ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

10月« 2017年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月

『ムーンライト・セレナーデ』 YouTube登録



連続アップの第4弾目です
今回も May 分になりますが、珍しく私がコーラスしています

曲のエピソードは私のホムペまでどうぞ

161119a.jpg 





YouTubeにたどり着く前で一番大変な事
それは絵探しですね

以前と同じように「足成」「Wallpaperhi」にお世話になり
今回は「FreebieAC」を登録したのですが
制限や速度など使い物にならないレベルだというのに
毎日メールを送りつけてくる元気さでたまらないと解除


2012年のネット活動に入る直前の作品で
思いつくものは何でも作る血気盛んさが伺えます

Rossyは何でも作る、Mayは何でも歌う
Sillyは何でもフォローする
UNIT Anchor は本当に自由な活動体です




今回は2度目のテイク録りという粗さですが
私がデジドラを叩く実録ものにしました

USBを通してMIDI録には多分レイテンシーのせいでしょう
何故かハイハット(HH)が切れて拾いきれない
かといってnanoPAD2 での入力はなんとなくノリに欠ける

今後はHHを無視してMIDI録をしてHHだけ打込む
・・・って、一番大切なノリってそこじゃない?って話ですが
タムの入れどころはドラム譜でのポチ入力じゃ見通しが悪く
やっぱMIDI録の魅力はタイミングと強弱ですね

今後はそろそろ1年になるドラム、色々と試して楽しみます

4弾目とまだ半分にもきていませんが
2014年の初夏は1ケ月で7曲アップもしていますし
皆様のなま暖かい心でお耳を拝借したいと存じます





関連記事

*** COMMENT ***

デュエット

男女のデュエットというと、ジョー・コッカーとジェニファー・ウォーンズ、
ライオネル・リッチーとダイアナ・ロスが、AOR世代には親しいですし、
カーペンターズもそうですが、これはハイファイセットを思い出しました。

曲調としては、ボッサの感じと、演奏がシンプルな構成ということもあり、
AORの入ってくる前、それこそ、ニューミュージックが広まった時期の、
八神純子、庄野真代の感じもして、76~77年くらいが懐かしくなります。

ギターマジシャンさんへ

ハイファイセットかぁ、、なるほどって思いました。サーカスってのはどうで
すか?笑。Mayの声質や歌い方にもその要素がある気がします。

当時のニューミュージックの中には洋楽に近い線のものと歌謡曲に近い
ものがあって、云われる八神純子や庄野真代は後者ですよね。
作った時も編曲しながらも私はそちらに引っ張られた作品になったんでし
ょうね。なるほど納得のコメントに気付かされます。

女性用のボッサ調を作る際に、布袋&今井美樹のコンビを意識してしま
うのですが、どうも布袋さんの才能には及ばず、中途半端な歌謡曲に
なった気がします。布袋さん、本当にうまいですよね。
編曲に鍵があると思いつつ、曲そのものに編曲は引っ張られる。ほか
の編曲が思いつかった作品でもあります。


コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう