ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

ギター弾き語りのセトリを考えてみた

 
現在のガットギターでの弾き語りセトリを考えてみた



20170719ブギ2
<音楽酒場ブギ、エフェクター代わりに YAMAHA THR-10 を足元に>



まず、夏の歌

<初夏>

『夏井ガ浜とハマユウ』

前奏にソロサポートがつく場合の2バージョンにした

<盛夏>

『バスに揺られて』

歌えなかったサビの部分を歌詞ごと入れ替えて良くなった
歌詞中「プール帰りの少女」から夏の歌です

『僕らの時間軸(真夏の章)』

和音進行を見直してヤンソン並みに簡単にしたら弾き語れた

<晩夏から初秋>


『想い出の夏』

分数コードの旨みが消えないように Ab6 で指がつったが頑張る

『夏の終わりに』(16才の夏)
若い女の子の歌だが、構うもんか!物が飛んできてもいいや!
で、指つりコード Dm7b5/G# がひとつ、、練習中・・・


<季節不問>

『あの頃へ』
想い出の夏を抱きしめてあの頃から今への大人のラブソング

『漁火』
メロを完全入替で昭和歌謡な曲に仕上がった

『夕日が沈むことのない海』

女性の歌だがハーフトーンなボッサな曲で気に入っている

『新しいスニーカーで』
女性の歌だが軽いボッサで清々しく歌いたい

『Rainy Day』
聞き手に雰囲気が伝わらないといけないので割と難しい

『雨あがり』
ガットならではの唱歌かクラシックなラインを持つ
現在、ユニアンに打診中・・・


以上の11曲かなぁ~
転換と MC を入れると 1時間はやれそうなんだけど
オープンマイクなら3日通わないといかん
意外と揃ったのでなんか安心

この歳になると楽譜を保険にしないと怖く
老眼鏡の掛け外しがないのでストレス・フリー
こんな快適、、ありません
YouTube動画制作までは創作と外回りですね

そういえば
YAMAHA THR-10 に5つプリセットした
エフェクター代わりなのだが、電池駆動のストリートも可能
でもその勇気は・・・多分、、ない

では、、



関連記事

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう