ありのままの自分で

Cubaseでオリジナル曲を制作する、定時の仕事を持つ妻と三匹の怪獣達との万華鏡。

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月

『薄紅色の恋』 YouTube登録


第10弾目です
2012年の作品で歌謡フォークな作品
没にしたはずの復活版です

「鶯神楽(ウグイスカグラ」って知ってます?
そのエピソードも含めてホムペの記事を読んでね!




私がそこそこ歌える歌うに難しくない歌だと思っていた
が、 May はなかなか苦戦して最終戦までもつれ込んだ

お互いに同じ楽譜通りに歌っているはず
だが明らかに違う部分がある


メロのMIDI楽器演奏と並べ聴いても分からず
お互いに唄入れをしてデータを並べ見てようやくわかった

~唄のタイミング~

私が要求するものに若干だがMayの波形に遅延がある
コンマうん秒の世界

それが録音最終日で当然だがMayでは修正できず
違いは最終的には録った唄データを切り貼り移動で調整
実際のところ、他に私のアクセントなどとも微妙に違うが修正きかず


作った歌の音程を正しく伝えるためにメロのMIDI演奏を渡した今回
だが
イメージを正確に伝えるには下手でも作者自身の歌いで伝える
その必要性を知った



今回の一連の総括として昨夜 May にメールを送った
私がソロの弾き語りで「歌うこと」に着眼したことで
お互いに歌の解釈が違うことも
Mayの癖ややりたいことも見えて、逆に私のこうでないとと思うことも見え
なんか色々と勉強になりました。と、、

今までは May の解釈
唄への解釈もあるし私のイメージへの解釈もある
私が物申すようになって大変だったろうなぁ~
本当に今までは May にぽい投げしていたことに気付く

私の下書きの絵に着色していたのがMay
そんな気さえした

オリジナル作品は最初に出したところが基本オリジナルになる
いずれは私のミックスなどDAW技がそこそこ達したら
活動当初のスローガンである音楽CDを作る予定
「そうなったら、どの曲も歌い直しだからね!」
それは私についても同じ
Silly にもコーラス等を検討してくれるように頼んでいるので
YouTube発表版とは違ったものになる可能性もある
でもそれはオリジナル版ではない
やはり最初に出したところが基本的にオリジナル
面倒く~さい話だが、私はそんな気がする


さあ、あと1曲でーす!




『泣きっ面のてるてる坊主』 YouTube登録


9弾目です
Rossy 分はこれにて一連から終わります
本当はもう1曲と準備していたのですが気分が満たず
来年に持ち越すことにしました

丸2ケ月の自分時間を投じたプロジェクト
12曲もあれば1枚のCDになるじゃないか!
60日にして1曲あたり5日の計算
迷う暇なく突き抜けようとしている

この曲のエピソードなどはホムペの記事まで






いつも動画の絵入れには「足成.com」さんにはお世話になっていて
もうひとつ「wallpaperhi.com」もそうだけど
前者は生活感や日常感を求め
後者は綺麗さや非日常感を求めている

自前の写真を使う場合は実際に私が観たものが曲の素
「観覧車」「恋人達の鐘を鳴らしに」がそう

で、以前は写真の加工は行わなかった
その為に動画の左右に黒帯を付けてしまっていたが
今回は YouTube規格の720pで行い
1280 ✖ 720 サイズのサイズ合わせ加工をした
このトリミングのほかに加工ついでに色処理も行った

さて、この動画の「てるてる坊主」の絵は加えて筆入れをした
実際の写真は目がリアルすぎたから
埴輪風に生気を抜いた感じにしたかった
大魔神にはなって欲しくないのだが、、




ピアノ弾き語りの歌として作ったせいで
フルオケ版もソロで弾いているピアノをそのまま入れた

Rossy分の4曲中3曲
「帰り道」「明日を迎えるために」「泣きっ面のてるてる坊主」
「観覧車」は少し迷っているところで
ヴォーカルとピアノを外したオケmp3も作成

それを ROLAND V-combo VR-09 の USB に挿し込む
これで自弾きもしながらフルオケでソロ活動が出来る


音を確保しながらパフォーマンスも確保
だがオケ版は、特にドラムの鳴りなど白々しくなる場合がある
そのあたりの客反応をみながら音量バランス等見直す

一連の作業中にふとそういうことが出来ると気付き
実は先週の日曜日に準備して意気揚々とお出掛けした
某所で行われたフリーステージに飛び込みするつもりで、、

だが
時間を間違えていた
5時(17時)終了だと思っていたが15時の覚え間違い
枠が無かった

屋外の為に次の開催は来年の春


161123a.jpg


会場の店のテラスで紅葉と薄曇りの晩秋の風に吹かれて
ベトナムコーヒーを頂くことになった

座って香りを楽しみながら止めた時間の中で
温泉に行きたぁ~い!



では、よろしくRossy連弾最終曲をお聞きたもう
 



『明日を迎えるために』 YouTube登録


8弾目です

昨年、先にライブヴァージョンをアップしていました
「帰り道」同様にフルオケ版が出来ました

この曲のエピソードはホムペの記事へどうぞ




「帰り道」などソロ活動以降の作品は低速シンプルが多い
理由は云わずとも
弾きながら歌える曲でないといけない!
ということ

初心者レベルの私に課せられた呪縛

でも、またそれなりに好きな感じの曲は湧くわけで
期せずしてこのような曲が出来るのもまた嬉しい


今はそれなりにドラムも叩けるようになったし
ユニアンとは別に20代の頃の面子と再開したミニバンド
その昔は「Halftime」と称していたけど
今ならなんと命名しようか
・・・その活動から爆発させたい何か、、

時を止めることなく先を見続けたい
潜めしHardRockやProgressiveもあるだろう

本年の発表曲の目処がつきかけて
新しい抱負を既に抱く Rossy です



あ、よろしくお聴きたもう


『恋人達の鐘を鳴らしに』 YouTube登録


はい、7弾目です
今日の仕事を切り上げて6,7弾を発表
6段目のブログアップの後に時間は家事モード
今は風呂上がりのイイ気分で書いてます

1曲をアップするのに
YouTube登録、Facebookにリンク登録
ホムペの記事更新、ブログ記事の更新
何でもそうですが溜めこんだらあきまへん


この曲へのエピソードや製作ノートはホムペの記事




『恋人達の鐘を鳴らしに』
作詞作曲編曲:Rossy唄:May

広がる海原 ゆっくりと周って 
届いた煌めき 眩しい
こんなものも 好きなんだと
流れる曲 素敵よ
心のスピード上げ seaside road

出逢えた本当の 愛を感じたら
あなたを知りたい 今より
街じゃ着ない 派手なシャツが
似合っている あなたの
降り注ぐ太陽の smiling face

風切るウインドウ 岬の灯台
もうすぐ着くよと 笑った
恋人達 誓い合える
鐘があると 云うから
ときめきで溢れそう my sweetheart

とびっきりの台詞もいいけど
そっと引き寄せてキスして

鐘を鳴らす 二人の手に
永久に続く 幸せ
手を繋いでゆきたい ring a bell
手を離さずにいてね forever love


copyright(c)UNIT Anchor Rossy



今年の作品の中で自分的には一番になる作品
やはりラテン調の曲はなんといっても編曲が楽しい

この作品はソロにナイロンギターを考えたが
ある方に触発されてホーンに変えた

2本のトランペットを抑え気味に交差させる感じ
ブラス部に居た経験をそのままイメージで入れてみた
間奏の部分は違う展開にしようかとも思ったが
印象的に残すために同じものを使った
抱えてみてCDでもするときに再検討でもしよう

歌詞の必殺推敲人 May からのダメだし
それがあってよりよいフレーズを入れてみる
割と豊富にイメージの湧く曲は言葉も出るが
出ることでメロ調整などあれこれと進むのも手間取る
いや、出ないよりはマシなのだが、、



よろしくお聴きくださいましまし



『小径』 YouTube登録


はい、6弾目です
ようやく課題の折り返しになります

明後日にはMayの本年度の活動は終了
残すところ2曲の収録

この曲へのエピソードや楽器構成はホムペの記事まで




『小径』
作詞作曲編曲:Rossy
​唄:May
家までの通い道 遠回りして
秘密の小径で 花を摘んだ
仲のいい友達と
名前を付けた径
 
未だ見ぬ恋人の 笑顔浮かべて
窓辺に摘んだ花 飾ってみた
 それだけで熱くなる
心が懐かしい
 
木立を抜ける風 好きだったの
随分永いこと 忘れていた
 あの娘は元気でしょうか
手紙を書きたい
 
想い出の小径を歩く
あの日の私
瞳の中で

copyright(c)UNIT Anchor Rossy



最初にMayに送った時の返事が
タイトルの「小路」って「小径」じゃないの?・・
ははは・・やっちゃった・笑

マンドリンを使ったカントリー調のワルツで
歌うMayは「唱歌」だと笑う
それを「しょうか、、」と返すとホムスタに風が過ぎる
晩秋の風にしてはフリーズ・ドライな風
あ、歌の中の風は木立を抜ける爽やかな風です
お間違えの無いように、、、


作曲時にはクラシックを目指しました

そういえばこのブログ記事を書きながら思い出したけど
フレットレス・アコギベースだけは自弾きで生弦の震えを入れる予定だった
後もあるし今更ですね

よろしくお聴きください



『観覧車』 YouTube登録


はい、5弾目です
本当は May 用の2つがあるのですが
承認メールの返事がないので仕上がった自分の分を、、

少しお喋りなこの曲への想いはホムペの記事まで




今年の作品です
といってもモチーフは20代の頃にあり
オカズの部分以外は昨年できていたもの
そういう作品もあるってことですね


実際にソロ活動でも歌っています
ロマンチック・ロッシーと評され
某お姉さまから2段構えのギャップがいいとヤジられ
それでも「ロッシー!」と応援してくれます
ありがたい


歌唱力があれば壮大に歌って聴かせたい曲で
何故かサンプルにはこの類が結構ある
歌唱が叶わないのでと大事に保管してても仕方がない
少しづつ形にして出したいかなぁ~

この曲を発表することで少し解放されること
「ロマンチック」が「老manチック」と云われようが
もう
構わなぁ~い



Rossy また少し成長する
(爆)



『ムーンライト・セレナーデ』 YouTube登録



連続アップの第4弾目です
今回も May 分になりますが、珍しく私がコーラスしています

曲のエピソードは私のホムペまでどうぞ

161119a.jpg 





YouTubeにたどり着く前で一番大変な事
それは絵探しですね

以前と同じように「足成」「Wallpaperhi」にお世話になり
今回は「FreebieAC」を登録したのですが
制限や速度など使い物にならないレベルだというのに
毎日メールを送りつけてくる元気さでたまらないと解除


2012年のネット活動に入る直前の作品で
思いつくものは何でも作る血気盛んさが伺えます

Rossyは何でも作る、Mayは何でも歌う
Sillyは何でもフォローする
UNIT Anchor は本当に自由な活動体です




今回は2度目のテイク録りという粗さですが
私がデジドラを叩く実録ものにしました

USBを通してMIDI録には多分レイテンシーのせいでしょう
何故かハイハット(HH)が切れて拾いきれない
かといってnanoPAD2 での入力はなんとなくノリに欠ける

今後はHHを無視してMIDI録をしてHHだけ打込む
・・・って、一番大切なノリってそこじゃない?って話ですが
タムの入れどころはドラム譜でのポチ入力じゃ見通しが悪く
やっぱMIDI録の魅力はタイミングと強弱ですね

今後はそろそろ1年になるドラム、色々と試して楽しみます

4弾目とまだ半分にもきていませんが
2014年の初夏は1ケ月で7曲アップもしていますし
皆様のなま暖かい心でお耳を拝借したいと存じます





『夜のジオラマ』 YouTube登録



『夜のジオラマ』をYouTubeに登録しました
2014年夏に今の形で出来ていながら今頃です
Mayが歌いこなせないまま休業でしたもんね


こちらも曲への想いはホムペの記事に来てね!

161115a.jpg 




『夜のジオラマ』
作詞作曲編曲:Rossy
唄:May
星のささやきが 届きそうなほど
沈む街灯り 揺れて綺麗だわ
​降りる旅客機が まるで玩具のよう
暗い海に浮かぶ 宝石 船明かり

私のバースデイ
時間を預けて欲しいと
サプライズ涙が出そう

背中から 抱きしめて欲しい
いつまでも 変わらずにいてね
どこまでも 一緒に行けるわ
その手で捕まえてて
 
夜のジオラマに 街はパノラマに
二人飛び立てば きっとパラダイス

​出逢ったあの日は
あなたとここまで一緒に
いるなんて思わずにいた

私から 好きにな ってもいい
幸せは 感じてゆくものね
今以上 あなたを知りたくて
この手を離さないで

copyright(c)UNIT Anchor Rossy




いやぁ~、2年と4ケ月、、。
発表までに随分と空いてしまいました

考えたら今年の作品はまだアップしていませんが
Mayについては僅か2作品ですね

その中の今編集中で「恋人達の鐘を鳴らしに」
会心作のつもりで気合も入り
動画への写真も自前につもり
あ、ここに書いたら記事に困るのでこの辺で

連続アップで申し訳ないのですが
どうぞ、よしなにお聴きたもう










『越冬』 YouTube登録


Rossy『帰り道』に続いてMay『越冬』です

制作に関しての私の想いはホムペにて




『越冬』

 作詞作曲編曲:Rossy
唄:May​

鏡の湖水に
降り立つ鳥たち眠るの
長い旅の空に疲れ 辿りついた
安住の地
春を待っている ​

ねぇ、教えてよ 私の行方
出口の見えない この想い
でも、飛び立てる 翼も無くて
春が来ても 空見上げるだけ ​


雪降り積もって
枝を折りながら落ちる
響く音は山に木霊し 水面を滑って
ここまで
届いてくる 

ねぇ、応えてよ 私の声
不安な気持ちの 叫ぶ声
また巡り来る 春の日差し
夢見ながら 眠り続けたい
 
(C)UNIT Anchor Rossy



技術というか楽器(音色)と配置を紹介
最近の傾向は音数が多いものを左右にしっかり振る
要はバッキングのキーボやギターのこと
ストリングスも多いけど粒感が少ないので2次に
センターのリズムとのかみかみもこれで解消?
よく分からずにやっているのでお許しを


楽器配置
音源:HALionSonicSE

L40:Piano(Dyno E-Piano)
L25:Strings(FlexPhrasedPizzicatos)
L07:Drums(SR Alta Kit)
C00:Vocal
R05:SoloGuitar
R10:Bass(SR Thuddy Bass)
R20:Strings(Big Symphony Strings)
R40:Guitar(Nylon Guitar VX)

 
※Guitarは音源化後にChorusやEQを行う


EZ Drummer2 がまだ使えない
新しいマシンが来る頃には師走に突入
それから全12曲をするのきつい
ですのでドラムスは生感とワイド感が薄い

心配なのはドラムスに生感が出た場合
相対的に打込みの特にギターがしゃばく感じないか?
この曲もMIDIデータを音源化している
音源化しないと使えないVSTのためでもあるが
何をしているか知ってるから聞こえちゃう悲しさ
時々はMayやSillyに打診しながら出しきた

ふう
DTMの技術は上がっていると思うんだよなぁ~
ライブ通いで編曲イメージから実音にするまでが迷いなくいけてるし
マシン環境も追い風のように作業効率を上げている
今の速さが怖い

嬉しい


『帰り道』 YouTube登録


『帰り道』ようやくのアップです

先のライブ・ヴァージョンに比べ
キーを全音下げている
メロディーの符割りを変えている
フルオケになっている

この歌の歌詞や私の想いなどはホムペに先に掲載しています
Works『帰り道』
こちらにどうぞよければ、、、




動画作成は VideoPad です
使いやすくて購入しても良いのですが
カード決済は嫌いだし、レート計算も嫌いだし
で、未だに手間技で使っています

多分ですが、1280×720サイズは初めてかも
ファイル形式も[.flv]にしました

そうそう大切な話、オケですが・・
元々ソロ活動用に作ったのでかなりシンプルな曲です
ですのでオケもまた素直な気持ちで取り組みました

どうぞ久しぶりの Rossy サウンドをお聴きくださいまし






技術系の話をば・・

ヴォーカルトラックの私技を披露
(下の写真)

1・メインボーカルはMIDIメロに同期させたPitchiCorrectを
ケロ声が出てくるぎりぎりのSpeed20でピッチ修正

2・VSTDynamicsはプリセットのBalladLeadVocalを
ゲート&コンプレッサー&リミッターの3役混合

3・StudioEQは書籍から拾った設定で登録している
「太さのある男性ボーカル」でイコライズ

4・RoomWorksSEはプリセットのDOubleVoiceだが
ツマミ調整で自分なりのエコーにしている

コーラスに copy-L と copy-R トラックを用意
メインボーカルと同じものを左右ぎりに振って
ホール系のリバーブを気付かれぬ程度にかけているつもり

後はMIX時にフリーのステレオ効果VST(A1StereoControl)で
ステレオ170%を全体にかけている

161111a.jpg 



明日は May の録音日
今年は残すところ明日を含めて2回
7曲もあるので彼女も大変だろうなぁ~
頑張ってほしい!

では、、