ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

10月« 2017年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月

「The All Free」の3周年記念ライブ第1弾の帰り道


原チャリライダー北九州へ行く2日目

前の晩は打ち上げで帰り着いたのは2時半過ぎ
スマホのグーグルマップをナビにして帰り道を失わない

翌日も必要以上の好天気に恵まれて
朝風呂最高!朝食ガッカリ、、
妻から言うと「そんなもの」らしいが、朝食自慢の宿しか私は知らなくて
ホテルの氷サーバーでがっちり熱中症対策してホテルを後にする


小倉~松山観光フェリー

アンクルトリスで知られる柳原良平さん
私の船好きは佐世保市に住んでいた頃かな、、
いつかゆっくりと船のスケッチを描きたいんだよな~
赤い靴はいてた女の子も探したいし

150802a.jpg

高度成長期まっただ中に多感期を過ごした世代
名古屋市に住んでいた頃に「ぜんそく」にかかり
アルコールランプのミヤコ式吸入器で治療した
公害もこの身で学習した世代

ハイ皆さん、ご一緒にご昭和ください、サブッ

 150802b.jpg

門司赤煉瓦倶楽部周辺
(写真は旧サッポロビール酒造棟)
昨日オープンしたばかりの「ブラッスリー・マナ」

ボクの場合の赤煉瓦は金網フェンスの向こうの外国
米軍ハウス地区の白い板壁の平屋の方が親しみがあり
将校の娘は高台のプール付きの家に住み日本舞踊を習っていた
青い瞳のその娘とファーストキスをした小3の夏
やはり佐世保市に住んでいた頃のこと

150802c.jpg 

「ニッカウヰスキー工場」
建物を背景に季節に応じたガーデニングがされ
ぽつんとベンチまで用意されているのがいい

150802d.jpg 

綺麗に管理されて現役バリバリの「ミゼット」
ノーフォーク広場の前に停まっていた

150802e.jpg 

布刈公園より門司港レトロ地区から関門橋のパノラマ

150802f.jpg 

布刈公園から新門司港までの道のりはマニアックな写真ばかり
積みあがったコンテナを観てるだけでも好きなんです
このルーツは自分自身でもよく分かりません
何故なのかなぁ、、、

150802g.jpg 


新門司港からは久しぶりに平尾台を抜けて秋月コース
陽のある間に帰りつける確信を得て夕涼みをとる

厳しい暑さの中での原チャリライダーを穏やかに癒す時間
まりこうたさんの「ひととき」が聞こえた時間

150802h.jpg


いやぁ~帰ったらしっかりシーブリーズのお世話になりました




関連記事

*** COMMENT ***

NO TITLE

ライブと旅、いいですね~^^
北九州はかなり寂れてしまいましたけど
それもまた時代の変化を感じさせて、趣のある地方都市だと
思うんですよね。
関門海峡のパノラマ写真見ると北九州市やっぱいいっちゃね≧∇≦

原チャリの運転くれぐれもご安全に<(_ _)> 

ヒデアキさんへ

ははは・・・
真夏の旅は命取り、、昨日まで少し脱水症状だったようで、
そこまで暑くないのに寝汗がひどく、日中もきつかったぁ~。
歳を考えろ!って話もあるかも、、。

北九州市もそうですが、昭和に栄えた街の変貌もまたよろしく、
まるで時間の断層のように見える、、ブラタモリ気分ですよ!

関門海峡の写真はヒデアキさんに向けて載せました。
ちゃんとキャッチしてくれましたね。ありがとう。

今日は木曜日、、フリーライブに行ってきます!
体調も少し楽になったので。。。(笑)
実は先週も行ったけど、気力体力及ばずで観客しました。
今週は頑張ります。


NO TITLE

ロッシーさん
こんにちは〜〜
ライブと旅?( ̄ー ̄)……
ロッシーさんの 所に来ると
何時も 「いいなぁ〜〜」と ヨダレをたらしてばかりです 笑
写真の なんと 綺麗な事!

ロッシーさん 絵も 描くのですね?
今度 拝見したいです

赤い靴はいた 女の子いましたか?(^ω^)

tomocheeeeさんへ

旅(?)はいいものです。
故郷は遠きにありて思うもの、、家族は離れた場所で思うもの、、。。
好き勝手な旅は、その自由さの中で自分を見つめ直す部分があります。
一人だから本当に自分の好きな事や場所が選べるでしょう?
割と家族第一主義な私はバランス重視で自分を抑える部分も多々あります。
ですので、ともちぃさんを見ているとどこか共通項を感じます。
新たなる自分の発見から自愛他愛をまた生み出す。旅はそういう位置にもあります。

ロッシーは絵も描きます。淡彩をほどこした水彩画ですがイラストも好きです。
旧ブログ時代には紹介もしていたのですが、、今は描いていない、、。
そのうちですね!

赤い靴を履いてた女の子は、異人さんに連れられて行ったとか、、。
港と船は果て無い心の行方、、、。見送っていたいです。

コメント、ありがとう。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう