでなく、受ける側での事情とバランスがとれない場合、
そういうことでも道を選ばなくてはならない場合もありますよね。

Rossyにとっては、慣れ親しんだ居心地の良い環境がそこにあり、
快進撃は別の話にしても加速度をつけながら活動をしていたわけ
ですから、今はただ片腕をもぎ取られて痛みに耐えている感触が
ありますよ。

既に新たなる活動の在り方を模索しているところです。

NO TITLE

うん びっくりしました。
自分のことでいっぱいいっぱいになってた矢先にまさかの事態。
mayさんにはノベルでも監修していただき非常にお世話になったし。
新曲も楽しみにしていたのですが・・

りーちさんが言うように終わりは始まりですし
新しい靴を履いてリ・スタートですね!
ただユニットアンカーの名前だけは残して欲しいですね・・・
次にいかりをおろす場所が見つかるまでは!


ZARDみたいな感覚でもいいですしね!



新生ユニアンもしくはソロプロジェクト!期待してます☆

ながさんへ

私の創作過程での May の位置は、本人が思っている以上に重要で、
以心伝心的には、領域は違いますが妻以上に身近にいたんですよね。
創作活動は色んな意味で自由で、その水先案内人的に方向性の是非を
云える人は簡単には出逢えるものではありません。「ノベル」もそうした
彼女の監修としているのには事実問題でそういうことがあるということです。

帆を下ろさず錨を上げろですね。名の由来に自身でそう言いながら
喜望峰を目指す磁石を失いかけていましたよ。ユニアンはスタートから
そういうスタンスでしたよね。

今年は大きな異変の年になりし、、こびっと、、ですね。

NO TITLE

うわぁっ!!6本ですか;
ロッシーさん爆発の熱い夏ですね♬

ライブって、行ってあの熱の空気を感じるのがたまりませんよね^^
私はもう、長く足を踏み入れていませんが、
お話をお聞きしてるだけで躍動感が伝わってきます!

chopianaさんへ

そうなんですよ、爆発していますね。
で、気付いたことがあるんですけど、、。

この歳になると、1年がめっちゃ速く過ぎる気がしていたのですが、
それはきっと追われているせいなんじゃないかと、、。
こうしてお目当てのライブを指折りまではゆかなくても追いかける
側に立つと、1ケ月って結構長い気がどこかするんですよね。
それが12回もあるんだったら、これは相当に長くなりそう、、。

とすると、若さは明日を追いかけること、、そんな気がするんですよね。

今の状態は過激すぎて精神も身体も着いてゆけない危うさがある
のですが、適度に明日を追いかけるものがあると、きっと充実した
毎日が送れるのではないかと思う次第です。

NO TITLE

ロッシーさん こんにちは

私は ちゃらこさんとは 全くお話し
した事は 無いのですが
ロッシーさんとの 音を通して
一方的に 存じ上げて おりました
お2人でつくりあげた曲を
聴け無くなるのは 残念です…

それぞれ 沢山の 現実を
抱えて 生きているので
日々 変化して行くものなのかもしれませんが
とても残念です…m(_ _)m

ともちぃさんへ

そう、単なる歌い手だったら「じゃぁ、またね!」で済むんですけど、
May はそうではなかったからですねぇ~。

特に歌詞において、自分では創作しなかったのですが、「推敲」
というプロセスでの確かな助言は、私が描くものの先を見越して
いて「それならさぁ、そうじゃなくてこうだよねぇ~」的で的を得て
いました。

時々ですが、ポールとジョンってこんな感じだったん?って思う
こともあったほどです。

ごめんなさいね。やもめ暮らしは切ないものですよ。(笑)

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう