ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

10月« 2017年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月

「潮騒」のコードどりしてました



今夜は「潮騒」の代替コードを拾っていました
(・・代理コードではありません)
一人で演奏すること前提としているので、シンプル版といったところ

ピアノはハーモニーを良くするためにクラスターっぽい音を排除
といっても右手から根音、次いで Maj7th音 を外すといった処理
理論も定かでないボクに出来ることといえばそんなもん


ギターの解析は「GuitarPro6」(市販)を使用
ピアノの解析は「ChordSeeker」(フリー)を使用
どちらでも演奏を行い、双方の和音名を一致させるようにした

私の場合、好きで分数和音を使用する癖があるのだが
今回は例えば GMaj7/G# は Abm7b5 ときちんとはまる和音をあてた

これで歌ってみると実に歌い易くて良かった
ちょっと発見です
てか、ジャズ系のテンション好きな癖で
今までかったるい和音を使っていただけなの?って我に警告

何をしても発見はあるものです


歌詞カードは Excel で作っているんですよね

150619sio-e.jpg

ギター・コード表

 150619sio-g.jpg
 
ピアノ・コード表

150619sio-p.jpg 




さて、前回に歌詞だけ紹介した「誕生日」

私の場合、相変わらず曲のキー音ではじめない癖があり
F の曲に Gm7(11) から歌い始める
で、伴奏が無いと歌うのに気持ちが悪い
メロの入りもコードを鳴らした8分休符の後からで
may にもよく言われた歌い難い歌になっているかも
曲想だけは相変わらずの個性だけが出てる感じだなぁ~

実は録音してみた

聞きながらこれを聞かされる側に自分は居たくない
正直、テンポは酔っぱらい運転すれでキモイ
演奏しながら歌うこと自体の至難さを痛感中
バンバン叩いて奇声を上げている感じで
内容の柔らかさとは別物代物
必死さだけが伝わってきて少し笑えた

大丈夫、必ずや YouTube にはアップします
私の研究と実験の成果を体験して下さい

もしかしたら今を変えたい方には刺激にだけはなるかも
ということで、、


明日は土曜日ですが朝から仕事じゃぁ~~

音活、菜園、試験前の子どもの質問センター員
ちゃんとバランス良くやっちょります


関連記事

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう