ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

10月« 2017年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月

Rossyの年賀状は言い訳モードで


明けましておめでとうございます

今年も UNIT Anchor の活動を見守り下さいまし



我が家は家族写真で年賀状を作る
これだけは私の拘りでそうしている

多分ではあるが
私の家族を知っている方々に
年始の挨拶しか逢えない方々に
子どもの成長を紹介出来ると共に
年々存在が薄くなる自分を哀れんでもらえる
などと笑って理由付けしている

昨年は写真館で家族写真を撮った
妻はまるで少女のように見えると満足していたが
私といえば
表現するに言葉を選べない
選んだ服が悪かった

クラブのユニフォーム姿の子供たち
なんと輝かしい姿だろうか
喜ぶべきところである


さて
家族とは縁の薄い方々への年賀
思い切り音活を紹介することにした

昨年の年賀状に
「今年は CD を発表します」
自分への啓発を込めてそう書いた

しかし叶わなかった

それで今年は以下の年賀状になる
「そういうことになったのか、、」
そう思って頂けるかもぉ~
言い訳に過ぎない

130102a.jpg

年明けからやるだけのことはやる
そう思って頂いて間違いがない



さてさて
今年の卓上の飾りを紹介

ワン・デイ・ショップで入手した
小郡市内の作家さんの品
気に入っている

130102b.jpg 
 
Rossy の季節労働者モードで音活再開は春
春一番は卒業と入学でてんてこまい
書き込み式の壁掛けのカレンダーの3月は真っ赤
妻と手分けするしかない

桜が舞い始めてからじゃ遅すぎる
春の歌を数曲かかえている
休業中になんとかYouTubeにアップしたい
出来るかどうか
お楽しみに

でわぁ
皆々様が幸多き年でありますように願いを込めて

合掌



関連記事

*** COMMENT ***

NO TITLE

2013年 明けましておめでとうございます! 

素敵な年賀状ですが、知らない方はどんな御仕事
されてる方なのだろう?と思ってしまいそうですね^^
音楽活動への思いが伝わります。

季節労働者的音楽活動が待ち遠しいと
思われますが、今年も素晴らしい音活になる事を
祈ってます。

ヒデアキさんへ

明けましておめでとうございます

出来る時に出来ることはする。
新年会の合間を縫って正月休みも無駄にはしない。

今年最初のYouTubeで運気アップを自前で用意する。

今日の書き込み、「芸能上達」で、笑って下さいまし(笑)
「ご利益」でググって、そんなものもあったとは、、、です(笑)

年賀状、クライアント向けには「ベタ+」でやっぱりどこか私を入れています。
この年賀状は友人知人向けですよぉ~。
実は毎年、実家の年賀も入れて5作品は作ってるんです。

謹賀ぁ~新年っ♪

e-476Rossy兄さん~あけましておめでとうございます。
わたくし~三が日、陶酔の日々を通過~満喫中であります♪
・・・が、内蔵がついてきませぬなぁ・・・(泣)

カッチョ良い年賀状!・・・それも5バージョン?
・・・わたくしは~10バージョンこしらえましたぜぃ…(って暇ゆえ…)
その辺の面倒っちー性格が~伝わります・・・。
来年の年賀状は~下さぃっ♪…見習いたぃ…

尚且つ~年明けのYou Tube Up・・・頭が下がります・・・
今年もよろしくです・・・e-466

聖さんへ

明けましておめでとうございます

げっ、ロッテのバッカスのように酒入りチョコならず、酒入りコメかっ!(笑)
満喫中・・と言える辺りがその強さを表していますねぇ~。
私と言えば、ちーとばかり肝硬変が気になるお年頃です。ってすぐ寝るしぃ~。
冷凍庫のズブロッカをとろり流し込む様な真似は卒業しました。(笑)

10バージョンと言うのは凄すぎ!
こういうものはセンス疑わしき相手には頼めないものですよ。
分かるなぁ~、聖さんが使う絵は格好良すぎるもんね。
比べられたくなくってよ!(笑)

過去の音源によるYouTube、在庫はまだあるでぇ~ってことです。(笑)
新作は絶対に春以降ですね。

謹賀新年

あけまして、おめでとうございます。
今年も、よろしくお願いします。

年賀状や、ブログで拝見する、整った宅録環境は、
MTR1台で、布団をたたんだ隙間で演奏している、
自分には夢のようで、いつか、実現してみたいです。

Youtubeに、いくつもの音源を公開されているので、
それだけでも、CDはできてしまうように、思いますが、
完璧を目指すと、演奏もミックスもきりがないですね。

ギターマジシャンさんへ

あけましておめでとうございます
先日は階段を落ちそうなところを救って頂き感謝しています。
こちらこそ、本当によろしくお願いします。

「書斎」である「ホームスタジオ」は戦利品です。
というか在宅勤務が比較的多い私の仕事場ということが大きくあります。
そのために許された空間ともいえます。

心置きなくピアノを弾けるようにの配慮か、それとも騒音駆除の為か、、、
本意は聞かないことにします(笑)

CD制作のネックは、聴けるボーカルにすること、、これに尽きます。
時代はダウンロードの時代、CDに拘らずに今は気楽にやれていいです。
完成品を作りよりも、制作そのものを楽しめる範囲で今は満足しているのです。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう