ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月

『恋人達の鐘を鳴らしに』 YouTube登録


はい、7弾目です
今日の仕事を切り上げて6,7弾を発表
6段目のブログアップの後に時間は家事モード
今は風呂上がりのイイ気分で書いてます

1曲をアップするのに
YouTube登録、Facebookにリンク登録
ホムペの記事更新、ブログ記事の更新
何でもそうですが溜めこんだらあきまへん


この曲へのエピソードや製作ノートはホムペの記事




『恋人達の鐘を鳴らしに』
作詞作曲編曲:Rossy唄:May

広がる海原 ゆっくりと周って 
届いた煌めき 眩しい
こんなものも 好きなんだと
流れる曲 素敵よ
心のスピード上げ seaside road

出逢えた本当の 愛を感じたら
あなたを知りたい 今より
街じゃ着ない 派手なシャツが
似合っている あなたの
降り注ぐ太陽の smiling face

風切るウインドウ 岬の灯台
もうすぐ着くよと 笑った
恋人達 誓い合える
鐘があると 云うから
ときめきで溢れそう my sweetheart

とびっきりの台詞もいいけど
そっと引き寄せてキスして

鐘を鳴らす 二人の手に
永久に続く 幸せ
手を繋いでゆきたい ring a bell
手を離さずにいてね forever love


copyright(c)UNIT Anchor Rossy



今年の作品の中で自分的には一番になる作品
やはりラテン調の曲はなんといっても編曲が楽しい

この作品はソロにナイロンギターを考えたが
ある方に触発されてホーンに変えた

2本のトランペットを抑え気味に交差させる感じ
ブラス部に居た経験をそのままイメージで入れてみた
間奏の部分は違う展開にしようかとも思ったが
印象的に残すために同じものを使った
抱えてみてCDでもするときに再検討でもしよう

歌詞の必殺推敲人 May からのダメだし
それがあってよりよいフレーズを入れてみる
割と豊富にイメージの湧く曲は言葉も出るが
出ることでメロ調整などあれこれと進むのも手間取る
いや、出ないよりはマシなのだが、、



よろしくお聴きくださいましまし



関連記事

*** COMMENT ***

ハートカクテル

タイトルといい、サンバのノリ、それでいて日本人好みのメロディ、
これは、松岡直也の「ハートカクテル」シリーズに、ありそうな曲で、
わたせせいぞうの主人公達が、灯台へ向かう映像まで浮かびます。

ブラスの感じも良くって、やはりボサノバよりもサンバの感じがして、
細かく刻んむドラムも、カーニバルで腰から下げる太鼓みたいです。

May姉さんの歌声も透明感があり、ボッサというキーワードから、
ラジや、「ミスティトワイライト」の頃の麻倉未稀が浮かんできます。

この曲、ベタなボサノバ版、生ギターのリズムと、エレピのフィルに、
フルートとかフリューゲルホーンのソロとかでも聴いてみたいです。

ギターマジシャンさん

ぎょぇぇ~、しっかりネタバレしているコメントに痺れます。

「小径」の製作ですっかり昭和帰りした私、同時期に「ハートカクテル」のCDを
中古屋で入手(当時はレコードでしたので)、久しぶりに聞いたらもう溢れる程
わたせせいぞうしてしまったんですよね。私の結婚式に自前で栞を作ったので
すが、しっかり切り貼りしました。シリーズ本は妻の書庫に眠っていますが大事
に保管です。

当初の予定通りにサンバになっていてほっとします。ギターをボッサ調にした
ので(それしか浮かばなくて)どうかとも思ったんですよね。Mayも私のギター
1本で歌うのも好きだと言っていたので、出来たら別バージョンで上げたいと
思います。

ラジ、、麻倉、、久しぶりに聞きました。iTuneに、、あれっ?ない、、。でも
そこをイメージされるの分かります。

コメント、本当に感謝します。分かる方に会う快感さえ感じます。





コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう