ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月

オリジナル曲『京都にて』



『京都にて』
作詞作曲編曲 : rossy
原作 : silly

あなたの栗色の髪 今は懐かしい
消えゆく面影 探してる
ここは京都 静かな街です

音羽の滝のほとりの 石段を上り
谷間に色づく 紅葉を
綺麗だよね 二人眺めたね

愛した想いを 折り舟に乗せて 加茂の流れに 浮かべよう

繋いだ手のぬくもり 今も覚えてる
祇園を歩いて 八坂まで
花見小路は 小雨に打たれた

遠くの北山杉に 浅い春の陽が
あなたを残して 汽車に乗る
決めた別れに 涙したあの日

愛した想いを 大切にしてた それは本当と 呟いた

あなたの栗色の髪 今は懐かしい
消えゆく面影 探してる
ここは京都 静かな街です

date:2011
Copyright (C) 2012 Unit Anchor Rossy ALL Rights Reserved



純粋にフォークです。サビが寂しいかな?作品です(だじゃれりました)。
sillyが高校生1年の時に書いていた詞から持ち上がったメロを、メロに合せストーリー化させた私としては珍しい作品。

京都で出逢った女性と別れを決めて汽車に乗る。「消えゆく面影」が過ぎた年月を感じさせますよね。って昭和丸出しじゃないか!的なところ。「愛した想いを大切にしてた」を、懐古的に感じるか、女性を愛するという経験と感じるか、あなたはどちらでしょうか。

関連記事

*** COMMENT ***

NO TITLE

初めまして。7th-labです。
足跡を辿ってまいりました。当方のブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

いや、作品拝聴しました。良いですねぇ。実に良い雰囲気。

当方が主に扱う音楽は、やや毛色の違うモノです。
とはいえ音楽は音楽。ぜひ今後とも情報交換等よろしくお願いしたいと思います。

いらっしゃい

訪問と拝聴ありがとうございます。

確かに毛色は違うみたいですね。7th-lab さんは完成度も高くて思うものをきっちりと出されている気がします。CubaseによるDTM歴もようやく1年生を卒業する私にはとても追いつけない気さえしますね。歌も上手だし、、、声も好きですね(笑)

個人的には Melting Pot は好きな楽曲です。

インストにも手を出したくてたまらないのですが抜け出せなくなるのとマニアックになるのが怖くて、、、。聴くのは好きで今はそれを歌謡に出せないかと四苦八苦中なんです。

こちらこそ色々と教えてくださいね。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう