ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

オリジナル曲『春を迎えて』 YouTube登録




今年最初の YouTube 登録曲です

2011年5月の大型連休
家族で大阪神戸の旅に出た

その時に立ち寄った
阪神・淡路大震災記念「人と防災­未来センター」
その体験と記憶から出来た曲

被災者の想いを考えると
「こんなもんじゃない」
そういう気持ちにもなる

私の場合は元気印の付いた応援歌にはならない
ただ被災者の気持ちになって
その想像の枠内で立ち直ってほしいという思いだけ
願いだけが歌になった


その昔
「サバイバル」というマンガを読んだ
ゴルゴ13で有名な「さいとうたかを」の作品

また
「日本沈没」という小説を読んだ
SF作家で有名な「小松左京」の作品

私の世代は戦争を生きぬいた親を持ち
九州なら雲仙普賢岳の悲劇も知っている
そうしたクライシス
多かれ少なかれそうした場面もあるのではないか
どこかで思っていると思う

小松左京は言った
「想像力が未来を拓(ひら)く」
彼が鳴らし残した警鐘は防災学者の胸を痛めたろう
映画「デイ・アフター・トゥモロー」2004年上映
その中にも学ぶことは多い

私は時々、家族の安全を考える
「待つな!想像力と自分の意思で安全に逃げろ!」
私はそう言い続けている
もしもの際
思い出してくれればいいという思い

私は被災者を想像して歌を書いた
私が災害や事故、もしもになった時の
私が家族に残したい言葉にもなった気もする

想像は妄想ではない
根拠のある想像力こそ防災と考える


新年早々に重い話をしたつもりはないけど
この歌に込めた私の想い
伝えたくはあった


家内安全
夫婦円満
学業成就
商売繁盛
芸能上達
・・・・
三社では足りない

合掌


関連記事

*** COMMENT ***

おめでとうございます 

ごぶさたしてます・・ 前回の質問コメに返信有難うございました
特に詩の あなた と 君 の統一に関しては まさに悩んでたとこなんで
勉強になりましたv-218

今も悲しみ過ぎ去る~のサビ このサビメロディーの繰り返しが
ジワジワきますね。
聴くほどに心に擦り付けてくるサビは  これまた真似したくなります
ボーカルのコーラスも相まって年明けからとっってもいい曲出しましたね・・・・

ボクは忙しいを言い訳にして 3曲ありますがいずれも手を付けてません。。
詩で行き詰まり先に行けないですv-12

下手すると6月までかかるかもです 笑

naganagasanへ

嬉しい、嬉しすぎるぅ~。
このサビのラインは最も私の好きなラインでもあり、そう言って頂けると嬉しすぎます。
Silly のサビ前からのコーラスの入り、これは彼が付けました。とっても気に入りました。
しかしながら自分のも捨てきれず、サビは3声になっています。

6月ですか、、。
私も再開は4月に入ってになりそうなので、一足先に開始しときます。
桜、満開モード、、ううっ、身震いしてきた、、、(笑)

NO TITLE

震災は関東に住む僕にとって、心配事の一つであります。

九州と違って地震はよく起きますが、たまに長く強い揺れの
地震が起こったときは、とうとう関東にも来たかと、次の行動に
身構える事があります。

その地震の殆どが、東北で起こった余震なんですよね、
未だに大きな余震に悩まされ、日々を過ごされている
東北の方々は、身を削るようにして復興に励まれていると思います。

東北が復興を遂げ本当の春が訪れた時は、日本全体が
好景気に浮かれてるかも知れませんね。

そう願わずには居られない曲で御座います。


ヒデアキさんへ

コメント返しを書いていたら、記事以上の長さになり、割愛を決めました。ごめんなさい。

人々は困難を受け入れ乗り越え置き去る強さを持っているということ、持たなければ生きて行けないということ、起因が戦争であれ天災であれ寿命や運命であれです。

普賢岳や西方沖に阪神淡路の震災の被災地の復興の過程を知ることで、僕は人の強さを学んだ気もしているんです。もちろん、言葉でいうほど簡単なものではないですよね。

仮定的に、失いし自分から残された者におくる様な気配の作品になりました。
ですので、遠くから微笑むから、愛しい記憶にしてね、そんな感じです。
春が終われば夏が来る、夏の陽のように輝くんだよ!的な歌詞になりました。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう