FC2ブログ

ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

03月« 2019年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月

9月になったので「夏の終わりに」聴いちゃいます!


9月になりましたね

UNIT door はなんとかドライブモードに入った感じで
ユニット活動を順調にすすめる基盤を得た感じです

槇原敬之に限定したカバーと私のオリジナルを半々での中
この若い二人に後にやって良かったと思って欲しい
私が思い描くものをミックスさせながら常に考えている

幸運にも二人はそれぞれのイメージを持ってくれて
調和を考えながら自分のパートの編曲を積極的に出してくれる
その「考える」が後の大きな力にはなるだろう
いや、既に持ち合わせたスキルに寄り掛かった感じなら
私の天邪鬼な注文に応えることで新たに何かをつかんで欲しい
そして私に感じさせ教えても欲しい

180903-blog1.jpg

外活動のきっかけを得に初めて行ったライブハウス
May と一緒に出掛けた2013/8/23「Soul Weaving」
今年の8月にラストライブとなった
 あれから既に5年が経過するのかぁ~💦

バンマスのせいぼうさんの影響もあり私はドラムを叩いている
4Pの演奏に4Pのヴォーカルは未だにバンド最高位のまま
惜しんでも仕方がないがやはり残念でならない

4Pのヴォーカルそれぞれに別活動も持っていたので
合同企画時にサプライズなアカペラ歌い合わせもあるだろう
4Pの演奏は再結成しかないのだが
せいぼうさんのドラムは Duck Soup になるか、、

180903-blog2.jpg 

オリジナルをそこそこの数持っていて披露もするのだが
CDを出していないかの次に多いコメントはコンテストへの挑戦💦

近郊の久留米市には「くるおん」がライブチェレンジを行っていて
最初はここかと見学にも行くのだが
出演者VS自分の歌唱力と演奏力を考えるとヒッキーになる(笑)

妻への約束をオープンマイクでとは考えていないし
妻もそういうので音活条件の外活動とは認めないだろう
溜息を洩らし冷や汗をかきながら5年が経った

ここ1年のウエスタン通いのおかげで生音に相当触れ
プロの現場で活躍されたおじさま方のレクチャーも受け
精進しているギターも苦手だったフォーク弦にも慣れてきて
技術的には亀足ながらそれなりの向上はしている

歌唱力はままならないが歌う感触は得ているし
一人ではなかなか様にならないところだがユニットを持てた
そのユニット活動のおかげで人前はソロでも平常心になれた

年内は無理としても来年にはチェレンジだけはしてみたい

180903-blog3.jpg 



お盆が終わってからの2週間で歌詞のままの作品に着手した
「最後のレース」「サイドシート」「動いた時間」「インディゴブルー」
今のところこの4つにメロがのった

「最後のレース」は女歌(母歌)なのだが May からの音沙汰はない
盆前にあんまりだと生存確認のメールをして返事だけは返ってきて安心はした
義母の初盆も終わり永さゆえの大きく変わった生活に慣れたか
心の変化もあるだろうと思いながら待ち続けるかどうか

2014年YouTube発表の「夏の終わりに」(16才の夏)



今週末は久しぶりに「音楽酒場ブギ」のオープンマイク
ソロでの出番で何をしようかと考える
数日前に右中指の爪を炊事中に引っかけて折ってしまった
フィンガーでは悲しい音なのでストローク系になるか💦

その次の日は「R'sCafe」の歌う会でユニド2P
「観覧車」のユニドVerは前後奏の編曲をピアノの菖月さんに委ねた
間に合えば現場打合せだけで披露になる
お互いの呼吸合わせもユニド経験値で乗り切れるか‼

日曜日はユニド3Pでの練習、頑張るぞぉ~!でゆこう!


でわぁでわぁ、、


関連記事

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう