ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「The All Free」の3周年記念ライブ第1弾に行く


「The All Free」3周年記念ライブ
第一弾に行ってきました
北九州市小倉駅近く「オールディーズ」
店の前にギターを抱えるプレスリーの店

本当は車で行くつもりだったけど
妻が車がいると言い出し「宿泊代は家計費で良いよ!」と言う
既に西鉄イン小倉に大浴場に魅かれ予約済み
天気は必要以上に良い模様で美味しい話し付き
原チャリで少年化できる私は1/2仕方がなく了承
妻曰く「熱中症にはならないようにねぇ~
ありがたいお言葉
それで片道100kmの旅に出た


私が行きたかったライブはコレ
いまや Soul Weaving に並んで音活力アップな The All Free
禁断症状も出ていて、記念ライブ1弾ときたら行くしかない

150801f.jpg

原チャリライダーの旅行写真記と共にお伝えする

「日本セメント」と煙突には書かれているが実際は
「太平洋セメント㈱香春工場」
白い花、青い空、白い雲、そして赤錆びた工場に煙突
私にはたまらない光景です

 150801a.jpg
 
この日の小倉は「わっしょい百万夏まつり」の初日
ライブハウスがリバーウォークや小倉城に近く会場の間近

チェックイン15時には到着して大浴場に浸かり
身支度を整えてライブ開始時間まで会場を散策
実はこの祭り
オルフリの面子からの「交通規制のお知らせ」で知った

150801b.jpg 

浴衣を着た女の子たちはいつ見ても清々しくていい
オリジナル曲「港祭り」で私の好きようが分かると思う

150801c.jpg 

ライブの進行は初期の構成から面子が増えてゆく様子を
1曲ごとに追加してゆく趣向だった

リーダーのシンディは言う
「オールフリーはストレスフリー、来るもの拒まず、そして縛らない」
3年間に10人を超える大所帯化したオルフリ
仕事や事情で参加できずとも誰も問わない関係の気安さはなく
演奏者の腕も経歴も聞けば納得の面子が揃う

150801d.jpg 

この日の対バンは「The Cal Coke」カッコいいロックンロール
会場は終始ダンスホールと化し、これが北九州市のソウルかと驚く

150801e.jpg


ライブ終了後に心ばかりの品に、、これは云わないでおこう
記念ライブの2弾3弾の会場で、思わず笑えるソレを手にして欲しい

妻から「思いきり羽を伸ばしておいでねぇ~」と云われていたこともあり
ってか、「どーせホテルで寝るだけ、打ち上げまで参加するつもりだろうから」
という台詞が頭に乗った感じで、、(笑)

しっかり打ち上げまで参加してまいりました
シンディのここまでの生き方なんかを聞けたりして
想い溢れて言葉になんなくなる場面もあって
感情移入しやすいボクも少しうるっとなって

なんかなぁ~、い~じゃないか本当にいーじゃないかです

人生にも音活にも非常に得るものが多い夜だった
最高


関連記事

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。