ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

03月« 2017年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリジナル曲 『明日を迎えるために』 LiveVer YouTube登録


『明日を迎えるために』をYouTubeにアップです




ここ4週間、毎週通っている「RiseUp」
「数をこなせば大丈夫になるくさぁ~」
妻の仰せのとおり回を重ねるごとに精神面はマシになり
技術、、といってもピアノの腕や歌唱力のことではなく
機材などの付き合い方も分かりかけてきた
・・・気がする、、って感じです



彼女が選んだ生き方に
強がりではなく本当に「頑張れ」って気持ちで送り出す気持ち、、
でも一­人になっちゃうんですよね

以前に書いた『彼女の帰郷』『キミを送れずに』
その流れを持つ作品で、歌詞の中には明確には書いていませんが
『旅行帰りの顔で、、』の部分
彼女が生活地を留守にすることも多かった
彼女の仕事を匂わせているつもり

最近はエコ運動の一環でノン・レジ袋の為の段ボール提供も多いですよね
私もエコ・バッグ忘れた時にお世話になっています
さて
ど­れほどの大きさの段ボールが必要になるのか
私も気になるところです
面影を残すものは意外と多いものだと思うのです


ちゃんと弾いて歌える曲を前提とした曲作り
やはりテンポの遅いものになっちゃいますね

高い声は頑張れば出るけど
低い声は声帯の限度で出ない
・・・ということで、キーアップで頑張ってみました
腹に力、、やっぱ必要です

妻の「ワンダーコア」密かに使おうか
あ、この話は内密に


では2つ目も宜しくお聴きください



関連記事

*** COMMENT ***

コード進行が見事です

男性のピアノの弾き語りというと、財津和夫や小田和正が思い浮かびますが、
この曲は、かなりジャジーなコード進行で、曲調も歌詞の世界も全然違うのに、
「まゆみ」の頃のKANみたいで、オーケストラが加わるように聴こえてきます。

この曲の歌詞も、わたせせいぞうのようで、浜田省吾が「サンドキャッスル」で、
切り取って見せた街の風景、恋人達の出会いと別れの世界を思い起こしたり、
佐野元春が、「週末の恋人たち」で、それまでのニューミュージックとは違った、
モラトリアムな状態を表現した、80年代の新しい風(当時の)を感じさせます。

ギターマジシャンさんへ

歌い出しからの8小節までにこの曲の特徴を出そうとした結果、個性の
出しようがコード進行に現れた感じです。その後の8×2小節は素直に
進みました。FB友からも同様にオーケストラが聞こえてくると云われて、
しまった何かに似たのかと思いましたが、、どうなんでしょうね。

歌詞についてはメロディアスであればあるほど言葉や字数に制限が入り
まるで俳句や短歌のように余計なことをそぎ落とす努力がいると感じます。
風景を入れるのも好きだし、助詞ひとつで関係を印象付けたいし、、
良く出来た作品には溜息が出るばかりです。
世界観に一連感はあっても一貫性があるか、、ムズいことも考えたり、、。

浜省の曲は記憶になく、探したのですが見当たらず、しかしマジシャンさんの
本当に豊富な知識や関心にはびっくりします。
これからも私の道を照らすサーチライトなコメントを頂ければ幸いです。
必ず肥やしにして次作への反映を果たしますから、、出来ればですが、、(汗)

NO TITLE

ロッシーさん
お久しぶりです!( ̄▽ ̄)
弾き語りいいですね!

家庭の事 お仕事を こなし
音楽活動も されている 姿には
パワーを 何時も 頂きます!
これからも 楽しみにしています*\(^o^)/*

ともちぃさんへ

やっと今年の作品を出せれてほっとしています。
弾き語り、、今はまだ試行錯誤です。
意外と色んなことを準備したりでバタバタしています。
慣れてきたので今からは質の向上かなぁ~(笑)

ここんところは誤魔化しながらバランスをとっていましたが、
夏休みに入り3年生を2人抱えてどうあるべきかってところです。
音活を一段落させないと出来ないことにならないか、、
選択と集中の夏になりそうです。

イライラ・パワーも含めて、元気玉発射ぁぁぁ~!!
あ、お返しになるんでしょうね、、、(爆)

NO TITLE

やってますね♪ 。
2曲拝聴しました。ピアノでの弾き語り、憧れます。

感じたのは
もちろん弾き語りのピアノアレンジ前提の音作りなんだけど
きっとバンドアレンジ、もっと言うならオーケストレーションが
Rossyさんのアタマの中には既に出来上がっているんだろうなぁ、と。

ピアノを弾きながら、聴きながらなんだけど
バンドの伴奏が本当は聴こえていて、そのなかで歌っている
そんな感じにとらわれました。

と、いうことは
今後DAWの音源も期待できるのかな? などと勝手に(笑) 。
今後の展開に大いに期待♪ 。


Ps.
失礼かもしれませんが
当方には小椋佳さんの雰囲気が感じ取れました。

7th-labさんへ

まずは小椋佳、、、爆爆です!超笑えました。
正にそうかもしれません。音程を間違えず正しく発音する、、
まるで唱歌のように、、、ではないでしょうか、、(笑)

バンドアレンジの案はありますが、こうしたバラードは「電車が、、」のように
割とマンネリした雰囲気のものがあって、どこか困ります。
音は出しだすと出てくるものがありますので展開はあるかと思います。

お抱えが本年分で既に歌詞を紹介した4曲、歌詞が整わない分でも4曲あります。
まずは発表が優先になるかと思いますが、ネットラジオに乗せられる作品
にするにはオケ版が必要ですよね。
頑張れればと、壊れたエアコンを見上げながら、、、です。

しかしながら、今の私にはリフのはっきりしたギター曲が作りたくて
たまらないところです。

欲ばかりの状態でどこまで出来るのか、、今夜も今の今まで三男の
家庭教師してましたし、、拾い猫の世話もしていましたし、、、(汗)

本当に聴いてくれてありがとう。更なる精進をと気合が入ります。

ハーレー風チャリに乗ってないRさんはじめてみた!

あの画像のイメージがあるので新鮮ですね^^

僕はペインとか逆転のようなハードで癖のある曲も好きですが
聴かせる歌にシフトしてからのロッシーにいさんの曲もすきです!

なんたって歌詞がイイ。好きっす。 時間かけて考えて考えて作ったのが
分かります 手に取るようにその苦しみも 自分も歌詞を書く辛さが分かってるので。

兄さんの場合は演奏も努力してるし
歌詞は現実も上手く取り入れて反映してるので向上心にあたまがさがります。

明日を迎えるために  ですが 自分の考察では
夢や目標を追っていく過程で すれ違いは増えていき
だんだんと部屋で顔を合わせる機会も減り 
それにつれて気持も離れていく・・・  じゃないな。まだ気持があったんだから・・・

背中を押すけど・・・ んー いろいろ考えて 色んな風に
物語をイメージできるので1人で考察してみるのも面白いです。

あと 歌声!ご自分で思ってるよりいいですよ!

ながさん

チャリライダーは40才の頃でちゃんとした三段腹の頃ですね。
今はこんなもんです。(爆)

1年間のライブ通いを経てみて、オリジナル作品を初めて聴かれる方に受け止めて
もらえるには、まずは覚えのあるノリ、なんとなく展開が分かる歌詞、きちんと聞こえ
るヴォーカル、、まだ色々と私なりの解釈による組み立ての実践形です。
そこに私なりのオリジナリティや新しさを加えるのに試行錯誤しているところです。
・・・どうかなぁ、、、出ればいいけどなぁ~です。

演奏は歌いながら間違えずだと今はあれが限界ですね。

だめぇ~、すれ違いだとか気持ちが離れる方に向かっちゃぁ~(笑)
お互いが好きあって信頼し合っていても同じ道を歩けない人生ってあると思う。
歳の違いや環境の違い、夢なんかもです。
永遠に続くだろう気持ちの整理で過ごした時間の愛しさを封じ込める、、。

歌声、そういって頂けると嬉しいです。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。