ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

恋の浦ガーデンにて過ごす


土曜日に模試のある長男をおいてレクに出た
恋の浦ガーデン
バブル全盛の頃は誰もが知る巨大レジャーランドだったが2001年に閉園
母体の城山観光㈱が多角化に失敗し大江戸温泉物語㈱に売却
それで温泉施設が出来るとの噂もあったが実らず
今は自然豊かな有料公園として2009年より静かに営業をしている

恋人だった頃の妻と来たことがある想い出の場所

「玄海彫刻の森・恋の浦」の旧称
55点に及ぶ彫刻は野外彫刻美術館としても十分な作品
その為だけに訪れてもけして損はない
けして管理状態が良いとは言えないのが悔しい

今回訪れた目的はただひとつ
広い園内を周遊するために貸し出されるカート
ゴルフ場で活躍するあのカートだ

前回までは保護者責任の下で安全確保で子どもの運転もOKだった
今は免許をお持ちの方だけとなっている
そんなことを知らなかった私たち
子ども達に大きなため息がもれる
事故写真と修理代の看板に園からの言い訳が見て取れた

私たちの行動は写真だけで記事は割愛させてもらう
二台でバトルをした以外は、、

121103a.jpg 
<オートキャンプ場の広場にて追っかけあい>

121103e.jpg 
<ゴーカート場跡>

仙吉、喜代の純愛伝説から「恋人岬」と名付けられたここ
幸せになれると言う鐘がある

121103b.jpg 

この日も二組のカップルが鐘を鳴らすのを見た
どうか幸せになって欲しい

121103c.jpg 

陽が雲に入ると海風が冷たいことに気付く
岬を吹きあがる風に乗って翼を広げる鳥たちが視界をゆっくりと横切ってゆく

121103d.jpg 

眺める島影はとても綺麗だ
この「筑前大島」には前に家族で渡ったことがある

121103f.jpg 

絵に描いたような美しい曲線美の玄界灘を望む

とても楽しい一日だった


関連記事

*** COMMENT ***

ありましたね(笑)

そういえば一世を風靡しましたよね!?
恋の浦って・・・

でも私は訪れたことないんですよねぇ・・・
思えば普通の若者のようなデートとかほとんど経験ないような気もします(苦笑)

テニス馬鹿でしたから~・・(^^;)

いいんですよ

そのテニスで旦那と出逢えたんだからいいんではなかろうかぁ~(笑)

それに末の子が順調に大学を出る頃は私は62歳、ちゃらこさんはもう開放されるでしょう?
男女の差はあるにせよ、結婚出産までが自由だった時間分は遅れるものです。

例えば、DINKSであれば自由なんだろうけど老後に独りになった時にどうするの?です。
出産時期に生活の安定を待てば、卵子の老化で不妊症の危機があることは最近知られている。

人生は何が正解かはそれぞれ、岐路に立った時にどうするかで人生は変りますよね。
なんて難しい話ではありませんが、より良き明日がそこにあればいいんだと思うのです。

太田裕美じゃないけど「しあわせ未満」って好きな言葉です。
私は満たない辺りで生きるために自分を調整している気がします。落ちたくはない、以上にはなりたい。分相応にバランスを保ちながらレベルを上げたり下げたり、、って感じかな。

備えあれば憂いなし、人生ゲームのサイコロを振りながら、シミュレートだけはよくしていますね。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう